馬鹿の世界の点景になりたい。

qinggengcai

10%の過酷なテーゼ 4/x


考える人、を、
90%の人が考える必要がないと思っていることを考える人、
そう定義したとき、
考える人の割合は、10%になる。

―― 当たりまえや。91%なら、残りは9%になるw。


余計なことを考える、
それは、ほめられたものではない。
余計な量を食べる人を、余計なことを喋る人を、
余計な時間を眠る人を、誰もほめたりはしない。

―― 確かに。考える、ってことは肯定されすぎやね。


余計なことでも、考えていると、
周りが、何も考えていないように見えてくる。
何も考えていない人など、
実は、どこにもいないのだが。

―― では、みんな、自分は10%に入ると思ってるやろなw。


それでも、考える10%と、
考えていない90%がいるとしよう。
そのバランスは、
どうやら、必要なことらしいから。

―― 10%のほうは、必要悪やね。


位相が違うから、当りまえのことに引っかかる。
優性で正常な人なら、一生に一度も考えないことを、
憑かれたように考えてしまう。
誰のためにも、何のためにもならない。

―― お疲れっ。


劣性で、異常で、少数で、理解されにくく、
考えたわりには、何も見返りがない。
そんな過酷な宿命を負わされている者が、
どれほどいるのだろう。

―― さあな。多く見積もっても、せいぜい、
―― 10%くらいやねw。

    150724.jpg



  1. 2015年07月24日 22:08 |
  2. 自分らしさ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

コメント

以下の「劣性遺伝子」という語を「考える能力」と置き換え、「発症」を「考える人になる」と置き換える訳ですな~(笑)

劣性遺伝子が次の世代で発症する確率は25%
遺伝しない確率も25%
発症しないキャリアが50%

ペアが両方ともキャリアなら、その劣性遺伝子は75%の確率で次の世代に遺伝する…。

非キャリアとキャリアのペアが次世代を産めば次世代への遺伝確率が75%から50%にまで落ちる。しかも発症は0%

つまり
非キャリアとの接触はキャリアにとって発症することを制限される因子になる。

「バカなこと考えてないで、やるべきことをやりなさいっ!」
「は、はいっ!」
…てな訳ですな~。健全だなあ(笑)

果たして発症しないキャリアがどの程度いるのか♪

  1. 2015/07/25(土) 00:16:57 |
  2. URL |
  3. 小奈鳩ユウ #0TSJikig
  4. [ 編集 ]

余計に食べるも、余計に考えるも、
同列だなんて傷つきますw

私は考える人の方にいたい。
劣っていて結構ですよね~っw
実際のところはどっちに振り分けられるか、
わかんないですけど、10%なら入れるかな。
見返りは、自己満足だけ、でしょうかね~。
でも、自己満足できれば幸せになれるんだから、
やっぱそれでいい気がします。
  1. 2015/07/25(土) 10:04:37 |
  2. URL |
  3. プラトニックまいまい #-
  4. [ 編集 ]

ユウさん、こんにちは。

考える能力とその発症、
それは、働きアリや大腸菌のバランスの取り方に似てるな、
と思ったので、あるあるをやってみましたw。

知識や教養があっても、考えない人たちがいるし、
僕みたいな文系馬鹿でも、中学生くらいの語彙で、
ふわふわ思いついたことを文章に起こしたら、
それが誰かに伝わってしまうこともあります。
思いつきなんて、ほとんどが間違いなので、
書く側も、読む側も、
間違いを許容できるかどうかにかかってきます。
正解は、90%の側で、共有していますから。

>果たして発症しないキャリアがどの程度いるのか♪
夏休みが始まって、
新潮文庫のカミュなんかを読んだりする子は危険ですね~w。
劣性に転じて、潜伏期間に入ったと考えてもいいでしょう。
おだいじに~♪
  1. 2015/07/25(土) 12:44:16 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

まいまいさん、こんにちは。

>余計に食べるも、余計に考えるも、
>同列だなんて傷つきますw
食うなっ、と言われても、
食べてしまう人たちがいるでしょ?
考えるなっ、と言われても、
やめられない、止まらないなら、
同列ですよっw。

>私は考える人の方にいたい。
考える人がどういう人なのかが、
分かっているなら、まいまいさんは、
すでに考える人ですよっ。
考えない人からは、
考える人がどういう人なのかも分かりません。

間違いを許容できない人が、90%なのです。
正解は自分の外にあって、
90%の人たちと共有しています。
だったら、考えることなんて何もないはず。
考える、ってことは、過酷な宿命だなぁ。
  1. 2015/07/25(土) 12:46:05 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

青梗菜さん、こんばんは!!^^

一つの事柄にさえひとりひとり位相(?)は違うのに、90%と10%に分かれるのだとすると、そのからくりは、生活の必要上であるのか、信条のためなのか、良心故か、さっぱりわからないのでございます。

――じゃあコメしなきゃいいのに酔ってるゆえにm(__;m
  1. 2015/07/25(土) 19:55:09 |
  2. URL |
  3. くわがたお #-
  4. [ 編集 ]

がたおさん、こんにちは。

マジレスしますw、
ってか、次の展開の予告編です。

10%の少数派は、
おもに、90%のことを考えています。
でないと、10%を切り抜くことができません。

90%の多数派は、
正解であることが90%の人たちから保証されているので、
考えなくてもいいのです。
あるいは、考えたような気になれます。

例えば、多様性を認める、
なんて検索してみると、
おそらく90%は同じことが書かれています。
その多様性のなさに失望して、
10%の少数派は考え始めます。

多様性を認める、そのテーゼから、
10%の少数派になりたくなかったら、
みんなと同じの90%でいろ、
ってメッセージを読み取る人は、
多く見積もっても、せいぜい、
10%くらいでしょう。

どこに多様性がございましょう。
今の世の中、
右も左も真っ暗闇じゃござんせんか♪
  1. 2015/07/26(日) 11:04:11 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/947-0a734b33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)