馬鹿の世界の点景になりたい。

qinggengcai

不代替なもの (`ω´)キリッ 2/x


善、は相対的なもの。
多くの人が常識的にそう思っているから、
それは、わざわざ書きたくなることでもない。
        宗教か、何かの思い違いで、
        絶対的に捉えたい人を除いて。

善、が相対的なものだとすれば、
善人も、悪人もいなくなるが、
なぜか、僕たちはそう思えない。
        理由はともかく、それは、
        なぜか、常識的ではない。

などと、外したことを、
書いてしまいたくなるくらいに、
非常識なもの言いになる。
        僕は、当たりまえのことに、
        足を取られて立ち止まる。

        僕は、極めて常識が分かっていて、
        極めて常識が分かっていない。



    170715a.jpg



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2017年07月15日 22:02 |
  2. 自分らしさ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

不代替なもの (`ω´)キリッ 1/x


他人と違うことをする、
それは、個性とか、独自性とか、
そんな話に向かうけれど、
        違うことをしているのなら、
        違っていて当然で、しかし、
        そんな分かりやすい話ではなく、
他人と同じことをしているときに、
違いが出てくるのが、
個性や独自性だと思っている。

        などと、外したことを、
        書いてしまうのは、
        僕が極めて常識的だから。
他人と違うことをする人の、
個性とか、独自性とかを、
当然に認めていて、
        ことさらに書く気が、
        起きないくらいに、
        自明なものと思っているから。

        などと、外したことを、
        書いてしまうくらいに。



    170715b.jpg



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2017年07月15日 17:02 |
  2. 自分らしさ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

しんせい


    170711a.jpg

    古風なパッケージ。
    小さくて、かっこいい。

    きつくて吸い込めないから、
    ふかしてしまう。

    軽く、ゆっくり、
    吸ってみる。

    線香花火みたいに、
    ていねいに。



    170711b.jpg



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2017年07月11日 22:28 |
  2. 自分らしさ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

僕は、馬鹿なのだろうか ―― 原理主義を否定しない (。-`ω´-)ンー


正しさ、は相対的なもの、
だから、絶対的な正しさは間違い、
ここで終わりにできれば、
どんなに楽ちんだろう。

どんな命題でも、
絶対に正しいということはない、
そんな相対主義の主張は、
直ちに相対主義を矛盾に追い込む。

どんな命題でも、
絶対に正しいということはない、
その主張は、絶対に正しいのか、
絶対に正しいとは言い切れないのか。

どんな命題でも、
絶対に正しいということはない、
その主張に、絶対主義の立場を取るのか、
相対主義を崩さないのか。

絶対主義の立場を取れば、
相対主義を否定することになり、
相対主義の立場を取れば、
絶対主義を否定できない。

だから、当然には、
原理主義は否定できない。
原理主義を嫌って、
否定する者は、それもまた、

原理主義者である。



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2017年06月03日 12:03 |
  2. 自分らしさ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

僕は、馬鹿なのだろうか ―― 原理主義者にはなれない (。-`ω´-)ンー


うまくは、できないけれど。
それでも、時には、
察して、考えて、言葉を探して、
目の前にいる人に、
小さな善を為してみる。

善は、受注生産で、
いつも、その場で作られる。
自信なんて、持てるわけがない。
善は、いつも手探りで、
いつだって初めてだ。

うまくできなくて、
ほんとに、ごめんな。
謝りながら、迷いながら、
恐る恐る、差し出すのが善だ。
原理主義者からは、

僕の善など、
馬鹿に見えるのだろう。



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2017年06月02日 21:51 |
  2. 自分らしさ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

僕は、馬鹿なのだろうか ―― 何も解っていない (。-`ω´-)ンー


まつたく雲がない笠をぬぎ
―― 『草木塔』/種田山頭火

何ものにも捉われない、とか、
何からも自由な、とか、

嘘つけよっ。
宇宙に飛んで、時空も超えてろっ。

この句の意味は、
苦笑い、ではないのか。

この句の感想は、
ひねくれてるなぁ、ではないのか。

何も解っていない、と言われても、
解ったふりはできないよっ、

馬鹿だから。



    170601b.jpg



―― 山頭火句集/種田山頭火 著、村上護 編、
―― 1996、ちくま文庫



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2017年06月02日 00:03 |
  2. 自分らしさ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

僕は、馬鹿なのだろうか ―― 平易に書く (。-`ω´-)ンー


術語の多用、晦渋な表現、
難解な言い回し。

解りやすく、
ミニなんかに喩えない。

哲学書から引いてきて、
結論を補強すれば、

とりあえず、
馬鹿と呼ばれることはないだろう。

僕なら、そんなのを有難く思うような、
軽薄なエリーティズムを、

馬鹿にしたくなるけれど。



    170601c.jpg

外では帽子をかぶらない。
ひねくれかたが半端ない。

まったく雲がない笠をぬぎ ―― 山頭火



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2017年06月01日 20:06 |
  2. 自分らしさ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

僕は、馬鹿なのだろうか ―― 馬鹿に仕向ける (。-`ω´-)ンー


ミニのホイールベースは、2035mm。
1959年から変わらない。
重心が低くて、まったくロールしないから、
交差点でも、六甲山でも、
くるくる曲がることができる。

曲がることが得意なクルマなら、
曲がることについては、
もう考えなくてもいい。
ミニは、うまく曲がれるから、
まっすぐ走るように仕向けられている。

常識的で、不幸な生い立ちもなく、
ありふれた、どこにでもいる、
取るに足らない、ふつうの僕なら、
少し足りない知識と、
うまく伝わらない表現で、

自分をどのように仕向けるのだろう。



    170121b.jpg



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2017年05月29日 12:03 |
  2. 自分らしさ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:47

僕は、馬鹿なのだろうか ―― 馬鹿の測定 (。-`ω´-)ンー


賢い人からは、
馬鹿な人の、馬鹿さ加減がよく解る。
馬鹿な人からは、
賢い人の、賢さがよく解らない。

馬鹿が単なる欠如だとすれば、
たぶん、それで合っている。
賢い人からは、馬鹿が測れる。
馬鹿な人からは、賢さが測れない。

馬鹿の物差しを越えている、
馬鹿の規矩が届かない、
だから、賢さが測れない、
そんな説明になるのだろう。

最初から、馬鹿を、
欠如と決めてかかればそうなる。
もしも、馬鹿が過剰だとしても、
逆の説明は成り立つが。

あるいは、馬鹿な人には、
賢さを失った代わりに、
得た何かがあるとしたなら。
賢い人が、賢さを得たことで、

失った何かがあるとしたなら。
そんな馬鹿な発想は、
賢い人には思いもつかないから、
あり得ないけれど。

確かに言えることは、
賢くても、馬鹿でも、
自分の物差しで測ることができるものは、
結局は、欠如だけになる。

僕たちは、そんなふうにしか測れない。



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2017年05月28日 20:26 |
  2. 自分らしさ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

僕は、馬鹿なのだろうか ―― 仲間がいるから (。-`ω´-)ンー


馬鹿でも仕方がないけれど。
そして、僕が賢いとしても、
その僕の賢さは、

往々にして、賢い人たちからは、
馬鹿と呼ばれるような、
そんな賢さだと思うけれど。


仲間がいるから強くなれる、
例えば、こんなフレーズに、
イラっとくる人がいるだろうか。

仲間がいるから強くなれる、
説得もいらない、
正当化もいらない正しさがある。

しかし、このフレーズが絶望的なのは、
そんな意識が仲間外れを作り出すことに、
気づかせないからである。

そんなのが、最も僕をイラつかせる。



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2017年05月28日 12:03 |
  2. 自分らしさ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0