馬鹿の世界の点景になりたい。

qinggengcai

プラス思考で行こう 2/2


プラス思考は、思考ではない。
思考過程を、自分に都合よく歪める考え方のモデル、
僕は、そんなものを思考とは呼ばない。

その思考で結果が得られたなら、
プラス思考は正しくなる。
僕は、そんなものを正しさとは呼ばない。

もっと効率のいい思考の型があるのなら、
プラス思考は間違っていたことになる。
そんな御都合で、市場的な構えに正しさはない。



中也にとって、不幸は売りものになり、
消費者にとっては、エンタテイメントになる。
他人の不幸を喜ぶからではない。

なんの犠牲も払わずに、
感受性が豊かで、心が温かく、
優しい自分を確認できるからだ。



        私はもう歌なぞ歌はない
        誰が歌なぞ歌ふものか

        みんな歌なぞ聴いてはゐない
        聴いてるやうなふりだけはする

        みんなたゞ冷たい心を持つてゐて
        歌なぞどうだつたつてかまはないのだ

        それなのに聴いてるやうなふりはする
        そして盛んに拍手を送る

        拍手を送るからもう一つ歌はうとすると
        もう沢山とといつた顔

        私はもう歌なぞ歌はない
        こんな御都合な世の中に歌なぞ歌はない



利己心を満足させる思考が癖づけられていながら、
利他的にも優れた自分を求める貪欲さ、
みんなただ冷たい心を持っている。

それにしても、どこまでも勝ち組でありたいと、
優しさまでも手中に収めようとする心性は、
なんて利己的なのだろう。

なんて都合がいいのだろう、
なんて優しくないのだろう、
なんて汚れているのだろう。



        汚れつちまつた悲しみに
        今日も小雪の降りかかる
        汚れつちまつた悲しみに
        今日も風さへ吹きすぎる

        汚れつちまつた悲しみは
        たとへば狐の革裘(かはごろも)
        汚れつちまつた悲しみは
        小雪のかかつてちぢこまる

        汚れつちまつた悲しみは
        なにのぞむなくねがふなく
        汚れつちまつた悲しみは
        倦怠(けだい)のうちに死を夢む

        汚れつちまつた悲しみに
        いたいたしくも怖気(おぢけ)づき
        汚れつちまつた悲しみに
        なすところもなく日は暮れる……



        「詩人は辛い」、
        「汚れつちまつた悲しみに……」、
        『中原中也詩集』、大岡昇平 編、1981、岩波文庫、岩波書店



  1. 2015年04月06日 22:44 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

コメント

青梗菜さん、こんばんは!!^^

以下、全て質問でなく所感(?)す。m(__;m

中原中也さんは不幸(?)を売る→読者は「優しい自分を確認」するために詩を買う→中原中也さんは不幸(?)を売る→・・・という循環構造だったのでしょうか?

犠牲無しの優しさは無意味でしょうか?優しさは基本的に動詞(優しくする)として存在しますか?(一貫しての反対的に)

御記事後半部の所感(?)は、、プロセス重視も重視してほしいみたいに感じました。m(__;m
  1. 2015/04/07(火) 21:33:19 |
  2. URL |
  3. くわがたお #-
  4. [ 編集 ]

がたおさん、こんにちは。

私は不幸を売る=汚れつちまつた悲しみに
→読者は優しい自分を確認する、しかし、=私はもう歌なぞ歌はない
→私は不幸を売る=汚れつちまつた悲しみに
→・・・という循環構造はあるのかもしれません。

優しさは弱さに沿う、そう思います。
弱っている人に心を寄せて、感じることから優しさは生まれます。
誰かの不幸は、優しさが生まれる契機になりそうです。
自分の優しさを確認して終わり、
詩ならそれでもいいのですけどね。

優しいとか、冷たいとかは、
僕たちが、優しいとか、冷たいとかと呼んでいる行動のパターンを、
選択する傾向だと思います。
行動は、多少なりとも犠牲と引き換えでしょう。

利己的な冷たい自分と、利他的な優しい自分、
この二つの心が同時に共存するものなら、プロセスはどうなるのかな。
冷たい自分があるから、優しい自分を求めるのではないかな。
それは、利己心を満足させるために、
利他的にも優れた自分を求めると言い換えてもいいのかな。
お涙ちょうだい、ってやつの娯楽性は、何に依拠するのかな。
そのあたりは分からないまま書いてますw。

がたおさん、難しいな~!w
  1. 2015/04/07(火) 23:11:53 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

中也は売りたくても売れなかったですよ~w

『もう歌わない』のは
『どうして原稿が売れないんだ』とイコールのようなw
誰も自分を評価してくれない、分かってくれないというイジケた感情だと私は考えるけど。

イジケた その後でやってくる
『ああ心虚ろなるかな』。

期待、失望、虚無感、それらの悪循環w
イジケと虚ろのぐるぐるが中也の詩w
ここに親和性を持つ者が中也の読者でしょう♪

アンサイクロぺディアに書かれているような中也のゲスなダラシナイ チビッ子私生活を読んだあとに中也の詩集を捨てたくなるなら、
別の意味でそれを買ったのかな~なんて、
うん、やはり思ってしまいますw

多分…優しい振り…というよりは
私って知的♪…かとw
中原中也という字面と響きも良いし、
何読んでるの?と聞かれて
中原中也…と答えたいという
そんな感じかなw

そんな人には
「本当かは知らないけど、中也は太宰のケツを掘ったってウワサがあるぜ…」
と教えてあげると良い。
いや、腐女子にならウケてしまうなあw

本心を言えば、嘘でもカッコつけでもいいから
皆が詩を読むようになってほしいなあ♪
切に願うっw

こちらの記事きっかけで中也を買い求める人がいれば良いなあ♪
  1. 2015/04/08(水) 21:20:57 |
  2. URL |
  3. 小奈鳩ユウ #0TSJikig
  4. [ 編集 ]

ユウさん、こんにちは。

>中也は売りたくても売れなかったですよ~w
その点は、中也も梶井基次郎も同じ括り、同人のB級って感じです。
彼らと比べると、朔太郎はA級って気がします。
オーバードースでぶっ飛んでますけどねww。

50代後半のジャズと重ねてしまいます。
これからという時期なのに、病死とか、事故死とか、殺さるとか、
あ~あ、やつらの若いこと!

三好達治もA級に挙げたいのですが、
しかし、やっぱりこいつらはろくでもないな~w、
馬鹿と阿呆の絡み合い、
ど~こに男の夢がある~♪、
>「本当かは知らないけど、中也は太宰のケツを掘ったってウワサがあるぜ…」
好いた惚れたと、
けだものごっこがまかり通る世の中でございます。

意地に裂かれる 恋もあり
夢に消される 意地もある
いい歌だねぇ、傷だらけの人生!w

>こちらの記事きっかけで中也を買い求める人がいれば良いなあ♪
無理~、
中也の読者を、利己的で、都合がよくて、
優しくなくて、汚れていると書いてますw。
  1. 2015/04/09(木) 21:44:08 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

はあ~、楽しい♪
青梗菜さん、いいなあ~♪ 好きだなあ♪

鶴田浩二かあ~(笑)
古い歌を知ってますな~♪

「生れた土地は荒れ放題、今の世の中、右も左も
真っ暗闇じゃござんせんか」

いつ明るくなるのかな~w

中也を読んだことないやつは
マイナス要素を超えて買え~。読めよ~。
もし、それが好きだと思ったなら
全力で頭を使って中也の側に立ってやってくださいな~(笑)
以上、中也側の人からでしたっ♪

基次郎も売れたのは死んでからですもんね~υ
朔太郎のA級は……ちょっとムカつきますよね?
違う?(笑)
あの揺らがない強さと才能にライバルを強烈に感じてしまうことが悔しいw

もし同じ時代に生きてたなら
稲子とかにちょっかい出して
引き剥がしたいわ~♪

まあ、嫉妬ですね~(笑)
はあ~、参った、参った、降参の一手だなあ~♪
  1. 2015/04/10(金) 05:45:33 |
  2. URL |
  3. 小奈鳩ユウ #0TSJikig
  4. [ 編集 ]

ユウさん、こんにちは。

台詞が入った歌、っていいですよね~。
丁寧語にくせがあってね、
真っ暗闇じゃござんせんか、とか、
やっぱり古い人間でござんしょうかねぇ、とか、
凄みがあるわ~。
ばか丁寧に、お命頂戴いたします、とかね~、
恐い恐いww。

>朔太郎のA級は……ちょっとムカつきますよね?
中也なんかは、若さにまかせた小恥ずかしいところがね~。
>違う?(笑)
ん~、でも、だめだめチームの中では最強だからw。
裸の王様的に、そう思わされているだけかも知れないけど。
でも、春が来るたびに「陽春」のような一日があって、
ごむ輪のくるまにのつて來る/ゆくゆく車輪がさかさにまわり
/しだいに梶棒が地面をはなれ出し
/とんでもない時に春がまつしろの欠伸をする
やっぱりお見事だな~、と思うのです。
あんな明るくて長閑な光景を描いても、さすがだな~。

>もし同じ時代に生きてたなら
>稲子とかにちょっかい出して
>引き剥がしたいわ~♪
それは、朔太郎の計算通り、
朔太郎は寝取られるのが好きな変態なので、
思うツボです♪
いろんな意味で無敵だなww、参った、降参。
  1. 2015/04/10(金) 20:29:58 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/890-947d872c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)