馬鹿の世界の点景になりたい。

qinggengcai

個性


個性を見つけて、
無理に自分らしくなろうとしなくても、
ありのままの自分で、誰もがすでに個性的だ、
って結んでみよう。

読む価値はないから、
途中の400字は省略する。
どうして個性を語る論調は、
きまって没個性になるのだろう。

個性とか、自分らしさとか、
そんな言葉が連れてくる、
あのいやな感じの由来は、
きっとそのへんにありそうだ。

    150413.jpg



  1. 2015年04月14日 21:41 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

コメント

青梗菜さん、こんばんは!!^^

「DNA」を無視すると、、私に個性がある証拠は無く、私とあなたとの違いは、私があなたではないということと、生い立ち・環境だけなのかも?
寒い、暑い等の環境もありますが、親を含めた周りの人という環境は大きいと感じました。その周りの人それぞれにも生い立ち・環境があり、爆発的です。
  1. 2015/04/15(水) 22:41:15 |
  2. URL |
  3. くわがたお #-
  4. [ 編集 ]

がたおさん、こんにちは。

>私があなたではないということと、
それだけで、もうじゅうぶん!
私とあなたの違いは絶対的で、
私と比べれば、あなたと電信柱とタマネギは、
ほとんど同じに見えますよ。

その通りっ!
僕の個性は、両親が作ったベースに、
学校や、テレビや、ラジオや、いろんなパラメータが与えられ、
出会った人たちに引き渡された、なれの果てです。
偉い学者がどんなふうに僕を見渡してまとめようとしても、
学者と僕は違います。
むしろ偉いゆえに、僕とはまるっきり違うことになりますw。

>ありのままの自分で、誰もがすでに個性的だ、
それは結論ではなく、前提です。
  1. 2015/04/16(木) 13:16:16 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

「自分探しの旅にでかけよう」
「あなたが知らないあなたを見つけませんか?」
「ほら、あなたってこんなに素敵だったんだ」
「素敵探しをしませんか?」
「ロハスで、エコな生き方」
「ヨガで、自分に巡りあいましょう」
「本当のあなたに出会う為の10の約束」
「絶対にやってはいけない20の法則」
「ネガティブ思考があなたをだめにする」
「マイナスをプラスにかえる魔法の言葉」

私はなにか新興宗教の教祖になれる気がする。
女性誌の編集者にさえ。
新書のライターだって、
アイドルグループのプロデューサーだって、
コピーライターだって、
なんでもなれそうな気がするけど、
誰も私に金を払う気にはならないでしょう。
  1. 2015/04/16(木) 21:38:26 |
  2. URL |
  3. 海底まきがい #-
  4. [ 編集 ]

ありのままが最高、と言ってくる人のうち、
私のありのままを、その人なりに考えた跡が見える場合は、
よしとしましょう。

>なにか新興宗教の教祖
なれますよ、まきがいさんw
「ほら、あなたってこんなに素敵だったんだ」
まで読んだときに、本当に疲労しました。

  1. 2015/04/16(木) 22:12:34 |
  2. URL |
  3. プラトニックまいまい #-
  4. [ 編集 ]

まきがいさん、こんにちは。

いやいや、みんなそんなものですよw♪
そして、少なくない金を払ってます。
どうしてみんなと一緒から逃れる先が、
みんなと一緒になるのでしょう。

自分らしくあるということは、きっと難しいことで、
僕たちは、自分らしくなろうとして、
いつだって、自分らしくなれないでいます。
他人と群れていると、
自分が何を感じているのかも分からなくなりますが、
他人との関係が作れない人は、
自己評価が定まりません。

とりあえず、両親や、学校や、テレビや、ラジオや、
マンガや、小説や、音楽や、
出会った人たちに感謝を!
僕を作ってくれました、良くも悪くもww。
  1. 2015/04/16(木) 22:30:17 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

まいまいさん、こんにちは。

お疲れ~w。
うん、まいまいさんは、そのままで最高っ!w

って、世の中には当りまえの台詞が多いから、
考えても、考えなくても見掛けはたいして変わりません。
当りまえのことは考えなくてもいい、
そう思う人がほとんどですが、
考える人は、実は当りまえのことを考えていると思います。
当りまえでないことについては、
誰だって考えますから!
  1. 2015/04/16(木) 22:31:58 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

日常を考えることは、
いつも目の前に置かれたものを
置かれたままの位置から少しだけずらした
トートロジーで
そこから抜けられないんだなあ…と。
だからこそ日常という括りではあるのだけど。

日常が中庸の領域にあるものだから自然にそうならざるを得ないのかなあ。

くわがたおさんの提示してくれた「個人の記憶」は価値基準の答えになっていて、これは揺らがないなあと思いました♪

誰もが無意識に持っている「自分らしさという幻想」、つまり「価値基準」は「生きてきた記憶」であって、みんなが違う。
つまり表現の多様性について

この奇抜な表現は
誰に見せるのか?

と言ってしまうことは、言葉を替えているけど
「さあ、自分らしく」と変わらないですよ。

つまり、どのような言い方をしても
「価値基準の押し付け」という意味で括られます。

その根底には個人の記憶が作った価値基準があり、みんなが自分の価値基準を大切に思っているってことです。
他者の価値基準を侵すな、と言うなら
同様に他者の価値基準を侵すべきではないと思わざるを得ないかなあw

表現は「価値基準の押し付け」に他ならないから
、「価値基準の押し付け」自体を批判するには自己矛盾がありありと浮き出てしまっていて、
今回の一連の文は、茨の道を走り抜けようとしてズタズタになって引っ掛かってしまった感があります…υ
最初から命題自体が…もう無理では?
と思ってたのですけど…方向を変えずに続きを書く…青梗菜さん…
…豪快ですっ♪(この人物評も価値基準の押し付けになるのですよ~υ)


  1. 2015/04/17(金) 12:20:20 |
  2. URL |
  3. 小奈鳩ユウ #0TSJikig
  4. [ 編集 ]

ユウさん、こんにちは。

ですね~、ありふれた日常は、変化に乏しいから。
相似形の、小さな差異を比較してみるようなもので、
取るに足らないことばかり、だからこそ日常です。
元々の形だって、
まき散らした砂粒の模様を問うようなものかもしれません。

価値基準を、個人の生い立ち、環境に求める、
つまり、価値基準を個人の内側に置いて、
外側の世間に、自分の思考を問う、僕はそれを表現と呼びます。
外側で聞きかじってきたことの受け売りは、表現とは呼びません。
そして、個性とか、自分らしさとかを云々する論調は、
そのほとんどが表現ではありません。
>「自分探しの旅にでかけよう」
>「あなたが知らないあなたを見つけませんか?」
>「ほら、あなたってこんなに素敵だったんだ」

あのいやな感じの由来は、きっとそこですね!
他のことがらについて語るのなら見過ごせるのです。
個性とか、自分らしさとかを語りながら、
個性も自分らしさもないのに気づきもしない、
そこがぐったり疲れるのですよ~。

ですから、表現以前の問題です。
押しつける価値基準が、個人の内側にないくせに、
表現している体裁をとることの問題です。

さてさて、
>この奇抜な表現は
>誰に見せるのか?
これはこれで、また別にやりましょうかね~!

>つまり、どのような言い方をしても
>「価値基準の押し付け」という意味で括られます。
僕も、そこは過敏になるところ。
でも、僕は、いつでも少数派ですよっ。

個性とか、自分らしさとかって、
なんだか無条件で肯定する流れができてしまっていて、
気味が悪くて、
個性も、自分らしさも、それ自体は良くも悪くもないよ、
ってところまで戻したくなってます。
そんなのは、少々押し付けたところで、流されてしまいますってw。
小さなノイズですから、かき消されてしまいますよっw。

>今回の一連の文は、茨の道を走り抜けようとしてズタズタになって引っ掛かってしまった感があります…υ
>最初から命題自体が…もう無理では?
意外と、無傷ですっ!
  1. 2015/04/17(金) 21:04:18 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/895-f2dd3867
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)