馬鹿の世界の点景になりたい。

qinggengcai

ひねくれ者


まっすぐな瞳、汚れのなさ、
それらに戸惑う僕が、
薄汚れていると言うのならそれでいい。
疑い方も知らない純真さ、
それは、僕が手放して、二度と手に入れられないもの。



ひと頃、巷間にあふれて、
使い古されて、廃れてしまった「絆」、
「産んでくれてありがとう」、
「子どもたちにごめんなさい」、
例えば、そんな流行りの台詞。

寄ってたかって、使い倒されて、
そのたびに損なわれて、見劣りさせられて。
だったら、陳腐化するのを待たずに、
僕がまっ先に見切りをつけて、
さっさと廃棄してしまいたくなる。

「絆」や、
「産んでくれてありがとう」や、
「子どもたちにごめんなさい」や、
僕はそれらの言葉が腐っていくのは見るに忍びない。
誰かに、ひねくれ者と思われたとしても。



なにかにつけて、
ありがとう、と言いたがる人たちも困る。
ありがとう、がインフレを起こしているとしか思えない。
どうなりたくて、どう思われたくて、
感謝の気持ちを目減りさせているのか。

水が凍って、結晶がどうなろうとも、
そんなことはどうでもいい。
そんなことに、ありがとう、を持ち出さないでくれ。
そんなくだらないことに関わって、
ありがとう、の価値まで下げられるのは困る。



そこそこの誠実さと優しさを備えた者が、
誠実さや優しさの意味を、
無化しようとするときは悪質だ。
シニカルを気取っているだけで、真に受けてはいけない。
僕はいつだって誠実でいたいし、優しくありたい。

どこまでも勝ち組でありたいと、
ルサンチマン的な勝利まで手に入れようとするときの、
誠実さや優しさへの懐疑は、
深刻ぶったふりをして、なんて誠実さを欠くのだろう、
なんて優しくないのだろう。







にほんブログ村
  1. 2014年07月26日 22:02 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

コメント

圧倒的な正しさが、正しいということを、
私が認めている限り、
ケンカにもならず、
だからといって、納得もできず、
私はどうやら、行き場を失っているようで、
ぐったりしている最中です。
青梗菜さんは、「ひねくれ者」と認定されることに、
抵抗や恐れはないですか?

>疑い方も知らない純真さ
すごいっ!!ぴったりの表現!!
  1. 2014/07/27(日) 03:45:37 |
  2. URL |
  3. プラトニックまいまい #-
  4. [ 編集 ]

まいまいさん、こんにちは。

なんだかね~、中途半端なんですよね~w。
今さら単純にもなれないし、なかなか複雑にも行けません。
だから馬鹿なふりをしたり、ぐるぐる考えたり。
単純さに憧れて、単純さを確立するために、
あらゆる複雑さを乗り越えてやろうとしているのかもしれません。

ひねくれ者の認定は、甘受しましょうか。
ひねくれ者のほうが、流行りの台詞の意味を捕捉できているし、
ありがとうを大切にしているし、
誠実さと優しさについて思慮をめぐらせているとしてもね。

風変わりなアンテナをとがらせていると、
余計なノイズを拾ってしまいます。
ふつうのアンテナを立てている人から、
感度が悪いと言われてもしかたがありません。
  1. 2014/07/27(日) 12:38:25 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

青梗菜さん、こんにちは!!^^

ありがとうを、文字でなく、目の前の相手に言うのは、慣れ(?)が要ると感じます。例えば自分の子にテイッシュを補充してもらった時、ありがとうでなく、サンキュと言ったりします。

「子どもたちにごめんなさい」と、「ルサンチマン的」を、ネットで検索しました。(理由:知らなかったため。)ルサンチマンのことは、さわりだけウィキペディアで読みましたが、わかったようなわからないようなわかったような・・・^^;
  1. 2014/07/27(日) 12:56:11 |
  2. URL |
  3. くわがたお #-
  4. [ 編集 ]

がたおさん、こんにちは。

誠実さも優しさも備えているくせに、
そんなものは嘘っぱち、とか、
所詮は利己的な動機に基づくもので、とか、
ふつうの価値観を否定するとか、屈折した解釈をするとか、
なんだか冷笑的なもの言いをする人がいて、
どういうわけか、そっちのほうが厳しくて知的な感じがしてしまうわけです。
逆に、誠実さとか優しさについて肯定的に書けば、
甘くてゆるくて馬鹿っぽくて、間違っているように思えてきます。

明るくて正しいことを言う人は、
どこか間違っていないと落ち着かない。
つらい思いをしていて奇妙なことを言う人のほうが、
正しいことを言いそうに思える。
そんなのもルサンチマンです。
  1. 2014/07/27(日) 20:22:32 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/795-8252aa8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)