馬鹿の世界の点景になりたい。

qinggengcai

青梗菜 ―― ペルソナ


それは、どうやら、
僕が考えたことを書き記すための、
手立てだったらしい。
象徴的な人物像 ―― 青梗菜を設定して、
彼に語らせる手法だったらしい。

青梗菜は、僕のメタにあって、
彼の名で僕に文章を書かせる。
僕は、それに応えて、
彼が喜びそうな文章を書く。
それは、おもに哲学めいたものごとに関しての。

青梗菜が僕に求めているのは、
僕の身の回り、半径5mで考えろ、
知らないことは書くな、
分かるように書け、
ということ。



僕の身の回り、せいぜい半径5m、
それを置き去りに立てた世界は、
僕にとっては嘘になる。
僕と世の中が接していないことがらについては、
僕の思索は妄想に過ぎない。

僕は、例えば、カントやニーチェを知っているが、
カントもニーチェも僕を知らないから、
どちらも僕の代わりに世の中のことを考えてはいない。
浅くても、薄っぺらでも、
僕のことは、僕が考えるほかはない。
しかし、僕の知らないことを、
どうして僕が考えることができるだろう。

分かるように説明できないということは、
分かっていないのとほとんど同じだ。
概念を、抽象から僕の身の回りの具象に落とし込んで、
分かりやすく示す、
そんなふうに簡単に見せかけるのは、
やってみると難しい。
小難しい専門用語をつないで分かったような気になるのは、
意外と簡単だ。







にほんブログ村
  1. 2014年05月17日 22:54 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

コメント

青梗菜さんの半径5メートルで考える接近戦には賛成です。
しかし、専門的なタームでなければ表象できないことがあります。
わたしは批評理論の専門書を読んでお勉強することをやめてしまうと、創作や批評の最前線から取り残されてしまう、それらがわからなくなってしまう、という危機感があります。
まあ、それはそれとして、わかりやすいものを書きたいですね。
その反対の理解不能なものを志向する気持ちも捨てずに。
  1. 2014/05/18(日) 08:09:24 |
  2. URL |
  3. 瀧野信一 #-
  4. [ 編集 ]

たいていの人は、逆に、
半径5mのことしか考えられないのだと思います。
青梗菜さんのブログを見つけた時に衝撃を受けたのは、
文章の美しさもそうですけど、
抽象的なことや、遠いことを書かれているということもあって、
それが、カッコイイと思ったのです。
嘘でも、妄想でも、それを「書ける」ってこと自体が、
とても楽しそうだし、そんなの、誰もができることじゃないし。

よくわからないことを書いてみて、
わかった気になるってことは、
青梗菜さんはないと思います。
書きながらも、これはよくわかってないんだな、って、
確認するだけなんじゃないかなぁ、なんて。
  1. 2014/05/18(日) 14:46:45 |
  2. URL |
  3. プラトニックまいまい #-
  4. [ 編集 ]

誰にでも分かるように書くことは本当に難しいことだと思います。行きすぎると何も書けなくなるかと。実際、ペルソナという言葉が外的側面を表す語だと分からない人もいる訳だし、ましてやユングなんて知らないという人もいる。
誰に向けて書くのか。何を意図しているのか。これによって言葉は選択されるのだと思います。

うーん…青梗菜さんの中で「理解」を欲する気持ちが強くなったってことなのかな?

一番伝えたいことが、一番伝わってほしい人に伝わらない…というもどかしさなのでしょうか…υ
  1. 2014/05/18(日) 17:25:07 |
  2. URL |
  3. 小奈鳩ユウ #0TSJikig
  4. [ 編集 ]

これは難しい問題ですね。
カントの場合、想像力をあえて、構想力と言いますが、普通のimagination,という概念では、すくいきれないものがあるので、そう訳すのです。
ハイデガーに至っては、存在、Sein,の優位があるので、哲学とは何か?が、
Was ist das,die Philosopie,になる、これを、哲学ーそれは何か?と訳してもハイデガーの考えは伝わらない。難しいんだけど、哲学の限界ですね。
  1. 2014/05/18(日) 21:32:20 |
  2. URL |
  3. oki #-
  4. [ 編集 ]

瀧野さん、こんにちは。

結局、どこに行っても、何をしてても、
僕の身の回りですからね。
動物園は行ってみれば解る、
恋はやってみれば解る、
行ってみろ、やってみろ、青梗菜はそう言ってるのでしょう。
頭でっかちになるよりは。
そうしないと、知ってることと知らないことが分からなくなるから。
そして、知らないことを知らないと言えるためにもね。
  1. 2014/05/19(月) 14:32:39 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

まいまいさん、こんにちは。

とにかく、起点を半径5mにしたいです。
そこを世界の入り口として、
遠くまで飛べるといいですね~。
遠くへ、もっと遠くへ、
肩の上に舞い降りた雪から、
宇宙の始まりを想うような。

わははw、まいまいさん、ほめすぎだ。
  1. 2014/05/19(月) 14:33:20 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

ユウさん、こんにちは。

その時々で想定しますよね~、
誰に向けて書くのか。
最も簡単に書けるのは、
感受性や思考が、
型通りになってしまった人たちに向けて書くときでしょうね。
僕はもう少し違う型を持っている人たちに宛てたいから、
こんな言葉を選択しました、ってことになりそうです。

いえいえ、ご心配なく。
一番伝わってほしい人には、伝わってますよ!
  1. 2014/05/19(月) 14:36:01 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

okiさん、こんにちは。

う~ん、僕には難しすぎて分からないw。
okiさんと同じ問題意識を持っているかも怪しいw。

僕は、昨日あの子が泣いてた理由や、
一昨日あいつが怒ってた理由、
そんなのがいつも気になっていて、
それを哲学とは呼ばないけれど、
そんなことからしか始められないのですね。
とほほ。
  1. 2014/05/19(月) 14:36:55 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

マジですか?!
良かった~♪
(*´∇`*)
  1. 2014/05/19(月) 16:13:49 |
  2. URL |
  3. 小奈鳩ユウ #0TSJikig
  4. [ 編集 ]

どうだかw。
応援してくれてたんですね~、
おもしろがっているだけぢゃなく。
ユウさん、ありがと~v。
  1. 2014/05/19(月) 19:28:34 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

知らないことは知らない、という。
逆に、知っていることなら、知っている、と自慢して良いと思う。
チンゲン菜さんは、メルマガ 猫で、道元の難解な思想を論じられた。そこは誇ってよ。
僕だって、カントで修士号取ったんだから、そこは譲らない。
要は、知らないのに、ネットで調べて知っている振りをすること、まあ、バレる。
  1. 2014/05/19(月) 22:10:02 |
  2. URL |
  3. oki #-
  4. [ 編集 ]

僕たちは、ちょっとググっただけで、
小利口なことが言えるようになりました。
ググって、ヤフって拾ってきたら、
ネットに落ちていた言い回しを、
僕が考えていたことと勘違いすることができます。
検索は思索ではないけれど、
違いはあいまいなのですね。
  1. 2014/05/20(火) 16:30:22 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/768-e721617f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)