馬鹿の世界の点景になりたい。

qinggengcai

人は互いのために生きている 4/5


「ねえ、ガブ。はじめて あった とき、
わたしが ヤギだと しってたら?」
「……くってやした。」
―― ふぶきのあした

ヤギの眼は笑っている。
水平方向に開かれた虹彩が微笑みかけている。



私は母親を食べた
そして 私の母は 私の父を食べて私を生んだ
だから 今の私は 私の父と母と
その2人が食べた沢山の命で出来ている
……

ただ私の願いは
そうやって受け継いできた 大切な私の命を
いつか生まれる私の子供に ちゃんとひきわたすこと
私の体はいつか 私の子供に食べてもらう
それまでは 絶対に死ぬことは出来ない
……

ジャック
ジャック 私の手 たべた?
ちゃんとたべてくれた?

もし これから先 あなたが
自分より相手に生きてほしいと思う人があらわれたら
誰よりも大切な人が出来たら
その人にたべてもらいなさい
おしまずその人に命をあげなさい
あなたの命はちゃんとその人に重なってゆくのよ
―― 22XX



ジャックは、少女の左手を食べることができなかった。
そして、後に、食べてやればよかったと悔いる。



しかし死の前にどうかすると病人を訪れることのある、
あの意識の鮮明な瞬間、
彼は警官のような澄んだ眼で、
私を見凝(みつ)めていった。
「何だ、お前まだいたのかい。
可哀(かわい)そうに。
俺(おれ)が死んだら、
ここを食べてもいいよ」
彼はのろのろと痩(や)せた左手を挙げ、
右手でその上膊部(じょうはくぶ)を叩(たた)いた。
―― 野火



田村は、将校の左手を食べることができなかった。
そして、後に、食べなくてよかったと省みる。



    『ふぶきのあした』/木村裕一著、あべ弘士絵、
     2002、講談社
    『22XX』/清水玲子著、
     1994、白泉社、花とゆめCOMICS
    『野火』/大岡昇平著、
     1952、新潮文庫

    ジャックは、少女の左手を食べることができなかった。そして、後に、食べてやればよかったと悔いる。田村は、将校の左手を食べることができなかった。そして、後に、食べなくてよかったと省みる。







にほんブログ村
  1. 2014年08月11日 18:33 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

コメント

以前、「あらしのよるに」のテレビアニメを見たことがあります。ある種のエロティシズムを感じましたw

山羊のメイは白くてピンクでカワイイ。それを粘った視線で舐め回す狼のガブ。ガブを信じきって無邪気に明るく笑うメイ。ヨダレを垂らしながらもメイを食べることを我慢するガブ。
ガブがメイを食べる時が来たなら、ガブは性的に興奮すると思うw

22XXの台詞にも淫靡な印象を受けます。
22XXについては、ジャックが彼女の左手を食べなくても生きられる状況下にあったのかが、分からないので何とも言えないのですが、

私は野火の根底にあるのは、医師が田村に言ったようにメシヤ・コンプレックスだと思っていて、田村には自分が神の代理として神の意志を遂行したという精神的な機構が発生していたと感じています。
永松の最後の時に田村が心を通わせた(或いは通わせたと思っている)のは神であって、田村は神を、パンとワインを飲み下した。
肉の飢えを満たすことを求めず
霊の飢えが満たされることを望んでいたのだと。田村は「夢」の中でつぶやいていますよね。
デ・プロフンディス…
われ深き淵より汝を呼べり。
腹をへらしているのに芋を呼んだりはしないw

私は…いまのところ、基本的には食べないを選ぶ。
だけども、餓死する危機の中で当人に食べても良いと言われたのなら食べる。言われなかったなら食べない。私が先にシんだなら私の肉を食べても良いと言う。
理由はいっさい分からないですけど。
強いて言うなら自他の許可かな?
体の所有権云々…というよりは、意識が宿っていた宮への敬意というか…。
対象との関係が深いほど、その対象のシ後の
「物体へと変わるスピード」が
かなり遅いこともそれぞれの判断に影響すると思います。同族というのは関係性が深いです♪

うわわ…長文だ、失礼しました。つい…(笑)

  1. 2014/08/12(火) 12:18:09 |
  2. URL |
  3. 小奈鳩ユウ #0TSJikig
  4. [ 編集 ]

ユウさん、こんにちは。

「あらしのよるに」は、恋が始まっていますからね~。
槇原敬之の「Hungry Spider」もそんなだったなぁ、
蜘蛛が蝶を好きになってしまう。
愛情を介在させて、捕食の邪魔をさせます。
「22XX」も恋愛モード、だったと思います。
食い合うことが当然とされている世界を、
ジャックは受け容れることができなかった、
食べてやればよかった、って話だったと思います。
「野火」は食い合うことを許さない世界の話で、
食べなくてよかった、ってなります。

ドキンちゃんが、飢餓の極限にあったとして、
カレーパンマンとしょくぱんまん様、
どちらを食べるかな?
腐りやすいのはカレーパンマンですけどねw。
選べる、となったときに、
どちらも選ぶことができなくて、餓死する選択が出てきそう。
選べないから食べれるのかもしれません。

あ、そうか~、
どんぶりまんトリオは少しズレているのです。
天丼を食う釜飯、釜飯を食うカツ丼、カツ丼を食う天丼、
まったくの同族どうしが食い合うわけではないので、
悲惨さが緩和されていたのですね~。

食う、食わないは、僕もユウさんと同じかな。
理由は、臓器提供の意思とほとんど同じです。
  1. 2014/08/12(火) 22:44:14 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

あ、やっぱり臓器提供のこと考えました?
私もです。

普段から臓器提供意思表示カードを持ち歩いているのですが、眼球だけは×をつけてる。ほかは全部丸投げw
理由はまったく分かりませんw

ドキンちゃんは、なんだかんだ言ってても、極限になったらカレーパンマンもしょくぱんまん様も食べてしまうと思います。ばいきんまんと一緒に♪
ドキンちゃんが拒否しても、ばいきんまんが無理矢理に食べさせるだろう。
ドキンちゃんは無意識下では、ばいきんまんを伴侶として決めているかな…と。ばいきんまんはメチャメチャご奉仕するし、科学技術においては天才ですよね♪
サバイバル生活の伴侶は、ばいきんまんで決まり!!
ああ。ばいきんまん…。恋を動機としたアンチヒーロー…。
  1. 2014/08/12(火) 23:38:32 |
  2. URL |
  3. 小奈鳩ユウ #0TSJikig
  4. [ 編集 ]

ユウさん、こんにちは。

ユウさんの目玉に対する思いは、
かなり特別だと思うw。
ばいきんまんはドキンちゃんにどきどきしないのです。
だから、強いんだな~。
  1. 2014/08/18(月) 23:00:24 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/805-c9a60d0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)