馬鹿の世界の点景になりたい。

qinggengcai

もう一度!


言ってしまった言葉は、
言いそびれた言葉とともにある。
言えなかった言葉の行方を追っている。

選んだ選択肢の先にある今は、
選ばなかった選択肢とともにある。
選べなかった別の時空を描いている。


言えなかった言葉も、
選べなかった未来も、
きっと後になってから作られる。

その時々には、いつだって、
言える言葉しか言えない、
選べる選択肢しか選べない。

言えなかった、選べなかった、
そう気づいたときにはじめて、
言葉が生まれ、選択肢が生まれるのだろう。


言葉は、今、生まれた。
選択肢は、今、生まれた。
ならば、その言葉を抱えて、岐路に立て!

もう一度!



  1. 2015年04月25日 20:36 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

コメント

言ってしまった言葉は、
もう、戻せませんからね~。
後悔することは苦痛ですから、
何も言わない方が、得策であることは多いと思います。
でも、言わなかったことを後悔する場合もあるわけで、
やっぱり、その時その時で、
必死で考えて、答えを出すしかないんでしょうね。

でも、私は、
言わなかったことを後悔するパターンは、少ないみたいで、
すぐには思いつかないです。
  1. 2015/04/25(土) 22:01:18 |
  2. URL |
  3. プラトニックまいまい #-
  4. [ 編集 ]

まいまいさん、こんにちは。

後悔するときに、言葉や、選択肢が生まれるわけで、
それは、後悔する前にはなかった言葉や選択肢です。
違う言動ができたのに、気づかなかった、
後悔の定義にしたいです。

気づいていたのに、できなかった、
それは、意気地なしの定義にしたいですw。
  1. 2015/04/25(土) 22:28:07 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

青梗菜さん、おはようございます!!^^

私は頭の回転が悪い(&普段からの準備が悪い)ので、急に(?)質問(例えば、明日何何の作業を代わってくれないかみたいな質問)されると言葉に詰まり言葉が出ないことが職場であります。そのことで相手が怒ったり、「じゃあいいよ。」と言ったり(注:暴言と感じる。^^;)するのを見た後で、こう言うべきだったと思ったことがあります。デス。m(__;m
  1. 2015/04/26(日) 11:12:24 |
  2. URL |
  3. くわがたお #-
  4. [ 編集 ]

何を選択しても
選択しなかった方が何を起こしたか知ることは出来ないので囚われますね…υ

やはり、何も選ばない方が良かったのではないか…と
いつも思うw
沈黙の選択…υ

でも岐路には立たされる。
どれかを選んだことを
後悔してしまうことが続くなら、
道なきところに藪を分け入って進みたくなりますw

蛮勇なのか…要領が悪いのか…
はたまた、人から離れたいのかw

自分に対しては「この藪は誰も通っていないようだから
うまく進めなくて当たり前だ」という
保険の言葉を選択し、自分に言い聞かせつつ、
さらに血まみれの選択は進む~(笑)

  1. 2015/04/26(日) 13:18:40 |
  2. URL |
  3. 小奈鳩ユウ #0TSJikig
  4. [ 編集 ]

がたおさん、こんにちは。

僕も回転が鈍いですわ~w。
すぐに頭が休んでしまいますから、
何事も急には無理ですよっ。
いつもぼんやりしてるから、ほかの人と比べて、
3割くらい能力が足りてないような気がするww。
  1. 2015/04/26(日) 20:38:35 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

ユウさん、こんにちは。

選択肢に藪っ!w
あえて選び取る藪w、
道を選ぶ場面で、道になってないものを選んで藪w。
それで、いいも悪いも、答えは、藪の中。
お~、芥川ね~w、何がよかったのか、
真相探しは、避けて通ることのできない問題で、
避けて通るために、また深い藪w。

後悔とは、実は、意気地なしのことかもしれません。
ありもしない選択肢を仮想する、
それって、後悔というよりも、白昼夢に近いです。
自分を責め立てるのは、
意気地なしだった自分でしょうね。
こじらせて、一生つきまとう人は多いと思います。
  1. 2015/04/26(日) 20:42:30 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/906-ef7c89bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)