馬鹿の世界の点景になりたい。

qinggengcai

骰子一擲(とうしいってき)


今、君の肩の上に舞い降りた雪の一片、
その中に水素の原子が1兆個あったとする。
数は適当だ、
1兆の1億倍でも、10億倍でも構わない。

1兆の水素の辿ってきた途はすべて異なるが、
共通することが2つある。
始まりは、宇宙の始まりとともに、
終わりは、君の肩の上に舞い降りた。

その途中、
それは、宇宙に投げ出された1兆の水素が、
君の肩の上で融けて、
再び出会うまでの出来事。

再び出会った1兆の水素に、
確率を問う者はいない。
以上でもなく以下でもなく、
一様に同じだけ偶然であるだろう。

君は、君の肩の上で、
1兆の水素が出会う偶然を、
無防備に見守るほかはない。
おそらくは、140億年ぶりだ。



    ……
    それが
    /星として生れた
         数であるならば
         それは存在するにしても
         /断末魔のとりとめない幻覚とは別に
         それは始まりそして止むにしても
         /現われるや否定され閉じられるのではあるが湧き出て
         /結局は
         /夥しくも拡散してまばらになり
         それは数えられるにしても
         /単位でさえあれば総計による明証として
         それは照らすにしても
    それは
    /もつとわるい
    /いな
    /以上でもなく以下でもなく
    /一様に同じだけ
    偶然であるだろう
    ……

    ―― 『骰子一擲』/ステファヌ・マラルメ著、秋山澄夫訳
       1991、思潮社



存在と時間、それらは並立ではなく、
時間はすでに存在であり、存在はみんな時間だ。
存在すなわち時間とするのなら、
経歴はその本質になる。

では、
水素1粒の独自性は、
水素1粒そのものに在るのではなく、
そのものの経歴にある。

例えば、星になり、月になり、
塵になり、海になり、空になる。
海月(くらげ)になり、花になり、蝶になり、
猫になり、人になる。

10,000年凍り、2,000年沈み、
10日間空に舞う。
結び、離れ、映し、考え、歩き、
燃え、燃やし、燃やされた。

宇宙の始まりから、君の肩の上まで、
君が水素1粒の軌跡を想えば、
君は宇宙の中心から、宇宙の片隅の地球までを、
描き出す画布を得るだろう。



今、また君の肩の上に、
一片の雪が舞い降りた。







にほんブログ村
  1. 2014年02月18日 22:01 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

コメント

青梗菜さん、こんばんは!!^^

          ,ー、   __    ,ー、     
        . / ヘ 〉, -´ー・ー 、 `ヽ/ ヘ 〉   
         .〈〈./: : : : : : i : : : ヽ〈〈 ⌒ヽ   
        i :/,: : : 人: : :ト、: : : : : :゛ : : :.i むじゅかしー。^^;ソレダケm(__;m
        !〃: :/ .ヽ :!  ヽ: : : : i、: : : |   
        |レ! / ●   リ ● ル: : !┐ : : |  
        |: Vl⊃ 、_,、_, ⊂⊃::/ .」|: : : : }   
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ー―=-―一’ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ∬   _________________
    旦  (__________(___  ___(ノ
.                             \\ 
                               ̄
  1. 2014/02/19(水) 02:22:05 |
  2. URL |
  3. くわがたお #-
  4. [ 編集 ]

雪が降ったので、
物理に情緒を持ち込んでみました。
それだけw。
  1. 2014/02/19(水) 11:19:48 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

田中芳樹のSF小説にこういうのがあります。

――敵に追われて追い詰められた男女は、タイムマシーンで原初の海に、自分たちの躰をアミノ酸に分解して散布した。アミノ酸は生命を生み、生物は進化して人類が生まれた。そして、ある男とある女が出逢った。初めて逢うのに、どこかで逢ったような気がした。それは原初の海のなかで逢っていたのかもしれない。そんなことは知らず、彼と彼女は恋に落ちた。

詩における偶然性は、「宇宙の始まりから、君の肩の上まで」存在できる水素を仮構することで、必然性に変わるような気がします。
それがポエジーの力でしょう。
しかし、小説の場合、あまり偶然性に頼っていると拙いものになってしまいます。
そこでアミノ酸であったり、タイムマシーンであったりという工夫が必要となるわけです。

青梗菜さんの詩は――ちょっとだけどマラルメも――、わたしに詩と小説の偶然性について考える、よい切っ掛けとなりました。
いや、実に素晴らしい詩です。
  1. 2014/02/19(水) 13:32:36 |
  2. URL |
  3. 瀧野信一 #-
  4. [ 編集 ]

チンゲン菜の本領発揮かな。
メルマガ、猫でも、こうやって、人を煙にまいてた。
とうしいってき、ってどういう意味でしたっけ?
さりげなく、blog村のバナー、今3位か。
うちは、Art innというところのバナー貼ってあるけど、もう、Art innというところもダメ。会員制だけど、誰も書き込まない。
  1. 2014/02/19(水) 23:10:08 |
  2. URL |
  3. oki #-
  4. [ 編集 ]

瀧野さん、こんにちは。

よだれでも、うんちでも、
僕たちがひとまとまりと思える水分があるところには、
成り立つ話ですけどw。
肩の上で融解する雪は、ポエジーが小さく炸裂しますね~。
人の体温で融かすからでしょうか。

このパターンでいうと、
すでに死滅した星々の光だけが地球に届いて、君の網膜で出会う、
ってのもポエジーがスパークしそうです。
人の水晶体を射抜くからでしょうか。

窓ガラスの水滴や、
夜空をぼんやり眺めてしまう理由は、
出会いを祝福しているからかもしれません、
そんなのは、読み手に任せますが。
  1. 2014/02/20(木) 11:38:33 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

okiさん、こんにちは。

骰子一擲、サイコロのひと振り。
僕たちの棲む世界は、
いつもいつもサイコロが振り出されていて、
始まりと終わりだけがあって、
途中はどこにも保存されていない、
ということを雪の一片に思ったわけです。

雪の一片にも、世界が現成するというのなら、
僕の解釈は、宇宙の始まりまで持っていくこんな発想になります。
雪が融けるのを観てなにかを想った、
そんな軽いものだと思うのです、
いわゆる、悟りってのは。
  1. 2014/02/20(木) 11:41:10 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/743-0b607c2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)