馬鹿の世界の点景になりたい。

qinggengcai

人によって態度を変えること 2/2


人によって態度を変えることは当りまえで、
とりわけ自分勝手ではないはずだ。
さらに言えば、むしろ、
人によって態度は変えられなければならない。

自己中も、悪い意味ばかりではない。
自分が変われば世界が変わる、
そんなよくあるもの謂いも、
実は、自己中な考え方だろう。

きまじめな人には、きまじめに対する、
適当な人には、適当に返す、
優しい人には、優しく向き合う、
そんな態度なら、自分勝手の対極にあると言っていい。

そんなふうに同位性を探るなら、
弱い人には弱く、
強い人には強く接するはずだが、
ここが逆になる人がいるから困る。

では、僕が気に入らないのは、
態度を変えることではなく、態度の変え方だと気づく。
それを評価しても始まらない。
そんな態度の変え方を、自明とする世界があると知るだけでいい。


類友 ―― 類は友を呼ぶ。
優しい人には、優しい人が集まるが、
考えてみれば、そんな都合のいい話はない。
類友の理由は、優しい人には、人が優しく向き合うから。

では、優しい人とは、
僕の優しさを引き出してくれる人、
僕が優しくなれる人。
僕が優しくなったところで、たかが知れているとしても。







  1. 2014年09月22日 21:52 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

コメント

人によって態度を変えることは、わたしもあります。
そういっても、あまり変わるほうではないですね。
もともと、我が強いほうなので。

会社勤めのとき、嫌いだったのが、酒の席で仕事の話をする上司です。
どうしてスイッチを切り替えられないのかな、と思っていました。

ブログを書いていると、「これ青梗菜さんが書いてなかったっけ?」となるんです、困った。
文章フェチは、かぶるのかな?
  1. 2014/09/23(火) 13:10:18 |
  2. URL |
  3. 瀧野信一 #-
  4. [ 編集 ]

青梗菜さん、こんにちは!!^^

私が中学生の頃の話で恐縮ですが、、父の、そとづらとうちづら(?)の違うところが気に食わなかった。今じゃ父以上の内弁慶であるわたくしでございます。^^;

この問題を私がどうやってかわし(?)ているかというと、心理学へんの本で多分読んだ、役割を演じていると思うことによってであります。^^;

今私が一番気に食わないのは、、私に対してなめた口を利く職場の後輩です。(同僚に対しては利かないように見える。)なめられるようなことばかりしてるから、という認識が私にはありますが、感情も持っているので。^^;アセガオ バカリ
  1. 2014/09/23(火) 13:38:05 |
  2. URL |
  3. くわがたお #-
  4. [ 編集 ]

瀧野さん、こんにちは。

そうそう、あからさまには変わらない、
そのほうが信用できます。
作ってられませんよね、いちいち。
何につけても、面倒くささが先に立ちます。
男でも、女でも、子どもを相手にしても、
店員でも、もう二度と会うことがないと思われる人に対しても。
きっと、なけなしの変化なのでしょう、
気をつかって変えているつもりでもw。

>文章フェチは、かぶるのかな?
10年もお互いが書いたものを読み合っていると、
むべなるかな、さもありなん。
  1. 2014/09/23(火) 19:14:08 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

がたおさん、こんにちは。

内でも外でも、無口で、ぼさっ、としているので、
僕は変わりようがないかなw。
この頃は、もう、腹も立たないですわ~。
何を演じても、変わり映えしないんだろうな~。
寂しいなぁ、いずこも同じ秋の夕暮れ。
  1. 2014/09/23(火) 19:15:02 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

優しい人か。
僕にとって、それは、障がい者にも、差別区別なく接してくれる人。
僕も、精神障がい者と言えるし。
今は、鬱なんてお気軽になって、プチウツなんて言葉もあるけど、昔は怠け者の病と思われていた。
精神科医の、辛かったろうね、の一言が僕を救ってくれた。
あの人との出会いがなければ、僕はとっくに死んでいた。
今日、岡本太郎美術館で、アール ブリュット、所謂、知的障がい者たちの作品を観てきましたが、映像で、彼等の制作風景をみていると、本当、顔が良いんだよね。
こちらも優しい気持ちになれる。
まだまだ障がい者にとって暮らしにくい世の中だけど、結局人は助け合うものだと思う。
  1. 2014/09/23(火) 21:46:52 |
  2. URL |
  3. oki #-
  4. [ 編集 ]

okiさん、こんにちは。

人の気持ちが分かる人なんだろうな、
同位性を探れる人は。
でも、弱者に強く当たる人たちが確かにいて、
勝ち負けと損得で生きています。
僕も人の気持ちが分からないし、
気がつけば損得に振れていて、
反省しきり、でも、その場だけで。
薄汚れた世の中に染まることができず、
かといって、きれいなままでもいられません。

アール・ブリュットは僕も好きで、
カレンダーは毎年、作業所で刷った木版画です。
  1. 2014/09/23(火) 22:51:24 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

しかし、事情により、精神科医を変えることに。
今の墨岡さん←今までかかっていた先生、は忙しすぎる為か、あまりに、紋切り型の対応しかしてくれなくなり、クリニックの入り口には警備員が立つものものしさ。
人も変わるんだな、あの頃の優しさはなくなった。
墨岡さんは詩人でもあったのに。
今度は横浜まで行くけど、きちんと話を聞いて、本なんかを紹介してくれる先生。
僕には、自閉症スペクトラムの疑いがあると。
まあ、医者を変えると、精神科の場合、自立支援と言って、医療費が1割負担ですむ制度があるんだけど、その申請に役所に行ったり面倒。
自立支援なんて、誰が考えたのかい。
  1. 2014/09/26(金) 22:18:06 |
  2. URL |
  3. oki #-
  4. [ 編集 ]

優という字は
優れている
そして優しいとも読むんだな~
鉄矢が言ってましたw

心理学的にいろいろあるのでしょう。陰性転移とか。前に誰かにやられてるんですよ。自分の優しさを踏みにじられているのですよ~。だから、今度は他の誰かの優しさを踏みにじってやるのですっ。廻り廻って、また踏みにじられる。

私は、なるべく私で止めるようにしてます。ストレスですw
ストレスの因子って英語だとエージェントっていうんですね。まさに彼らはエージェント。
007気分でやり過ごすのが楽しいと思います♪

彼らから情報(優しさ)を引き出す任務だ…とかw

アール・ブリュット、私も好きです♪
ヘンリー・ダーガーが特に。人には言えませんが(笑)
  1. 2014/09/26(金) 22:22:21 |
  2. URL |
  3. 小奈鳩ユウ #0TSJikig
  4. [ 編集 ]

okiさん、こんにちは。

心を亡くすと書いて、
なんて鉄矢的もの謂いはしたくないのですけどw、
忙しいとは、そういうことなのでしょう。
身をゆだねる多忙があるのは救いで、
吉野弘が書いてました、多忙は神様だ!
  1. 2014/09/27(土) 15:00:41 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

ユウさん、こんにちは。

鉄矢は何につけても下世話に変質させますよね。
人を憂うことができる人を、あ、もうやめますw。

踏みにじられて完成、なのかもしれませんよ、優しさは。
強さも、優しさも、もの分かりのよさも、
耐えることなんだな~、悲しいことに。
  1. 2014/09/27(土) 15:02:55 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

つい、強いと感じた人に対しては強い態度に出てしまいます。
でも、私が強いと感じただけで、実はそうではない可能性もあるんですよね。
きっと、私はたくさんの本当は弱い人を傷つけてきたんだろうなあ。
優しくしてもらいたいんで、これからは人に優しくしていこうと思います。
小心者なんで、突然優しくされるとびっくりして挙動不審になっちゃうんですけどね……

勝手にリンクを張らせていただきました。事後報告で申し訳ございません。
  1. 2014/09/27(土) 23:35:36 |
  2. URL |
  3. ふふ #-
  4. [ 編集 ]

ふふさん、こんにちは。

さかのぼって読ませてもらってます、やっぱり巧いっ!
そして、ニートやコーヒールンバの率直さ!
なにが作用したのか、「哲学」だったブログ村のカテを、
ふふさんと同じ「ダメ人間」に変えましたよ~。

リンク、ありがとうございます。
もちろん、こちらからも、
どうか幾久しく、どうかよしなに!
  1. 2014/09/28(日) 15:19:25 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/821-f5ffe2d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)