馬鹿の世界の点景になりたい。

qinggengcai

自分らしさ


さあ、肩の力を抜いて、
もう一度、自分らしさを取り戻してみよう、
って結ぶから、
途中の400字は省略する。

読む価値はない。
自分らしさ、
このタイトルだけでイラっとくる人が、
僕は好きだ。

    150414.jpg



  1. 2015年04月13日 20:54 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

コメント

「さあ」、「肩の力」、「もう一度」、
の方に、私はダメージを受けるようです。


  1. 2015/04/13(月) 21:20:42 |
  2. URL |
  3. プラトニックまいまい #-
  4. [ 編集 ]

まいまいさん、こんにちは。

だいじょうぶ、まいまいさんらしく、
ありのままの自分で生きてみましょう!

ところで、
さあ、肩の力を抜いて、もう一度、
なんて文章を書いてる人の自分らしさは、
どこにあるんだかw。
  1. 2015/04/13(月) 21:54:06 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

青梗菜さん、こんばんは!!^^

気短くね?m(__;m
「らしくない。」というセリフにもイラっと来るのでは?
「自分らしく」という言葉は使った記憶は無いかも。(忘れただけかも)
自分にしかできない事を優先しろとは、職場で言われたことがありまする。
  1. 2015/04/13(月) 22:40:02 |
  2. URL |
  3. くわがたお #-
  4. [ 編集 ]

がたおさん、こんにちは。

>気短くね?m(__;m
どうでしょうね~、本来は気が短いのかもしれません。
では、自分らしく、短気さを取り戻しましょうかw。

>「らしくない。」というセリフにもイラっと来るのでは?
らしくない、は僕を知っている人のセリフですからいいのです。
自分らしく、ってときには、
たぶんよく知らないのですよ、僕のことを。
  1. 2015/04/14(火) 11:33:28 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

そ、そっか!
私も肩に力が入り過ぎてた…υ
あー、ほんとだ、すごい肩こってる…υ

「自分らしく」とか完全にスルーして
肩凝りに気持ちが一直線w
いま肩をぐるぐる回してる自分がいますw
肩凝りがひどい…υ

その場合の「自分らしく」は
リラックスしろ…って意味なんでしょうけど
「さあ」とか言う人がいるところでは、
リラックスなんて出来ないんですよねw


  1. 2015/04/14(火) 12:17:18 |
  2. URL |
  3. 小奈鳩ユウ #0TSJikig
  4. [ 編集 ]

ユウさん、こんにちは。

目立たないように、
周囲と同じことをする同調圧力がかかってますから、
自分らしさを見失います。
しかし、自分らしさ云々なんてのは、
もう手垢のついたフレーズですからね~、
それはそれで、すでに同調圧力になっていると思うのです。

個性なんてのも同じで、
個性的でなければならない、
と思うことじたいが、今どきまったく没個性なので、
そんなだから個性的になれないのですよ、
ってことになります。

自分らしさや個性は、
立ち止まって、独りで考えることの中にあります。
きっと当りまえのことの中にあります。
奇抜で、目立つ発想は、
分かりやすい個性ですけど、
そんな自分らしさとか、個性とかを、
誰に見せるつもりでしょう?
  1. 2015/04/14(火) 16:57:07 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

>奇抜で、目立つ発想は、
分かりやすい個性ですけど、
そんな自分らしさとか、個性とかを、
誰に見せるつもりでしょう?

表現を恥ずかしいと感じるのは他人に向けて他人の評価を得ようとしているから。
自分の表現が他人の評価なしには価値がないもののように思えてしまうから。(じゃあ、価値ってなんだという問題もありますけどw)
その表現はエンターテイメントに属する。
その表現を受け取った他人を喜ばせようとしている。

奇抜で、目立つ発想はマスターベーションであって、それを見たければどうぞ、という開き直りがなければならない。
そのマスターベーションは、見せるつもりがなかったのに覗かれた場合にのみ恥ずかしい。
その表現はマスターベーションなのに
是非にも見たいという人は、確実にいる。
小数ですけど(笑)
マスターベーションを挑発や煽動として面白がる変態はいるのです♪
私なんかは、まさにそれです♪

そういう人達の表現が進めば、その小数の間でマスターベーションの見せっこが蔓延する。

さらに進み、数が増えれば……もうマスターベーションではない♪

今までも、そうして表現は進んできた。
まず、マスターベーションを見せる覚悟が必要。
それは進み、やがて他人の評価を必要とするエンターテイメントになる。
マスターベーションとしての意味は失われ、恥ずかしいものになる。

そして、また、マスターベーションを見せる奴が現れる。ぐるぐる~♪(笑)

表現をする…
その時、どの場にいようとするか…?
という問題かな~υ

エンターテイメントvsマスターベーション…ということでは決してなくて、円環する2つのうち、どこにいたいと思うか…ってことです。
どっちを選んでも、進んだら必ず真逆の位置に入ってしまう。
では、ここに立っていたいと思うなら
立ち止まり続けなければならない。

どこに立ちたいか?
立った場に立ち止まり続けることを望むか?
それらは
他者から示唆される「自分らしさ」と
自分の中からの「自分らしい」に還元されているか?

シリーズ化、求む♪w

  1. 2015/04/15(水) 08:38:40 |
  2. URL |
  3. 小奈鳩ユウ #0TSJikig
  4. [ 編集 ]

ユウさん、こんにちは。

>奇抜で、目立つ発想は、
分かりやすい個性ですけど、
そんな自分らしさとか、個性とかを、
誰に見せるつもりでしょう?

ブログなんかやってる人は、
きっと反対のバイアスがかかってますから。

ふだんの生活では、会話や、服装や、その他いろいろ、
同調圧力が働いて、自分らしさを抑えます。
ネットでは、逆の圧力を受けているのではないかな~。
自分らしさ、というより、それ以上に、自分らしさを煽られて、
キャラを立てようとします。
抑圧の反動かもしれないし、理想の自分かもしれないし、
別の人格を得る感じは、自分らしさというよりは、
乖離や分裂に振れている気がします。

ブログを続けている人でさえ、
平凡で、とりとめのない、
生活感、現実感にあふれた思考の断片を扱う人は少なく、
そんなものに価値を置きません。
自分らしさは、たぶんそこにあるのですけどね。

奇抜で、目立つ発想、
それを得体の知れないプラットホームに載せて、
公開してしまうこと。
そこに自分がある、といわれれば誰にも否定はできないし、
それも含めて自分だ、といわれればなんだってそうなりますが、
僕は、自分らしさは、平凡さと、とりとめのなさに見つけたいのです。

自分らしさ、なんてものも、
捉えようとすればすり抜けるから、
そんなものを云々しようとする人は、
たいていは、ふわふわで浅いよなぁ。
少なくとも、そんなものを端的に示せると思ってはいけません。
まして、他人の自分らしさについて述べるなんて、
僕をイラっとさせる役にしか立ちません。

さて、表現については、
それが表現ってものだと思います。
おかげで、萌え系も、エロゲーも、撮り鉄も、
ありふれたものになってしまいました。
今も、なにかのフロンティア・ラインに立っている人はいて、
やむにやまれぬ自分らしさで闘っているのだと思います。

シリーズ化、求む♪w
>コメント欄で、ほぼ完結してますw。
  1. 2015/04/16(木) 13:12:47 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/893-30366411
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)