馬鹿の世界の点景になりたい。

qinggengcai

恋愛 3/x


恋の次に愛が来る。

そんな気もする。
しかし、恋と愛は入れ替わるのではない。

恋と愛の、違う概念がくっついて恋愛を構成しているわけではなく、
恋も愛も同居していて、区別をつける必要もないけれど、
恋はやがて出て行ってしまうので、
愛が残されたようなかたちになって、
次に来るように見えるのだろう。



恋はやがて出て行ってしまう。
出て行ってもらわなければ困る。

脳内物質の分泌変異が何年も続くなら、
それはそれで生活に差し障りがある。

恋が色あせないと相手がよく見えない。
相手がよく見えないのに相手しか見えなくなり、
結局、何も見えていないから自分を見失う。

恋は冷めなければ困る。







にほんブログ村
  1. 2014年05月10日 15:04 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

コメント

なるほど、恋が冷めて、愛という価値がのこり、それは、対象の何処に惹かれているか解るというわけか。
恋は盲目、愛は冷めていても、対象に惹かれる。
小林秀雄がこんなことを。

花が美しいと感じるのは、情緒であり、愛だ。花が美しいと感じる時は、ただ花を見ているだけではなく、自分が花の中に入った時だ。花と一つになった時だ。花を愛したのだ。

対象への没入、これをどう考えるかだな。
  1. 2014/05/10(土) 22:10:19 |
  2. URL |
  3. oki #-
  4. [ 編集 ]

okiさん、こんにちは。

小林秀雄に同意。
でも、美しいから花と感じるのであって、
美しくない花は、たとえ花であっても花と認めないと思うのです。

花を愛するのは一瞬、
虹だって消えるまでは眺めていられない。
なんにつけ、いつまでも恋をしていられないのでしょう。
  1. 2014/05/10(土) 23:00:37 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

恋が出て行ってしまった後、
何が残って、何を感じるかは、
実は、盲目なりに、わかっているんだと思います。
私の恋愛は、いつもそうでした。
もしくは、
自分がイメージしてしまった未来に、
自分で持っていっただけなのかもしれません。
それがどっちだったのか、
わからないままなんですけどね。
  1. 2014/05/10(土) 23:02:04 |
  2. URL |
  3. プラトニックまいまい #-
  4. [ 編集 ]

まいまいさん、こんにちは。

先が見えるというか、
先が見えないというかw。
たいていのできごとは、
眺めていれば予定調和に終わります。
思ったとおりになることは、
どこかでがっかりなのですね。
お話にならない。
予想を裏切って、秩序を乱して、
映画は始まるんだな~。
  1. 2014/05/11(日) 11:01:53 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/764-013f6eb3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)