馬鹿の世界の点景になりたい。

qinggengcai

結論 2/2


結論、11
    僕は、それを、
    屈託と呼ぶ。


結論、12
    僕のDNAの塩基の並びには、
    どんな思いが刻まれているのだろう。
    僕が、今、ここにいる、
    ただそれだけのために。


結論、13
    猫は快適な場所にいる。

    ケルトの人たちは、君の眼を、
    他界への入口と考えた。


結論、14
    僕たちの世界は、
    別のようにもあり得るか?
    例えば、猫のようにでも。


結論、15
    この破綻しかかったプロットは、
    容易に指摘しうる綻びを見せておいて、
    かわりにもっと大きな綻びから目をそらすための、
    仕掛けではなかったか?


結論、16
    相似形は、小さな差異を際立たせる。


結論、17
    太陽と地球が相互に動いていると考えるなら、
    そう考えただけで、
    無限の軌道が生まれるだろう。


結論、18
    今宵は、三日月。
    星座の海に浮かぶ舟。
    上弦の舳先(へさき)を天頂に向けて、
    舟は今、地平を離れたばかり。


結論、19
    正義は、たくさん人を殺す。
    神も、自由も、平等も、
    人権思想も、民主主義も、
    いつだって、それらに楯つく者の何倍も。


結論、20
    こんな結論も、
    あるのかもしれない。



  1. 2015年04月20日 19:54 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/902-51415587
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)