馬鹿の世界の点景になりたい。

qinggengcai

Strawberry Fields Forever 3/3


    これが本当だと いつも思ってる
    だけど この僕さえ虚構なのかも知れない
    君のことを解ってるつもりでも
    すべては僕の一人よがりなのかも知れない
    つまり 僕と君は同じじゃないってことさ

虚構なのかも、なんて、
中二病みたいなことを言って、
        解ったつもりになっても、
        一人よがりに過ぎないと思う。



解らないのなら、
解らないままで扱わないと、
        考えることもなくなって、
        解ったふりだけが上手くなる。
誰の心も、自分の樹を持っている。
英語から日本語には訳せるけど、
        その樹は、その樹なりの論理を持っていて、
        翻訳が可能とは限らない。



    時々、ではなくて、いつも、
    それが僕だと思っている。
    でも、そう、
    それは夢だと分かっている。
    No ってのは、Yes のことで、
    って考えている。
    でも、それはまったく間違っていて、
    納得できない、って考えている。

解らないのなら、
解らないままに訳すよりほかはない。
        読み解くことで異常とされるような、
        色覚の検査表もある。
ジョン・レノンの樹には、
彼のほかに、誰もいない。
        誰も彼に合わせることができないのなら、
        読み解けるほうがおかしい。
そして、それは悪いことではないと、
僕も思っている。
        否定ばかりで、
        誰とも解り合えそうにないけど、
時々、ではなくて、いつも、
それが僕だと思っている。
        そんなあれこれを、
        肯定してくれるのなら、
No ってのは、Yes のこと。
ついてきてくれないかな、
        今から行くんだ、
        イチゴがたくさん、

        生(な)っている場所に。



    

    Always no sometimes think it's me,
    but you know I know when it's a dream.
    I think, er No, I mean, er Yes but it's all wrong.
    That is I think I disagree.

    Let me take you down,
    'cause I'm going to Strawberry Fields.
    Nothing is real and nothing to get hung about.
    Strawberry Fields forever.

    Strawberry Fields forever.
    Strawberry Fields forever.



    ―― Strawberry Fields Forever/The Beatles
    ―― John Lennon 作詞、Paul McCartney 作曲、
    ―― 1967、Parlophone



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2017年11月06日 12:12 |
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Strawberry Fields Forever 2/3


    目を閉じれば 人生なんて楽なもの
    目に映ったものは 自分なりに受け止めればいい

「マジカル・ミステリー・ツアー」を買えば、
こんな訳がついてくるらしい。
        独善的な人生訓みたいだ。
        50年前は、こんな歌詞が目に映っても、
自分なりに受け止めればよかったのか。
それとも、目を閉じていたのか。
        ビートルズ世代には、疑いもなく、
        納得できる意訳なのだろうか。



    何も見ないで、
    生きていくほうが簡単な理由は、
    目に映ったものがすべて、
    嘘になってしまうから。

これはこれで、
変な意訳だから、
        僕なりの受け止め方は、
        世の中的には、間違いとされる。
僕の樹には、僕のほかに、
誰もいないみたいだ。
        でも、それはまったく間違っていて、
        納得できない、って考えている。
No ってのは、Yes のことで、
って考えている。
        時々、ではなくて、いつも、
        それが僕だと思っている。
そう、そんなことは、
どうでもよかった。
        See the world spinning around.
        Round and round and round and round and round.

        世界はぐるぐる回っている。



    

    Living is easy with eyes closed,
    misunderstanding all you see.



    ―― Strawberry Fields Forever/The Beatles
    ―― John Lennon 作詞、Paul McCartney 作曲、
    ―― 1967、Parlophone
    ―― The Fool on the Hill/The Beatles
    ―― John Lennon 作詞、Paul McCartney 作曲、
    ―― 1967、Parlophone



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2017年11月05日 15:21 |
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Strawberry Fields Forever 1/x


    僕と一緒に行かないか
    あのストロベリー・フィールズに
    すべてが夢 捕われるものさえ何もない
    ストロベリー・フィールズよ 永遠に

    目を閉じれば 人生なんて楽なもの
    目に映ったものは 自分なりに受け止めればいい
    ひとかどの人物になるのは困難なことさ
    それでもなんとかなるもの 僕には関係ない話だ

    どうやら 僕の樹には誰もいないようだ
    それが高かろうと低かろうと
    つまり 誰もぼくを理解することはできないのさ
    でも それでいいんだ
    僕にとっちゃ それほど不幸って訳じゃない

    これが本当だと いつも思ってる
    だけど この僕さえ虚構なのかも知れない
    君のことを解ってるつもりでも
    すべては僕の一人よがりなのかも知れない
    つまり 僕と君は同じじゃないってことさ

    ―― 訳詩、山X安X




なんだか違う。
ぜんぜん違う。
        人それぞれ、としか言っていない。
        ふてくされた人の言い訳みたいだ。
ストロベリー・フィールズは、たぶん、
そんなに解ったような歌ではない。
        ジョン・レノンが、
        東洋趣味を丸出しにして、
無何有(むかう)の郷(さと)を彷徨(さまよ)うような、
だから、言葉は、戸惑いながら、
        遠慮がちに繰り出され、
        何が言いたいのか、

        解らない歌だと思っている。



    Let me take you down,
    'cause I'm going to Strawberry Fields.
    Nothing is real and nothing to get hung about.
    Strawberry Fields forever.

    Living is easy with eyes closed,
    misunderstanding all you see.
    It's getting hard to be someone but it all works out.
    It doesn't matter much to me.

    No one I think is in my tree,
    I mean it must be high or low.
    That is you can't you know tune in but it's all right.
    That is I think it's not too bad.

    Always no sometimes think it's me,
    but you know I know when it's a dream.
    I think, er No, I mean, er Yes but it's all wrong.
    That is I think I disagree.

    ―― Strawberry Fields Forever



    

ついてきてくれないかな、
今から行くんだ、
        イチゴがたくさん、
        生(な)っている場所に。
本当のことなんて何もないから、
気にかけることも何もない。
        ストロベリー・フィールズで、
        いつまでも過ごそう。

何も見ないで、
生きていくほうが簡単な理由は、
        目に映ったものがすべて、
        嘘になってしまうから。
どんな人にもなれなくて、
でも、うまくなれてしまうけど、
        そう、そんなことは、
        どうでもよかった。

僕は思うんだけど、
僕の樹の上には、
        誰もいないみたいだ。
        みんなには、高すぎるか低すぎるのだろう。
だから、分かっている。
君も僕に合わせることはできない。
        それは悪いことではないと、
        僕は思うんだけど。

時々、ではなくて、いつも、
それが僕だと思っている。
        でも、そう、
        それは夢だと分かっている。
No ってのは、Yes のことで、
って考えている。
        でも、それはまったく間違っていて、
        納得できない、って考えている。



    ―― Strawberry Fields Forever/The Beatles
    ―― John Lennon 作詞、Paul McCartney 作曲、
    ―― 1967、Parlophone



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2017年11月04日 12:03 |
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

無何有の郷、藐孤射の山 8/8


    心をし無何有(むかう)の郷(さと)に置きてあらば
    藐孤射(はこや)の山を見まく近けむ
    ―― 万葉集、巻十六

        心を無何有の郷に置く。
        無何有の郷は、心の置き場所。
どこかにあって、どこにもなくて、
いたるところに現れる。
        自分の声が聞こえる場所。
        自分の言葉が語る場所。



    今子有大樹、患其無用、
    何不樹之於無何有之鄉、廣莫之野、
    彷徨乎無為其側、逍遙乎寢臥其下。
    不夭斤斧、物無害者、
    無所可用、安所困苦哉!
    ―― 莊子/内篇、逍遙遊第一

君は、大きな樹を手にしていて、
でも、その無用さを嘆いている。
        だったら、その樹を無何有の郷の、
        広漠な野に植えて、
その樹の周りを彷徨(さまよ)って、
無為に過ごしてみたり、
        その樹の下を散歩したり、
        なんなら、昼寝でもしてみよう。
斧で切られても、失くすことはないし、
盗まれることもない。
        それとも、その樹が無用ということで、
        何か困ることがあるとでも。



    Let me take you down,
    'cause I'm going to Strawberry Fields.
    Nothing is real and nothing to get hung about.
    Strawberry Fields forever.

    No one I think is in my tree,
    I mean it must be high or low.
    That is you can't you know tune in but it's all right.
    That is I think it's not too bad.
    ―― Strawberry Fields Forever

ついてきてくれないかな、
今から行くんだ、
        イチゴがたくさん、
        生(な)っている場所に。
本当のことなんて何もないから、
気にかけることも何もない。
        ストロベリー・フィールズで、
        いつまでも過ごそう。
僕は思うんだけど、
僕の樹の上には、
        誰もいないみたいだ。
        みんなには、高すぎるか低すぎるのだろう。
だから、分かっている。
君も僕に合わせることはできない。
        それは悪いことではないと、
        僕は思うんだけど。



    

    僕らが手にしている 富は見えないよ
    彼らは奪えないし 壊すこともない
    世界はただ妬むばっかり

    もしも 彼らが君の何かを盗んだとして
    それは くだらないものだよ
    返して貰うまでもない筈
    何故なら 価値は生命に従って付いている

    彼らが手にしている 富は買えるんだ
    僕らは数えないし 失くすこともない
    世界はまだ不幸だってさ
    ―― ありあまる富



    ―― Strawberry Fields Forever/The Beatles
    ―― John Lennon 作詞、Paul McCartney 作曲、
    ―― 1967、Parlophone

    ―― ありあまる富/椎名林檎
    ―― 作詞、作曲、椎名林檎、
    ―― 2009、EMIミュージック・ジャパン



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2017年10月31日 12:07 |
  2. 荘子
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

無何有の郷、藐孤射の山 7/8


僕は、暴走族の、
 「夜露死苦(よろしく)」を先に、
万葉集の、
 「見末久知香谿務(見まく近けむ)」を後に、
        ジョン・レノンの、
        「イマジン」を先に、
        日本国憲法の、
        前文を後に、
椎名林檎の、
「ありあまる富」を先に、
荘子の、
「無何有(むかう)の郷」を後に、
        ビートルズの、
        「ストロベリー・フィールズ」を先に、
        荘子の、
        「逍遙遊(しょうようゆう)」を後に知った。

それらは、僕に相関しているだけで、
何か関係があるとは思えないし、
そんなのは、ほかの誰かにとっては、
くだらない、無用な関係、といっていい。
        誰も、僕に合わせることはできないし、
        僕も、誰かに合わせることはできない。
        ほかの誰かには、役に立たない関係なら、  
        「無何有の郷」に置いてこよう。

        僕以外には、価値のない関係だから、
        盗まれる心配もない。



    

    もしも 彼らが君の何かを盗んだとして
    それは くだらないものだよ
    返して貰うまでもない筈
    何故なら 価値は生命に従って付いている



    ―― ありあまる富/椎名林檎
    ―― 作詞、作曲、椎名林檎、
    ―― 2009、EMIミュージック・ジャパン



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2017年10月30日 20:13 |
  2. 荘子
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

無何有の郷、藐孤射の山 6/x


いつからそうなったのか、
自然の対義語は人為、らしい。
二項対立は、一方が他方を支配し、
他方に対して高位を占める。
        自然と人とを対立させれば、
        自然が、支配的で、優位で、
        人は、従属的で、劣位になる。
        ふつうはそう考える。
そんな対立を、
最初から持ち合わせない知性が、
荘子の無為自然だが、
それは、さておき、
        地球にやさしい、ってのは、
        謙虚に見せかけた傲慢で、
        自然と人を対立させたまま、
        地位を逆転させている。

微弱なノイズを解析しよう。
やさしい、ってのは、
優位か、あるいは、
少なくとも、対等のことだ。
        従属的で、劣位な者から、
        支配的で、優位な者に対しては、
        用いる言葉ではない。
        ふつうはそう考える。

        地球にやさしい、
        なるほど、ずいぶん偉くなったものだ。



    

    もしも 君が彼らの言葉に嘆いたとして
    それは つまらないことだよ
    なみだ流すまでもない筈
    何故なら いつも言葉は嘘を孕んでいる



    ―― ありあまる富/椎名林檎
    ―― 作詞、作曲、椎名林檎、
    ―― 2009、EMIミュージック・ジャパン



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2017年10月29日 22:14 |
  2. 荘子
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

無何有の郷、藐孤射の山 5/x


例えば、地球にやさしい、
そんな嘘くさいフレーズを、
僕は、気持ち悪く思う。
        そんなフレーズは、
        内側からは生まれない。
        外側から聞こえるだけ。
外側の声に耳を傾けて、
しかし、ノイズが混じってくるから、
僕は、気持ち悪く思う。

        僕にとって、
        僕が無為であることは、
        僕の内側の声を聞くこと。
僕にとって、
僕が自然であることは、
僕の内側の声に従うこと。
        ただし、内側の声は、
        外側の声に耳を澄ませることで、
        かすかに聞こえる不一致感。

        それは、微弱なノイズを、
        解析するようなもの。



    

    もしも 君が彼らの言葉に嘆いたとして
    それは つまらないことだよ
    なみだ流すまでもない筈
    何故なら いつも言葉は嘘を孕んでいる



    ―― ありあまる富/椎名林檎
    ―― 作詞、作曲、椎名林檎、
    ―― 2009、EMIミュージック・ジャパン



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2017年10月28日 12:12 |
  2. 荘子
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

無何有の郷、藐孤射の山 4/x


いつからか、人は、
自然を破壊してきた、らしい。
人に不都合が生じたから、
自然が破壊された、
なんて言っているだけで、
自然は壊れることなんてないのに。

自然の側からしてみれば、
自然は人のためにあるわけではないし、
破壊されても困らないし、
保護されても嬉しくもない。
人が想う破壊も、保護も、
自然はまったく意に介さない。

地球にやさしい、なんて、
恩着せがましく保護されても、
見当違いにも程がある。
人と自然を対置させて、
人と自然を切り離し、
人は、人が中心になりたがる。

自然の対義語は人為、らしい。
なるほど、ずいぶん偉くなったものだ。



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2017年10月28日 12:07 |
  2. 荘子
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

無何有の郷、藐孤射の山 3/x


無何有(むかう)は、
自然のままで、
何の作為もないこと。

自然も、無為も、
環境倫理学のそれとは、
似ているけれど違う。

エコ、リサイクル、オーガニック、
ナチュラル、ロハス、などなど。
多くを共有しながら、

わずかに分岐して見えるとき、
言いたいことは、
差異に集約されている。

そして、それらと、
無何有との分岐点は、
末端ではない。

主意から異なっている。



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2017年10月26日 19:31 |
  2. 荘子
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

無何有の郷、藐孤射の山 2/x


無何有(むかう)の郷(さと)は、
無為自然の世界で、
藐孤射(はこや)の山は、
神人の住む異界で、
どこかにあって、
どこにもない場所。

どこにもない場所、ってのは、
たいていは、自分の外を探しても、
ってのがよくあるパターンで、
無何有の郷も、
藐孤射の山も、
自分の心の内にある。

どこにもないけれど、
どこにでもある、
どこにもないから、
いたるところに現れる、
ってのがよくあるオチになる。
そんなありきたりな逆説を、

臆面もなく採ろうと思う。



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2017年10月24日 12:13 |
  2. 荘子
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2