馬鹿の世界の点景になりたい。

qinggengcai

一夜落下雨


夜になって、天気雨が降った。
雨粒の一滴一滴に、
上弦の月を映して。

誰も観ていないところでも、
一滴は月を映すのだろうか、
などと、落ちかかる月を観ながら、
考えてみる。

そんな考え自体が、
観る者に依存していることにも気づかずに。



天気雨の夜空で、
僕は視座をどこにも定めない。

僕の上下と前後と左右、
天空から、地上から、どこからでも視線を投げかけて、
箒(ほうき)に乗った魔法使いになってみる。

それでも、視座が定まっている。
どこにも定めていないつもりでも。



なぜ僕は一滴の外に僕を置く?
誰も観ていないと言うのなら、
一滴の内も外もないはずなのに。
なぜ一滴の中に入り込もうとはしない?



一滴に月が映る。
僕は一滴に映る月を観る。
そのとき、僕はあらかじめ、
または同時に気がついてしまう。
一滴に映る月を観ているのは僕だと。
一滴には、あらかじめ、
または同時に僕が待ち受けている。

一滴を観ているというそのこと、
僕は一滴にそのこと自体を観てしまう。
一滴を観ていた僕が、一滴に映って反射する。
一滴に僕が反転される、一滴は僕に僕を返す。
僕は一滴の心象を描出し、
その都度、一滴は僕に告げるのだ。
僕の心象を。

月は一滴に入り込む。
僕は一滴に入れない。
そこには、既に僕がいたから。



道元は言う、
一塵を知る者は、尽界を知る。
一滴の中にも、無量の世界が現成する。

自己を忘れることで、
自己がすべてのものに実証されると説くが、
言葉が巡っている限り、
僕にはたどり着けそうにない。

沈黙しなければならない地点が来ている。
もったいないけれど、
考えたことは忘れよう。

今夜擧頭唯見月、讒知最遠是人間、
今夜、頭(こうべ)を挙(あ)げて
唯(た)だ月を見れば、
讒(わず)かに知る、
最も遠きは是(こ)れ人間(じんかん)。
―― 十一日夜坐/易順鼎(えきじゅんてい)



幾千万の月が降る。
雨はまだ止まない。



    一塵をしるものは尽界をしり、
    一法に通ずるものは万法を通ず。
    ―― 正法眼蔵/諸悪莫作
       “正法眼蔵 二”/道元著、水野弥穂子校注
       1991、岩波文庫

    一滴(てい)のなかにも無量の仏国土現成なり。
    ―― 正法眼蔵/山水経
       “正法眼蔵 二”/道元著、水野弥穂子校注
       1991、岩波文庫

    仏道を習うというは、自己を習うなり。
    自己を習うというは、自己を忘るるなり。
    自己を忘るるというは、万法に証せらるるなり。
    万法に証せらるるというは、
    自己の身心および他己の身心をして脱落せしむるなり。
    ―― 正法眼蔵/現成公案
       “正法眼蔵 一”/道元著、水野弥穂子校注
       1991、岩波文庫







にほんブログ村
  1. 2014年03月09日 19:14 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:25

コメント

青梗菜さん、こんばんは!!^^

          ,ー、   __    ,ー、     
        . / ヘ 〉, -´ー・ー 、 `ヽ/ ヘ 〉   
         .〈〈./: : : : : : i : : : ヽ〈〈 ⌒ヽ   
        i :/,: : : 人: : :ト、: : : : : :゛ : : :.i長げーよ。m(__;m   
        !〃: :/ .ヽ :!  ヽ: : : : i、: : : |   
        |レ! / ●   リ ● ル: : !┐ : : |  
        |: Vl⊃ 、_,、_, ⊂⊃::/ .」|: : : : }   
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ー―=-―一’ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ∬   _________________
    旦  (__________(___  ___(ノ
.                             \\ 
                               ̄

後半部は、後日又読ませていただきます。^^;でもなー、むずかしそう。

感覚的には、月を映す滴たちは次のとおりと推測しました。天気雨の範囲の形を直方体とみなすと、上下左右表裏六面の内の、二面のみ。チガウカナ?m(__;m;
  1. 2014/03/09(日) 21:38:28 |
  2. URL |
  3. くわがたお #-
  4. [ 編集 ]

出ました、正法眼蔵!
メルマガ思い出すなあ。
今日、相田みつを美術館行ってきたのですが、相田みつをも禅の思想を抜きには語れませんね。
相田みつをの詩は、長い文章が原型にある、それを圧縮させたのが詩として出来上がる、だから、短い詩にものすごい分量の思索が実は詰まっている、って僕が講義しても仕方ない。
青梗菜さんは、道元の思想の修証一等の思想をどう見ますか。
悟りはつまり、修業そのものの中にある、という考えですね。
  1. 2014/03/09(日) 22:14:13 |
  2. URL |
  3. oki #-
  4. [ 編集 ]

ショーペンハウアーを想起しました。
彼も仏教に強い影響を受けていますね。

雨の一滴は、ライプニッツのモナドかな、と思ったり。
雨が降ったり、晴れたり、曇ったり、それだけで哲学的思念は現れるのですね。
自然というのは大きな思想かもしれません。
  1. 2014/03/10(月) 10:13:35 |
  2. URL |
  3. 瀧野信一 #-
  4. [ 編集 ]

がたおさん、こんにちは。

長げぇ、難解、
ってことは、読む気がしねぇw。
まあまあ、さらっと読んで、雰囲気だけでも。

月は直方体の外で、
僕は直方体の中に入ってないと天気雨にならないから、
ん~、分からんっw。
  1. 2014/03/10(月) 19:58:58 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

okiさん、こんにちは。

そう、修証一等。
だから、誰かが書いたことを引いてきたり、ネットで拾ってきたり、
そんなのは、道元が最も嫌うはず。
修は、自分の体験、証は、自分の言葉。
でもね、修証一等をすると、トーナメントなんかでは1回戦で負けるのです。
無難な引例の、その孫引きの、コピペの勝ち。
それで構わない、禅寺の坊主ではなく、道元が僕を認めてくれます。
  1. 2014/03/10(月) 20:00:03 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

瀧野さん、こんにちは。

2月は、マラルメの雪、
3月は、道元の雨、
日本っていいところです、日本語が大好きです。

解らないものを書いてやれ、
ちょっと前に瀧野さんがコメントをつけてくれた、
そんな思いはありますね~。
少なくとも、坊主には理解できないものを書いてやれ、
一番になんかなってたまるかw。
  1. 2014/03/10(月) 20:01:12 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

静かな世界なんだな。

ってことだけ、わかります。
  1. 2014/03/10(月) 22:01:08 |
  2. URL |
  3. ブラックまいまい #-
  4. [ 編集 ]

まいまいさん、こんにちは。

確かに、静かだ~。
さしすせそ、みたいな音がする。
静かが好きなのでしょうね、
いや、クルマは異様にうるさいな。

10年、もっと前、
正法眼蔵をテーマに、こんなメルマガを配信してました。
okiさんも、瀧野さんも、
その頃からの友達です。
okiさん、僕はあの頃からまったく進歩していないのですけど、
いいのでしょうか?
瀧野さん、ライプニッツのモナド、っておいしそう。
ドイツの焼菓子みたいです。
  1. 2014/03/10(月) 22:44:52 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

車のうるささは、聞こえないから、静かだと思います。
音楽を聴くより、車の音を聞いている方が落ち着くのです。

ライプニッツのモナドは、コーヒーが合います。
  1. 2014/03/10(月) 22:56:39 |
  2. URL |
  3. ブラックまいまい #-
  4. [ 編集 ]

んじゃ、モナドとホットコーヒー。
それと、ショーペンハウアーとミルクティーをください、ホットで。
  1. 2014/03/10(月) 23:43:10 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

チューリッヒに文人たちが集まったキャバレー・ヴォルテールという店がありました。
そこでは、コーヒーとライプニッツの言葉の焼菓子、ミルクティーとショーペンハウアーの言葉のスイーツが出されていたかもしれません。
このブログはなんだかキャバレー・ヴォルテールみたいですね。
  1. 2014/03/11(火) 16:12:09 |
  2. URL |
  3. 瀧野信一 #-
  4. [ 編集 ]

瀧野さん、素敵。
  1. 2014/03/11(火) 17:27:12 |
  2. URL |
  3. ブラックまいまい #-
  4. [ 編集 ]

瀧野さん、お洒落。
  1. 2014/03/11(火) 18:36:16 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

よし、何かを切り取ってやるという意気込みを持ち、
よっしゃ、これは切り取ったと思ったら、
そこに全体がいつも含まれている。
以上は、私が繰り返しているほぼ牛の反芻みたいなものですが、
それによって考えることをやめられない悪魔的な魅力に憑りつかれています。
私はその憑き物との格闘を、今のところはやめる気がしません。





  1. 2014/03/11(火) 22:05:26 |
  2. URL |
  3. 海底まきがい #-
  4. [ 編集 ]

東日本大震災から3年、あっという間ですね。
僕も一向に進化していません。
大学院時代を最高にして、衰えるばかりです。
眼は、近眼➕乱視➕老眼がちょっと入りました。
相変わらず、美術館巡りしてますが、こんな生活でよろしいのかと。
もっと生産的なことは無理かな。
  1. 2014/03/11(火) 22:49:56 |
  2. URL |
  3. oki #-
  4. [ 編集 ]

おっと~w、
キャバレー・ヴォルテールで、まいまいさんと和んでいたのに、
まきがいさん、出し抜けに何の宣言ですか~w。

なるほど、修証一等あたりとつながるわけですね~。
一は即ち一切、一切は即ち一、
ショーペンハウアーの「意志と表象としての世界」がおすすめです。
お飲みものは何になさいますか?
  1. 2014/03/11(火) 22:56:17 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

あ、okiさん、いらっしゃい。

いつものケーニヒスベルクのやつでいいですか?
お飲みものは何にしましょう。
  1. 2014/03/11(火) 23:05:21 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

ケーニヒスベルクの哲人は、かなり社交家で、家に友人を招いて食事していたのですよ。
酒を飲んだか知らないけど。
飲み物は僕はキリマンジャロのコーヒー。
もう寝床だけど、コーヒー何時も置いてますよ。
さてさて、万能細胞のリケジョとやらは、博士論文にコピペかなりしたらしい、研究者の名前を取り下げた方が良いですな。
  1. 2014/03/11(火) 23:53:44 |
  2. URL |
  3. oki #-
  4. [ 編集 ]

ケーニヒスベルク、おいしそうです。
そうか、ケーニヒスクローネだ。
フランクフルトもいいなぁ、
フランクフルタークランツです。

ホールで切り分けましょうか。
キリマンジャロって、モカみたいな感じでしたね。
サーバーごと持ってきましょう。
  1. 2014/03/12(水) 00:36:04 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

………。あ……。
……ヴォルテールに人は居らず…。はい? 集まっていたのは昨日ですか?……私は…乗り遅れたのですね…。
コーヒーを下さい…え?ルアクがある?…そういうのじゃなくて…普通の、ブレンドで…。


………読みました。私などにはユダヤのカバラ思想が思い出されました。全ては十個の数、セフィロトによって現される。1であるケテルは古き、太古の一者、原初の点、モナド、もっとも太古なるもの、なめらかな点、白い頭、はかり知れぬ高み、巨大な顔。この数のなかには、始めから創造の全計画が含まれている。カバラでは(認識)として知られ、ほんの一部分しか知られていないという意味で老人の顔として表象される。この数から2であるホクマー(智恵)と3であるビナー(理解または叡智)が流出する……。ケテルは認識であり、ホクマーは認識の主体であり、ビナーは認識の対象である。ホクマーの中に可能性として含まれる全てがビナーの働きを通して誕生する。
場と時を問わず、宗教や哲学を問わず、認識を思考する認識の主体の認識が行き着くのは同じところのようです。

『希言は自然なり(自然はほとんどものを言わない)』老子道徳経

……なんて…w
え? あ、そうですね…ダダというよりは脱構築の雰囲気に包まれました…。

はい…。では…また……いずれ。ごちそうさまでした…。

  1. 2014/03/12(水) 22:15:00 |
  2. URL |
  3. 小奈鳩ユウ #0TSJikig
  4. [ 編集 ]

今日もキリマンジャロ飲みながら眠りに。
ケーニヒスベルク今はカリー二ングランドというそうですがどっちが美味しそう?
ここに集まる人を見ていると、かつてモンパルナスで、芸術家が集まって、夜な夜な酒を飲みながら議論していた、日本でも真似て、池袋モンパルナスなんて言っていたのを思い出します。
福沢一郎という画家は治安維持法で逮捕されたけど。
  1. 2014/03/12(水) 23:15:37 |
  2. URL |
  3. oki #-
  4. [ 編集 ]

あ、ユウさん、いらっしゃい。

今日は客がいないから閉めようと思ってたのにな~、
えぇと、カバラって何だっけ、バカラはカジノで、
長靴をはいた猫はカラバ、ややこしいな。
モナドって何だっけ、ノマドと似てるけど、
モナドには窓がない、なんてな~。

ブレンドか~、どうしようかな~、っと。
昨日、okiさんにキリマンジャロと偽って出したモカに、
まいまいさんに出したジャマイカと、
アッサム、これは紅茶か~、って、気づくのが遅いよ、混ぜたよ。
で、レンジでチン。
ブレンドでございます、ごゆっくり。

うん、奥のテーブルから掃除してええよ。
音楽も、蛍の光でええわ。
あらら、ユウさん、どうぞごゆっくり。

お茶漬けでもいかがどす?
  1. 2014/03/13(木) 00:13:42 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

okiさん、いらっしゃい。

キリマンジャロですね。
レンジでチン、っと。

そりゃもう、ケーニヒスベルク、
モンパルナスもおいしそう。
歌っちゃいますか。

ぐっとかみしめてごらん ママのあたたかい心が
お口の中にしみとおるよ パルナス
甘いお菓子の お国のたより
おとぎの国のロシアの 夢のおそりが運んでくれた
パルナス パルナス モスクワの味
パルナス パルナス パルナス

そっとかみしめてごらん 愛のうるわしい心が
ふたりのほほにしみとおるよ パルナス
甘いささやき 目と目でかわす
初恋のささげるパルナスが ふたりを幸せに結んでくれた
パルナス パルナス 夢のケーキ
パルナス パルナス パルナス

ぐっとかみしめてごらん ママのあたたかい心が
お口の中にしみとおるよ パルナス
ボリショイスチャースチ ペチェーネベリョーダ
大きな幸せパルナスが パパとママと私たちに
パルナス パルナス 幸せの味
パルナス パルナス パルナス
  1. 2014/03/13(木) 00:15:43 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

都機

趣味が合いますね♡
  1. 2016/10/26(水) 01:00:04 |
  2. URL |
  3. 玄 #3E8HQ5Yc
  4. [ 編集 ]

はい、

月が綺麗ですね。―― 夏目漱石
  1. 2016/10/26(水) 01:39:59 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/754-b124c452
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)