馬鹿の世界の点景になりたい。

qinggengcai

優しさ、雑感 4/4


優しさについて、
とりとめもなく書き連ねている。

たぶん、僕だって、優しさがどのようなものかは、
おぼろげながら知っている。
おそらく、世の中的な優しさと、
僕の思う優しさは、大きくは違わない。
基本的な枠組みは合っている。



優しさは、コンビニエンスな言葉だから、
使い倒されていくうちに汚されて、
価値がすり減ってしまいそうになるけれど、
常に高い格付けを維持していて、
その安定感は半端ない。

きっと、今日も誰かの優しさが、
優しさの価値を引き上げている。



誰もが知っているような詩を俎上に載せて、
書き手の僕の、ひねくれた考えや想いを、
読み手によみがえらせることは、
たいていは、失敗することが運命づけられている。

それでも、多少なりとも伝えることができたのは、
優しさが、広い射程を持っていて、
うまく語り得ないことだったからだろう。



きっと、優しさは、
僕のひねくれた考えや想いまでも、
その射程に収めている。

そして、うまく語り得ない対象を、
みんなで大きくは違わずにやりとりしている不思議、
それを問題とするかどうか、それが問題になるのだろう。
問題は、問題を問題と思えるかどうかにかかっている。



優しさを、優しさと思えるかどうか、
それが優しさの問題だ。
優しくない人にとっては、問題にもならない。

問題は、優しさから引き起こされた行動が、
正しいかどうかではない。
そんなものは最初から、確かめるすべなんてない。
結果は、優しさの与り知らないところにある。



優しい人にとっては、
この世界は優しい。

優しさは、優しくなければ見過ごしてしまう優しさを、
拾い上げる感性だ。
優しい人には、この世界が、
僕とは違って見えるのだろう。
優しい人は、優しい世界で生きている。



そして、僕が、鈍くて、ぼんやりしていても、
その間にも誰かの優しさが、
僕に気づかれないうちに僕に届けられているのなら、
優しくない人にとっても、
やはり、この世界は優しい。

そう結論づけたくて、矛盾と不合理が詰め合わさった、
この世界を見渡してみる。

    141202b.jpg

そして、また宙に吊るされて、
結論には至らない。







  1. 2014年12月02日 22:03 |
  2. 優しさ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:17

コメント

おそらく、究極的なところでは、人はみんな優しい、それが僕の結論。
日常では、ワガママ言う人も、人は究極的なところでは、つながらないと生きていけないことを知っているから、助け合い、譲り合いするものだと思う。
人間と言う種族が、天災、戦争などの人災をくぐり抜けてこれまで生きながらえてきたのも、結局、どこかでエゴを捨て、助けあってきたからと思える。
人は本来優しいし、人が助け合い生きてゆく世界は、美しいと思う。
美しく歳を重ねていきたい。
それが僕の結論だな。
  1. 2014/12/02(火) 23:04:50 |
  2. URL |
  3. oki #-
  4. [ 編集 ]

okiさん、こんにちは。

人はみんな優しい、としても、
僕が実際にそう感じていないから、
僕は宙吊りなのですよ~w。
まあ、できないことをやろうとしても仕方がないw。

分からないことがあって、
考えても分からないときは、
分からない、と言ってしまうのが僕の結論です。
次で完結、あと1回、おつきあいを。
  1. 2014/12/02(火) 23:36:40 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

>この世界を見渡してみる。

見渡したら泣きそうになった…。
あ、でも、青梗菜さんはやっぱり宙ぶらりんなのですねw

ほんと、「優しい」が何なのか、さっぱり分からない。
多分…過去に感情を扱った哲学者のうち、「優しさ」を取り上げたヤツは一人もいないのじゃないか…と思います。(いたらごめんなさーい♪)
でも、理屈をコネコネしなくても私達は「優しさ」をぼんやりと何となく、それでいて確実に知っていて…それを行い、また受けた時に起こる
心の通じる気持ち良さを知っていて…。

なんか、いろいろと考えさせられたなあ。もっといろんな人に生き物に物に世界に優しくしたい…そんな気持ちになります。今日は大嫌いな人に優しくしてみましたw 泣きそうになりましたw そのあとはナゼか気分がいい。
とにかく、文字通り途轍もなく、良い記事だったなあと思います。
あと一回かあ…。
  1. 2014/12/03(水) 00:55:01 |
  2. URL |
  3. 小奈鳩ユウ #0TSJikig
  4. [ 編集 ]

あと1回、って言われると・・・
さみしい~っ!!!

優しさとか、正しさとか、
ふつうこうでしょう、のふつうとか、
基本的な枠組みはみんな一致しているはずだけど、
うまくいかないのはなんででしょうね~。
自分のこととなると、
客観的になれないのかな。
感情のせいかな。
  1. 2014/12/03(水) 02:18:07 |
  2. URL |
  3. プラトニックまいまい #-
  4. [ 編集 ]

優しい人にとっては、
この世界は優しい。

おかしいな。私は世界の優しさを実感できない。
自己評価なら、天井知らずで上がって行くのに。
優しい人たちに囲まれて、自分の冷たさばかりが際立ちます。

そう結論づけたくて、

ああ、すごくわかる!w
行動したくて、それでも何もできない私は、
青梗菜さんが最終的にどう結論づけるのか、
楽しみで、少し怖いですw。
  1. 2014/12/03(水) 22:11:02 |
  2. URL |
  3. ふふ #-
  4. [ 編集 ]

おかしいな、4/4だから、これがまとめかと思って、こちらもまとめらしいものを書いたのに。
明日は木曜日だけど、瀧野さんのブログ更新はないのね〜なんか淋しく思える自分がいる。
必要とされていない人など世の中に一人もいないと思う。
皆、何かの役割を果たして生きている。
  1. 2014/12/03(水) 23:06:08 |
  2. URL |
  3. oki #-
  4. [ 編集 ]

ユウさん、こんにちは。

優しさに包まれている、
確かに、そう思えるのですが、
でも、この世界を見渡してみたら、
矛盾と不合理だらけで少しも優しくなくて、
優しさは、なんというか、
僕にはコンテンツが伴わない、不一致なメッセージで、
それは、僕が優しくないからなのだろう、
なんて、思い込めばすむことかな~、などと、
そんなふうに落とし込むこともできるけど、
それはそれで、なんだかいい人ぶっていて、
嘘っぽくてね~w。

優しさは、誰かとの関わりで生まれ、
つまり、誰かによって僕にもたらされますから、
優しい人のほうが、なんらかの責務は増えていくわけで、
極端な話、南に行きそびれたツバメになって、
それでも、ツバメは幸せだったと、
誰がそんなことを言えるのかな~w。

ですよね~、誰かに優しくできたときには気分がいい。
それは、無償を装った自己充足ではないか、
つまりは、自己満足、ってのが問われるけど、
誰がそんなことを言えるのかな~w。
優しくできないよりは、よっぽどいいですよっ。

そういえば、そうですね~、
優しさ、って哲学では扱わない。
優しさを、同情から惹起される利他的な行動、
なんてことにすると、
ニーチェからは、ユダヤ教的なルサンチマンの産物になります。
でも、それが正解だとしても、
僕は愚考が好きなのでwww。
  1. 2014/12/04(木) 18:15:58 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

まいまいさん、こんにちは。

まいまいさんが、誰かと話していて、
かみ合わない、と感じたら、
その誰かは、その問題について、危機感を持ったことがない、
そう思ったほうがいいのかもしれません。

優しさとか、正しさとか、ふつうとか、
何も問題がなければ、世の中に迎合していられるけど、
問題が生ずれば、世の中は、強いですから、
やはり、自分を疑わざるを得ません。

矛盾と不合理が詰め合わさった、
そんな世の中にいて、つじつまを合わせようとするなら、
答なんか出るわけがないっ。
ぐるぐるしているまいまいさんが、好きですよっ!

考えた形跡がある人なら、まいまいさんのぐるぐるに、
表現をぴったり一致させてきます。
そして、そこで語られる言葉は、
多くの人に通じる言葉ではありませんよねっ!
  1. 2014/12/04(木) 18:16:53 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

ふふさん、こんにちは。

>おかしいな。私は世界の優しさを実感できない。
>自己評価なら、天井知らずで上がって行くのに。
>優しい人たちに囲まれて、自分の冷たさばかりが際立ちます。
そこは誰にとっても気持ちが悪いところで。
自己評価が高い、という認識は、
自分は優しい、という自己評価を下げますw。

つまり、自分を優しくないと思っても、
優しくないと思う自分を、どこかで優しいと評価します。
自分を優しいと思える図々しさは、
優しくないと思うのならねw。

自分の優しさを疑わないような、
優しさを押しつけてくるような、
そんな臆面のなさに比べたら、
自分を優しくないと評価する人のほうが優しいのでしょうが、
ちょっとずるい気もするのですよね~。
  1. 2014/12/04(木) 18:17:35 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

okiさん、こんにちは。

>必要とされていない人など世の中に一人もいないと思う。
>皆、何かの役割を果たして生きている。
はい、そう思います。
そして、それが正しいかどうかは、
実は、僕には関心が薄くて、
問題は、皆がそう感じて生きているわけではないということ、
ってことに移ります。
実感しなければ、理屈は負けるのです。
僕が感じたことは、
世の中のどんな理屈よりも正しかったりしますからw。
  1. 2014/12/04(木) 18:18:12 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

なるほど、青梗菜さんがよく言っているように自分の世界は半径5m(3m?w)なわけで、顔も名前も知らない地球の裏側の何億が「優しく」ても自分に関わりがなければ世界は「優しく」ない。

okiさんの考えは至高の視点…理想といってもいいかな。人間であるうちに感じる理想だけど、人間である限り固定された到達をすることは出来ない考えなのかな~と思いました。私などは日常に極まれに「優しい」ことがあったとしても、すぐに「ぶっ壊れろ、地球…」「もう…死のう…」になってしまうからなあw

まいまいさんの言う
>自分のこととなると…

そうですよね~w。あまりにも「優しい」をしてしまうと、相手にこちらの存在を軽んじられてしまう危険があって、相手は
「あいつは言うことを何でも聞く、まったく怒らない」などと考えるようになることもある。
相手から軽んじられれば、その相手を(依存が残ったとしても)尊敬出来なくなってしまう。注いだ「優しさ」はそれ以外のものになってしまう。
「優しさ」が相手をごう慢にすることもある。その反応から自分は相手の評価を下げるという、ごう慢を行う。
そんなことにならないように、うまく仲良くしたい、良く思われたい…そういう思いからバランスを取ろうとしてお互いに神経をすり減らし、仲悪くなるw
優しくない方がうまいこともあり、
うまくいかないですね…w

ふふさん、はじめまして♪
ふふさんの言う
>わたしの冷たさばかりが…

これって「自分が思っている自分」と「他者が思っている自分」の違いもありますよね。
他人に「優しい」と言われ続けると、自分はひょっとして「優しい」のかな…と思えてくる。
私は自分のことを「弱い」と思っていて、それを「優しい」と言われる時もあり、この時、私は自分のことを「優しくない」と思ったりします。かなり昔、親友の相談にのっていてアドバイスらしきものをしたら「オレはお前みたいに強くない」と言われてスゴくショックを受けました。この「弱い」という自己評価が「強い」を求めて動いている可能性を知らされました。「冷たい」という自己評価はきっと「優しくする」ことを求めて動いていると思いますよ♪
(*´∇`*)ちなみに親友とは、その十数後、断絶(笑)


青梗菜さ~ん、皆さんのコメントにも考えさせられるのですよ♪ 反応したいっ。
なので、スレ主のように長々と失礼っw

私の感じたこと。
人は、人に「優しく」する機会を与えられるときがあって、ただもう、それに自分の都合で反応するしか
手はないw
  1. 2014/12/04(木) 21:57:22 |
  2. URL |
  3. 小奈鳩ユウ #0TSJikig
  4. [ 編集 ]

ユウさん、こんにちは。

ですね~、僕は半径5mなのですよ~。
だから、例えば、優しさとは何か、人は優しいか、
そんなのは、問いとしても浮かばなくて、
どうすんのよ、おれ、みたいな、
せこいことしか考えられませんw。
okiさんのような観点には立てないけれど、
細かくて、けちくさいことでは負けませんからっ!

いや~、ユウさん、
恐いもの知らずですね~っ!
まいまいさんも、ふふさんも、手ごわいですよ~w。
ふたりとも、そのあたりは何度も考え済みで、
でも、気が向いたら、優しく返信をくれたりします。
適当にあしらわれてくださいっ!w
  1. 2014/12/05(金) 14:13:31 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

人様のお庭で普通は書きませんな…こんなこと…υ
青梗菜さんには、ご迷惑をおかけしておりますw

いや、スルーで全然大丈夫です(笑)
これは…そう、リスクってやつですね♪

世の中、生きづれえですな~(笑)
  1. 2014/12/05(金) 20:07:47 |
  2. URL |
  3. 小奈鳩ユウ #0TSJikig
  4. [ 編集 ]

小奈鳩ユウさん、どうもです!

他人からの評価と、自己評価が異なると感じた場合、
私は迷うことなく自己評価を信じると思います。
その辺が、「冷たい」んだろうなあ、と。
親友との断絶w。なんだか、ロクでもない記憶が蘇ります。
すきな人間は、つい甘やかしてしまうので、
結局依存されて面倒になって、あっさり手を離す。
甘さと優しさは、また違うんでしょうけど、
優しくする方法が、わかんない!w
ひとりで立てない奴は、糞喰らえっ!です。

あ、青梗菜さん、ひとんちの庭で、汚い言葉を吐いて、
ごめんなさいっ。
  1. 2014/12/05(金) 21:31:45 |
  2. URL |
  3. ふふ #-
  4. [ 編集 ]

ふふさん、こんにちは。

ん~?
>あ、青梗菜さん、ひとんちの庭で、汚い言葉を吐いて、
>ごめんなさいっ。
って思ったなら、
入力するよりBackspaceのほうが簡単だわなぁw。

ありがとっ、優しいなぁ。
  1. 2014/12/05(金) 21:47:22 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

ユウさん、こんにちは^^

優しさと、軽んじられる、の関係は、
ぐるぐるポイント満載ですよね~。
私は、軽んじられたと感じたら、1ぐったりで、
5ぐったりくらい溜まったら、
もう、その人とは無理だな、って思います。
イヤなものはイヤと感じることを、許すことにした、というか。

そんな自分を、ごう慢だと思うことは、やめましたよ!
もしくは、ごう慢で結構、と思うんです。
もう、いいよ。すり減り禁止でw
そう気をつけてても、すり減ってしまうのですから。

あ~、親友との断絶ねw
私もふふさん同様、ロクでもないことを思い出しましたよっ
あるある~^^

青梗菜さん、
なんですかっ!恐いもの知らずて!
こんな、ピュアたちをつかまえてwww
  1. 2014/12/06(土) 00:48:36 |
  2. URL |
  3. プラトニックまいまい #-
  4. [ 編集 ]

まいまいさん、こんにちは。

もう掘り下がったテーマですから、
説明もこなれてるなぁw。
うん、ピュアです、認めますよっ。
ピュアをこじらせてるのではないかと思えるくらいに、
ピュアですw。

気配りも行き届いてるわ~、優しいなぁ。
  1. 2014/12/06(土) 10:24:33 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/841-68642d58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)