tetsugaku poet

qinggengcai

仮題、空飛ぶクジラ 11


「空気入れ持ってきといて」
 侑は、ブレーキを分解して、摩擦面を磨いている。
「侑さんの自転車、かっこいいね」
「ブルーノな。尼崎から持ってきた」
「どこ? それ」
「ブルーノは、スイス。尼崎は、大阪と神戸の間」
「侑さんは、いつまで福島にいるの?」
「さあなぁ、まだ当分、いてると思うけど」


 洋が、空気入れを持って戻ってきた。
 侑は、後輪を外して地面に寝かせた。
「バルブを外して。手で回るわ。ひっこ抜いて」
 空気が抜ける音がした。
 侑は、洋に10ミリのレンチを渡した。
「下のナットな」
 洋は、ナットを外した。
「こうすると、タイヤが外れる」
 侑は、リムとタイヤの間にタイヤレバーを突き刺して、反対側の端をスポークに引っ掛けた。
「やってみ。位置はバルブをはさんで、隣のスポーク」
 洋は、2本めのレバーを突き刺した。
「そうそう。縁は硬いやろ。ワイヤが入ってるからな。その縁を、ビードって呼んでる」
 洋は、レバーをスポークに掛けた。
「はい、次、3本め」
  まじめな顔つきになっている洋を見て、侑は微笑んだ。
「2本めを外して。3本めの横に突っ込んで。レバーをリムに沿わしてぐるっと動かす」
「お~っ」
 ビードは、あっけなく外れた。
「ビードが外れたら、あとは手で取れる。次は新しいチューブな」
 侑は、チューブが膨らむ程度に空気を入れている。
「リムの穴に通して」
 バルブがついているほうを上にして、侑はチューブを手渡した。
「片側ずつビードをはめる。この位置をバルブに」
「タイヤにも位置があるの?」
「位置を決めとくと、パンクしたときになにかと便利やねん」
「ふ~ん」
「次は、チューブをタイヤの中に入れる、ちゅうよりも、リムに乗っける感じな」
 洋は、チューブをタイヤに収めた。
「反対側のビードをはめる。バルブのあたりは最後にはめる」
 洋は、ビードをリムの中に入れ、しかし、最後がうまくいかない。
「硬いなぁ、これ」
「タイヤレバーで押してみ」
「もう握力が無理」
「がんばれ」
「声援はいいから手伝ってよ」
「あ、そう。そのままにしててや」
 侑は、ビードを押し込んだ。
「指が痛い~」
「お疲れっ、休憩な」
「指がぜんぶ痛い~」
 侑は、飲みものを買うために、鞄の中の財布を探した。
「あ、軍手があった」
「指が十本とも痛い~」
 侑は、スポークの上に軍手を投げた。
「洋っ、軍手はめる?」



  1. 2015年08月28日 23:47 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

コメント

僕は詩人じゃないので、失礼をお許し下さい(^_^;)
自転車乗りの視点で読みました(笑)
タイヤのナットが前作では15ミリだったのに、今回は10ミリとは小さいですね?
僕のミニベロはダホンもブロンプトンも15ミリです。
作業工程はバッチリですね。
僕が焦って失敗するときは、必ずチューブを噛んでしまい、一からやり直しのドジ男です(笑)
  1. 2015/08/29(土) 23:34:50 |
  2. URL |
  3. ビーカブ #-
  4. [ 編集 ]

ビーカブさん、こんにちは。

>作業工程はバッチリですね。
よかった~、ビーカブさん、ありがと~!
僕が初めてチューブを替えたときは、
1時間くらいかかりましたよw。

自転車乗りの視点、参考になります!
教えている侑の自転車はブルーノですが、
修理している洋の自転車はママチャリなのです。
10ミリは、英式バルブとリムが接するところの、
六角形のナットです。
ブレーキは、バンドブレーキ。
そのあたり、書き加えます。
  1. 2015/08/30(日) 01:16:27 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

こんにちは
ママチャリだったんですね。英国式だったんですね。
詩を書くものという立場を置いておいて、けっこう自転車は好きです。うちのはフレンチ式なんだが。
自動車用のタイヤを外すレンチがあればいいんだろうけど、規格に合うかな。
それでは。
  1. 2015/08/30(日) 10:33:03 |
  2. URL |
  3. 金さん #n05n40aw
  4. [ 編集 ]

職人わざだね、これ。
規格に従って部品はあるんだけど、
組み立ては職人がやらないと、なんかへんてこになっちゃう。
まぁ、失敗してもいいんだけど。トラウマとして、次に生かせれば。

詩人も、同じ作業のような気がするんだよね。
まぁ、表現全般なのかなぁ。
定義をばらばらに解体して、
解体したひとつひとつの部品に新たな光をあてて、
反射する光を自分で組み立てる職人。
こつこつやるしか、ないんだなぁ。

世の中は、くだらない定義の上にさらに楼閣を造り上げて、
それをせっせと磨いてピカピカにするのが正義になっちゃってるし。

ばらばらにするのも、光をあてるのも、反射する光をみるのも、
ひとりひとりの個人だと、僕は思います。
  1. 2015/08/30(日) 11:27:03 |
  2. URL |
  3. 海底まきがい #-
  4. [ 編集 ]

金川さん、こんにちは。

ブレーキがキーキー鳴る、安いママチャリです。
ダホンでもブロンプトンでもジオスでもなく、
コルナゴでもピナレロでもありません。
まったく、男どもは無駄づかいしすぎるw。

ブルーノを出してきたのがまずかったかなぁw。
とにかく、ママチャリは明記しましょう。
ブロンプトン2台とトレンクルを3台持ってます、
みたいなことになりかねないw。

ちなみに僕は、2010年のDAHON、Mu P8ですっ。
  1. 2015/08/30(日) 14:47:41 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

まきがいさん、こんにちは。

侑は、飛行艇の整備をしますから、
ちょろいもんです、って雰囲気が出ていればいいのですが。
でも、侑が、ちょろい、って言ってしまうと、だめなんだなぁ。
はい、こつこつやりますっ。

>まじめな顔つきになっている洋を見て、侑は微笑んだ。
あんまり仲良くなると別れがつらいよ、
って思いながら仲良くさせてます。

洋は、母子家庭の独りぼっちで、
侑は、赴任先で独りぼっちで、
そのうち別れてしまうことを予期した出会いです。
おれがいなくても、自転車くらいひとりで直せるだろ?
って思いが侑にはあるのでしょうか。
>「もう握力が無理」
>「がんばれ」
  1. 2015/08/30(日) 14:52:04 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

青梗菜さん、こんばんは!!^^

>ちなみに僕は、2010年のDAHON、Mu P8ですっ。
ム4個のムっ!!^^;こいつぅー、自動車だけでなく自転車までもおしゃれなのかーっと思ったのでございます。m(__;m DAHONってHONDAの業界用語ではないことを、検索して知ったのでございます。ーー;
  1. 2015/08/30(日) 22:49:53 |
  2. URL |
  3. くわがたお #-
  4. [ 編集 ]

がたおさん、こんにちは。

www、ムムムムっ!
はい、こちら!
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/blog-entry-636.html
中古ですけどねっ。

業界用語って、
デルモのチャンネエとギロッポン、みたいなやつですか~?w
  1. 2015/08/30(日) 23:03:13 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/969-ddd172ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)