馬鹿の世界の点景になりたい。

qinggengcai

アンパンマンのマーチ


    ……
    ときは はやく すぎる
    ひかる ほしは きえる
    だから きみは いくんだ ほほえんで
    ……

接続詞は、「だけど」ではなく、
「だから」で切り結ぶ。
それだけで、底が深くなる。

諸行無常、
だから、微笑む。



    ……
    なんの ために うまれて
    なにを して いきるのか
    ……

なんて途方もない問いだろう。

幼いうちから、人は生命から滑り降りる。
自分の足で歩くとき、
なんのために、なにをして、
そんな価値へと駆け上る。

その価値観は、生命を取り込んでしまう。
生命を基にして成り立っているにもかかわらず、
逆に、生命が価値観に所有されてしまう。
所有により、生命の価値が抜け落ちる。
生命の所有は、その放棄、
―― 自殺をも可能にしてしまうのだ。

生きている価値がない、
誰でも、かつて一度くらいは、
自分をそんなふうに思っただろう。
しかし、そのときの、その価値観は、
生命を基に成立しているはずだ。

人は、譲れない価値を守るために、
生命を賭けることができる。
しかし、生命を賭して守るべきもの、
その対象への価値は生命が作り出している。

生命を所有しているのは、
人だけなのかもしれない。
生かされている、
そんなもの言いもしたくはないが。



40億年前、最初の生命が誕生した。
僕の生命は、その直系卑属に当たる。
その間、生命は、
一瞬も途切れることなく僕に受け継がれてきた。

どれだけの生命が奪われたのだろう。
どれだけの愛情が注がれたのだろう。
僕のDNAの塩基の並びには、
どんな思いが刻まれているのだろう。
僕が、今、ここにいる、
ただそれだけのために。



    ……
    いまを いきる ことで
    あつい こころ もえる
    だから きみは いくんだ ほほえんで
    ……

君の目に、僕が映っている。
君も、僕も、同じ生命を継いできて、
今、同じ時を生きている。

君は、たくさんのことを教えてくれる。
僕を、ありていに映し出す。
君は、言葉の厳格な意味において無垢だから。



    そうだ うれしいんだ いきる よろこび
    たとえ むねの きずが いたんでも

    なんの ために うまれて
    なにを して いきるのか
    こたえられないなんて
    そんなのは いやだ!
    いまを いきる ことで
    あつい こころ もえる
    だから きみは いくんだ ほほえんで

    そうだ うれしいんだ いきる よろこび
    たとえ むねの きずが いたんでも
    ああ アンパンマン やさしい きみは
    いけ! みんなの ゆめ まもるため

    なにが きみの しあわせ
    なにを して よろこぶ
    わからないまま おわる
    そんなのは いやだ!
    わすれないで ゆめを
    こぼさないで なみだ
    だから きみは とぶんだ どこまでも

    そうだ おそれないで みんなの ために
    あいと ゆうきだけが ともだちさ
    ああ アンパンマン やさしい きみは
    いけ! みんなの ゆめ まもるため

    ときは はやく すぎる
    ひかる ほしは きえる
    だから きみは いくんだ ほほえんで

    そうだ うれしいんだ いきる よろこび
    たとえ どんな てきが あいてでも
    ああ アンパンマン やさしい きみは
    いけ! みんなの ゆめ まもるため

    ―― 『アンパンマンのマーチ』
       /やなせたかし作詞、三木たかし作曲

    接続詞は、「だけど」ではなく、「だから」で切り結ぶ。それだけで、底が深くなる。諸行無常、だから、微笑む。







にほんブログ村
  1. 2014年08月10日 21:15 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

コメント

イエスに声を掛けられたぺテロは
やりかけの事も
持っていた物も捨て置いて
そのままついていった。

なのに
ぺテロは三度もイエスを否定した。
その時、ぺテロは自分の命が掛かっていた。処刑されるという危機。

イエスの復活のあと
ぺテロは命をなくすことをいとわず
イエスの教えを広め伝えた。
そして処刑される。

この変わりかた。
命の本質を知ったとしか思えない。
(これをどう取るかで復活の意味が違ってくるw)

猫は明日が来ることを知らないのかもしれないけど、
人は明日が来ないかも知れないことを知っている。
そしてシが明日のためにあることを知っている。知ることが出来る。

鳩の首を食いちぎって私に見せに来た野良猫に言ったことがありますw
「食べもしないのにコロすなよ~」
猫は鳴いた。とてつもなくカワイイ声で。
「にゃあああん♪」
ぼとりと落ちる鳩の首。

アンパンマンを
食べもしないのにコロすものは
アンパンマンの世界にはいなくて
しかも
アンパンマンの顔はまたジャムおじさんが創る。

ジャムおじさんが亡くなったとき、
アンパンマンの本質が現れると思う。
顔のなくなったアンパンマン。
顔を食わせて回るなんてこと
しなきゃ良かった。
そんなふうに思うだろうか。
みんながカレーパンマンに集っているのを見て
怒り狂うだろうか。悲しむだろうか。笑うだろうか。
ひとりぼっちになったアンパンマン……。

そこへ不意に新しい顔が
与えられる。
誰が創ったのか。

バタコさんだ。

バタコさんはジャムおじさんの業を受け継いでいたのだ。これはジャムおじさんの業の復活と言える。

アンパンマンは何を感じたか?
アンパンマンは、もう、決して疑わないだろう。
なぜなら本当の命を知ったからだ。


こんなふうに考えるとアンパンマンにも信仰を感じますね♪
  1. 2014/08/10(日) 23:36:17 |
  2. URL |
  3. 小奈鳩ユウ #0TSJikig
  4. [ 編集 ]

そんなのはいやだ!

こえぇ歌です。
まともに聴いていられません。
ですから、とりあえず、
たかしたちが伝えたかったことを、
完全スルーしなければ、
とりあえずはいいんじゃないか、
と思います。とりあえず。


だから きみは とぶんだ どこまでも~

この部分、いいハモり方するんですよね~w
ちょっと練習しようかな。
気持ちいいだろうな。

  1. 2014/08/11(月) 10:00:31 |
  2. URL |
  3. プラトニックまいまい #-
  4. [ 編集 ]

ユウさん、こんにちは。

ぺテロは一番弟子ですからね。
途中で下げられても、最後は上げてやらないと話になりません。
逆十字で見事なオチをつけます。
でも、そんなに解かりやすい話にすると底が浅くなるから、
また混ぜっ返すのでしょう。
考えオチってやつです。

僕には、日本の神々の物語に思えてくるのですよ~。
アニミズムとは、ちょっと違う、
妖精とか精霊とか、そんなのが個々に宿るのではなくて、
分節を統治する感じ。
数量的に数え上げられない大雑把さが八百万で、
パンの分節が、イヌイットの雪のように細かいw。

マッチョな話で、
アンパンチなどの暴力による圧政が気になるところ。
日本の神話が、うっすら信仰の対象になってるあたり、
僕は日本人なんですね~。
  1. 2014/08/11(月) 11:52:40 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

まいまいさん、こんにちは。

アンパンマンは潔癖で、
正義と暴力、自己犠牲を押し出してきます。
でも、ドキンちゃんの複雑さがないから、
平板で、心がないんだな~。
アンパンマンは強くて優しいけれど、
教科書的で、松岡修造的に暑苦しいのです。


「だから」で結んだのは、
ほんとうは、な~んにも考えてなかったと思うのですよ、
やなせたかし。
問いの見かけを根源的にしておけば、
哲学的な歌だな~、なんて言ってもらえます。
でも、ほんとうは、な~んにも考えてなかったと思うのですよ、
やなせたかしw。
  1. 2014/08/11(月) 11:53:14 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/807-44370a1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)