馬鹿の世界の点景になりたい。

qinggengcai

デザイン


鋭角的に見せることや、
威圧感を装うことは、
鈍くて、軽い扱いを受ける、
そんなクルマに対して求められる。

軽自動車だけど、軽自動車に見えない、
そんなデザインを施されているのが軽自動車で、
しかし、そのデザインが軽自動車を、
さらに軽自動車に見せている。

自己を隠蔽するために、
意図的に装いを変える、
そんな営為をデザインと呼ぶのなら、
ミニのデザインは最悪だ。

    rover_mini_150105b.jpg

ミニは、なにもデザインされていない。







  1. 2015年01月25日 13:36 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

コメント

ってことは、ミニは軽自動車のデザインのあり方としては

de-sein
(否-存在)

で、あるわけか…。
英語とドイツ語を音だけで混ぜてダジャレw

なんというか重量感をほとんど感じないデザインですよね、軽みというか。誰の作か忘れましたが、歌人の俵万智を詠んだ句を思い出しました♪
『川柳の捨てた軽みを俵万智』

今の軽自動車界に俵万智はいないのかな?
じゃあ誰がいるんだ?と言われれば…
車も短歌もサッパリ分からないw

ですが、こないだ、一人乗り(?)のEV車を見掛けました。軽みを感じるデザインでした♪
ミニに通じているような……どうだろう…。

ミニ(32)-短歌(31)=一人乗り(1)
という分かりづらい算数のシャレでした~w

  1. 2015/01/25(日) 20:12:02 |
  2. URL |
  3. 小奈鳩ユウ #0TSJikig
  4. [ 編集 ]

ユウさん、こんにちは。

はい、軽いです。
うちのミニの乾燥重量は740kg、
軽自動車より軽いです。
しかし、1271cc、軽自動車の倍の排気量、
de-seinですね~!

ミニをモビルスーツとすれば、
僕が身にまとえば、主体である僕の変化を引き起こします。
ペルソナですね~、仮面とか仮装とかと同じです。
だったら、自己を隠蔽するために、
意図的に装いを変えているようなクルマは避けたほうがいい、
なんてことを考えてます。

かわいくも、かっこよくも見せる必要のないクルマが、
かわいくて、かっこいい!
このクルマには色もいらない。
生成りの白でじゅうぶんです。
  1. 2015/01/25(日) 21:23:43 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

デザイン最高

ミニはFF2BOXの元祖で、最初から完成された素晴らしい車だとおもいます。
後に多くのメーカーがミニを参考してFF2BOXがコンパクトカーの世界標準になりましたね。
RRの庶民の車はフィアット500やビートルでしたが、現代に復活したフィアット500やビートルはFFに変更されたから、やっぱりFFが正解なんですね。
ミニのデザインが素晴らしいから現代でもカッコイイままですね。
現代の車は至れり尽くせりで高性能ですが、乗る人間は退化する一方だと思っています。
難しい事は分かりませんが、ミニは最高にカッコイイ庶民の車だと思っています!
  1. 2015/01/25(日) 23:16:32 |
  2. URL |
  3. ビーカブ #-
  4. [ 編集 ]

ビーカブさん、こんにちは。

ミニのデザインは、設計者のアレック・イシゴニスのスケッチをそのまんま採用したので、
見映えをよくするようなデザイナーっぽい仕事が入っていないのです。
外板の継ぎ目とか、ブリキのおもちゃと同じ作り方でw。
そういう意味でも、デザインされていないクルマですなぁ。

競合車種は、ビートル、チンク、シトロエン2CV、ルノー・キャトル、
どれも庶民の車でしたけど、すんごい個性を放ってます。
コモディティ化が進んだ現代から見れば、
個性なんてのは、出来損ないの証拠なのでしょうけど。

負けてるし、劣っているし、面倒くさいし、
それでもビーカブさんはビートルを、僕はミニを選び、
それは、きっと、道具の選び方ではなくて、
例えば、友人や恋人や飼い犬や、
そんな心が通うものの選び方だったのでしょう。
それにしても、1962年のビートル・カブリオレなんて、
ビーカブさん、道楽が過ぎますよ~!w
僕の生まれる前のクルマですよ、ご無体なw。
エンジン換装の走行2万kmとは、お戯れをw。
  1. 2015/01/26(月) 20:52:42 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/860-ae38e60a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)