馬鹿の世界の点景になりたい。

qinggengcai

仮題、空飛ぶクジラ 13


「侑さん、友達はできた?」
「うん、まあな」
「よかったね」
「でもな、原発の核燃料の取り出しが始まったやろ」
「うん」
「そっちの開発をしてるやつらは、もう帰り支度をしてるからな」
「へ~」
「増やさないと、減っていくなぁ」
「寂しくなるね」
「おれは、まだ二、三年はいてそうやけど」
 侑は、まだ何年かは福島にいる。
 洋は、話題を変えた。
「アメリカに行くのは、「こうたろう」だよね」
「うん」
「無人で行けそう?」
「うん。今でもパイロットは乗ってるだけで、なんにもしてへんからな」
「この前、書いたよ。メッセージカード」
「そうか~、届けたるわ。コンテナに詰めて」
「どれくらいの量かなぁ」
「小さいコンテナ1個でも足りるんとちゃうか」
「ふ~ん」
「5個は積めるから、余裕やわ」
「コンテナは、どんくらいの大きさ?」
「ドラム缶8本が入る大きさ」
「へ~」
「本来は、廃棄物を入れる容器の大きさなんやけど」
「うん」
「それが飛行艇(クジラ)の、積み荷の規格になるんよね」
「飛行艇(クジラ)で廃棄物を運ぶの?」
「運ばへんけど、コンテナの振り分けとか、積み下ろしとか、自動でできるシステムができてて」
「うん」
「それは、空港で、そのまま飛行艇(クジラ)に流用できるわけや」
「なるほど~」
「さて、前のタイヤも替えよか」
「うん」
 侑は、まだ何年かは福島にいる。
 それがうれしい。



  1. 2015年08月31日 19:06 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/972-1419d26b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)