馬鹿の世界の点景になりたい。

qinggengcai

紀貫之 5/7


人と比較して、
鯨は世界を少し欠いている、
牛は大きく欠いている、
植物はまったく欠いている。

では、その欠如を測る物差し自体はどうだ?
人は何かを欠いてはいないのか?
それが分かれば、もはや欠いてはいないから、
何を欠いているのかは知ることができないが。

神は人を創造し、
そして、人は神を理解することができない。
人が神を理解するなら、同時に神の絶対的超越性が剥奪される。
人はもはやそれを、神とは呼ばない。

人には、理解することができないものがあり、
それに対する欠如がある。
無限への憧れがあり、絶対者への依存があり、
天国や彼岸、ここではないどこかがある。


        それはそうだ。しかし、以前には、おれはそのことを知らなかった。
        今は知っている。
        (相変らず、自然な口調で)この世界は、今あるがままの姿では、
        我慢のならぬものだ。
        だからおれには月が必要だった、幸福といってもよい、
        いや不死身の命か、それはおそらく気違いじみた物に違いないが、
        とにかくこの世の物ではない何物かなのだ。
        ―― 『カリギュラ』


カリギュラは月を手に入れたかった。
彼には、この世のものではない何ものかが足りていない。
月は、僕たちの手が届かない場所にあることを示しながら、
僕たちを照らしている。

月は人に自らを求めさせ、
そして、人は月を手に入れることができなかった。
1969年、アポロ11号が、
静かの海に着船するまでは。

やがて、僕たちは、竹取物語にもジュール・ベルヌにも、
心を動かされることはなくなった。
1972年、アポロ16号がデカルト高原に着船する頃には、
月からは、欠如さえも失われた。

知ることができない、というときは、
知ることができないこと、
そんなことがあるということの、
了解を含む矛盾がある。


        …… 動植物の生の本質は
        消去方式の考察をするという意味においてのみ
        接近通路可能なのであるというテーゼへと強いるのであるが、
        このテーゼは決して、動植物の生は人間の現有と比べると
        価値が低いとか下等だとかいうことを言うのではない。
        むしろこの生は多分人間の世界が全く識らないような開(ひら)け有(う)の
        或る種の豊かさを具えている一つの領野なのである。……
        …… 人間の側から見ると
        動物は世界に関して貧乏的であるというだけのことであって、
        動物有(う)がそれ自身において世界欠如であるわけでもない。……
        欠如は或る仕方で変容すると苦になるが、
        もし世界欠如と貧乏有(ひんぼうう)とが動物の有に属しているとすれば、
        動物の国全体と生の国とには苦しむことと苦とが
        貫き通っていることになる。……
        ―― 『形而上学の根本諸概念』


知ることができないものは、
正しいかどうかも分からない。
もとより、正しさを確かめるすべがない。
だから、正しさは、どうでもいい。

その問いを、問うか問わないかだけが残される。
問いを、問いとすれば欠如が生まれる。
では、欠如とは、不足ではなく、
過剰を含む矛盾がある。



        『カリギュラ』~『新潮社世界文学 カミュ 2』
          /渡辺守章 訳、1969、新潮社
        『形而上学の根本諸概念』~『ハイデッガー全集 第29/30巻』
          /川原栄峰 訳、1998、創文社



  1. 2015年09月29日 10:14 |
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

コメント

それぞれの意識があって、それぞれの世界が認識されている。

意識というのは識のうちのひとつであって
感知する機能と位置づけて、
視覚も識のひとつ、聴覚も識のひとつ。他に嗅覚、味覚、触覚…

識を有していて、さらに他者に伝達する出力機能がある場合、たとえば体温計やカメラなどは識があり、さらに識を有することを他者に示せる。

体温計とカメラと牛と人間では識に違いがあるために、認識する世界が違う。

しかし、それらは識を有している。

牛は見たり聴いたり鳴いたり食ったり吐いたり…その他にもいろいろ出来る。
カメラは画像や映像を記録出来る。
体温計は熱が計れる。

人間は?
牛にどう認識されている?
カメラにどう認識されている?
体温計にどう認識されている?

出力から推測するしかない。
牛は出力が多いから、最低でもその出力の数だけは識があると確定している。

眼識、耳識、鼻識、舌識、身識…
次に位置づけられている意識…牛にこれがあるのか分からない。

牛の諸君に告ぐ。牛に意識があるならば早急に自らに意という識があることを示さなければ
つまり出力しなければ、出力する機能を進化させなければ…意識がないと判断されるぞ。
五識を超えた識を持たないこと、
それはカメラや体温計と変わらないことになるのだ。
なぜなら人間は牛の意識を識る識を
まだ持たないのだ。

などと、
私としてはこんな感じですよ~w
ハイデッガーの言ってることって
ユクスキュルの「環世界」とほぼ同一と思っていいのかなあ…(笑)
  1. 2015/09/29(火) 18:54:02 |
  2. URL |
  3. 小奈鳩ユウ #0TSJikig
  4. [ 編集 ]

ユウさん、こんにちは。

>次に位置づけられている意識…牛にこれがあるのか分からない。
それを人が有していない場合は、
残念、あったとしても、ないのと同然。

ウシ識、コウモリ識、クラゲ識、
シラミ識、ノミ識、ダニ識、
劣っていると思われるやつらのほうが、
何かを持っていそうで怖いw。
僕たちが、絶対に分からない何か。

>ハイデッガーの言ってることって
>ユクスキュルの「環世界」とほぼ同一と思っていいのかなあ…(笑)
うん、まるっきりw。

でっかい月が出てたねぇ。
質量まで伝わる月でした。
日の入りと月の出が、接近しているのがいい。
仕事を抜け出して、30分くらい観てました。

さて、オチに向かいましょう。
神と、生きとし生けるものに戻して、
あ、紀貫之を登場させなくては。
  1. 2015/09/29(火) 22:17:26 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

青梗菜さん、こんばんは!!^^

チカ釣りでは命を奪ったとは感じなかった気がします。感覚的には、鳥を絞めるとか、声出す生き物には、感じそうっす。表情にも感じる気がしました。m(__;m
  1. 2015/09/30(水) 17:21:31 |
  2. URL |
  3. くわがたお #-
  4. [ 編集 ]

がたおさん、こんにちは。

顔、ですよね~。
顔がついていると、だめだわ~。
魚は、表情を変えないからなぁ。
  1. 2015/10/01(木) 14:07:08 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/998-70a979a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)