馬鹿の世界の点景になりたい。

qinggengcai

8 Qualities Of An Actual Nice Guy 6/8


実際にいい男の8つの本質、
その6、
He’s empathetic
… even if he can’t understand it all.

  彼は、共感してくれる。
  … すべては理解できなくても。

A nice guy will be the first to admit
he doesn’t know everything about women,
but that doesn’t mean
he can’t be empathetic towards them.

  いい男は 女についてのすべてを知らないことを認めている。
  しかし、それは彼が共感できないことを意味しない。

Just because he doesn’t have the same struggles or fight
the same battles doesn’t mean they are less important.
He feels for women, the same way women can feel for men.

  彼が同じ闘いの場に立てないのは、
  あまり重要なことではない。
  彼は、女が男について共感できるのと同様に、
  女について共感してくれる。



理解できないことを知った上で、
つまり、分からないことも含めて共感してくれる。
ただし、分からないことに話を合わせれば、
下心があると判断されてしまう。

まるで禅問答だが、
いい男が感じているその共感は、
女に向けて表して、
共感と認めてもらうことで共感になる。

結局、男が女に共感するかどうかでは決まらない。
女が、男の共感に、共感できるかどうかでいい男が決まる。
いい男かどうかは、女の側の主観に、
不確かな気まぐれに係っている。

それについて不平を言うつもりはない。
恋愛に絡めていい男を語るのなら、
むしろ、主観で決定してほしい。
自分がいいと思う男がいい男、と言い切ってほしい。

いくら条件に沿う男だったとしても、
その男は、好き嫌いの埒外にいる。

    150115a.jpg







  1. 2015年01月15日 19:06 |
  2. 恋愛
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

コメント

青梗菜さん、こんばんは!!^^

考えでなく感じるほうの共感の場合、それが理屈や理解(?)で分からなくても、共感できるかもと、今頃思いました。^^;

>女が、男の共感に、共感できるかどうかでいい男が決まる。
女性が言ってくれないと「いい男」には成れないのだと感じました。でも、結婚の対象に成るとは限らないみたいなところが、「いい女」とちょっと違う気がしました。m(__)m
  1. 2015/01/15(木) 22:34:21 |
  2. URL |
  3. くわがたお #-
  4. [ 編集 ]

がたおさん、こんにちは。

好き嫌いは、理屈ではないですよね~!
感情が先、理屈は後でこねましょう。
いい女でなくても、いい男の条件は語れます。
自分に過失があっても、相手の過失を責めていい。
自分を棚に上げないと、
条件を8つも列挙することはできませんw。
  1. 2015/01/15(木) 22:51:50 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

おっ
無茶振り来ましたねー。
そして本音っぽいですね。
すべてを理解できなくても共感してくれる。
つべこべ自分の理解のために質問とかしないで、
ただ「共感」してくれる。
気安く「わかるよー」とか言ってほしくない。
でも「共感」してくれる。
あなたの判断や評価はいらない
「共感」してほしい。

いいですね。
もっとわがまま展開を希望です。
  1. 2015/01/15(木) 22:57:35 |
  2. URL |
  3. Sima #-
  4. [ 編集 ]

Simaさん、こんにちは。

半笑いで書いてて、
指摘されたら、舌を出して笑ってる、
そんなのならいいのですけどね~。
きっと、書き手は切実に書いてますよね~。

まじめな人には、まじめに返しますから、
安易な共感も、からかうこともないけれど、
そうか~、判断や評価はいらないのか~w。
いい男は無理だな~、おれwww。
  1. 2015/01/16(金) 12:11:07 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/856-80fa0d25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)