馬鹿の世界の点景になりたい。

qinggengcai

佐村河内守と新垣隆 1/x


交響曲第1番 HIROSHIMAは、
2003年の秋に完成した。


僕は聴いたことがないけれど、
どうやら、この曲は、
ショスタコーヴィチですら軽く感じられるかもしれない、
らしい。

32の楽器編成の旋律が緻密に書き込まれ、
1音符たりとも無駄な音はない、
らしい。


いまさら評価を覆すのは変だ。
去年までショスタコーヴィチより重厚だったなら、
今年になってからも、軽くなるわけがない。
去年まで1音も無駄がなかったなら、
今年になってからも、無駄な音は増えない。


去年の感動はどこに行った?
突きつけられられている人は、
少なくないはずだ。


佐村河内のストーリーに乗せられて、
去年は感動したけれど、
新垣のストーリーで壊されて、
今年は感動できなくなったなら、
それは、同じ愚を重ねているにすぎない。

クラシックの評論家は、ファンは、
音楽に何を聴く?


春立つや愚の上にまた愚にかへる
一茶







にほんブログ村
  1. 2014年02月11日 20:09 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

コメント

すいません、僕は詳しいことは分かりません。
恥ずかしながら僕は、佐村河内さんを知りませんでした。
交響曲第1番 HIROSHIMAも聞いたことありません。
それらの曲をゴーストライターであった新垣隆さんが作曲していたなんてビックリでした。
その曲を聴いて感動したのなら、作曲者の新垣隆さんが凄いので、曲に対して評価を変えるのは、どうかなと思いました。
  1. 2014/02/11(火) 22:32:36 |
  2. URL |
  3. ビーカブ #-
  4. [ 編集 ]

クラシックというのは、まあ難しくて、評価の定まった作曲家の陰には、評価を受けずに、埋もれた作曲家が沢山いるわけでして、現代音楽というのは、評価の定まっていない分野ですから、あまり今回の事件を重大視するに及ばないと考えます。
少なくとも、ベートーヴェンと今回の作曲家を同一視するのはよろしくない。
ベートーヴェンの革新的なところは、第九にあるように、交響曲に人間の声を入れたところにあるのですが、今回の事件の作曲家も、あと50年して、どう評価されるかですよ。
  1. 2014/02/11(火) 23:07:30 |
  2. URL |
  3. oki #-
  4. [ 編集 ]

私は、音楽も映画も、その作品自体を愛するので、
誰が作ったとか、作った人の背景とか、
人の名前すらも覚えようとしない傾向にあり、
「私、○○が好きなんだ」
「監督は誰なの?」
「さぁ・・・」
「知らないの?本当に好きなの?」
みたいなやり取りが時々起こります。

それも極端なのかもしれませんが、いい物はいいんだから、好きな人は堂々と好きでいればいいと思います。背景によって作品の評価が変わってしまう人を責めたくなってしまいますけど、
そんなキチンと出来てないのが人間なのだ、ということで、
イライラをおさえたり、諦めたりしなければならないでしょう。

そういう人たちとは、分かり合おうとすることを放棄して、
議論しないのが一番よいと思って、
会社のお昼時間にこの事件が話題になったときは、
「そうだよね~!騙されたと思うよね~」とヘラヘラしてます。

あれ、違うのかな。
「背景を含めて、一つの作品」という考え方もあるのかな。
それも価値観の一つとして認めなければならないのでしょうか。
やだやだ~~!!!
  1. 2014/02/11(火) 23:33:05 |
  2. URL |
  3. ブラックまいまい #-
  4. [ 編集 ]

ビーカブさん、こんにちは。

僕も、佐村河内守って知りませんでした。
もちろん、聴いたこともありませんし。
僕が聴いても、きっと、どこが良いとも悪いとも、
なんにも分からなかったと思います。
新垣隆が、適当に、取っ払いで作った曲なのに、
誰一人として見抜いた人がいなかったのですから。

後出しじゃんけんのように評価を変えるか、
新垣隆を認めるか、
分からなかったけど佐村河内守に乗せられたと自認するか、
どれも苦しい選択ですね~。
  1. 2014/02/12(水) 14:33:41 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

okiさん、こんにちは。

はい、こんなのが良い作品で、演奏で、
そんな評価から離れて、
新しい価値を作るのが現代音楽だと思っています。
極端なことを言えば、
誰かに理解されるような作品は、新しくないわけで、
新しいと言えるためには誰にも理解されなくて当然です。

僕は、例えば、ジョン・ウィリアムズのスター・ウォーズなんかが、
クラシックとして遺っていけばよくて、
無理して切り開いた新天地は、
やはり無理があって、僕には、聴いてて楽しくないわけです。
  1. 2014/02/12(水) 14:34:55 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

まいまいさん、こんにちは。

背景をまとわせたのは、佐村河内守ですけど、
それを売りにして商売したのは、クラシック業界で、
ど素人にプロ集団がひっかき回されて、
今になって詐欺だとか、損害賠償だとか、
馬鹿というか、赤っ恥だと思うのです、プロの皆さんは。

FMから音楽が聞こえてきて、
ん? なに? 誰?
ってときがいいですね。
歌っているその人が、目が見えなくても、
作曲した誰かが、耳が聞こえなくても、
僕の評価は、増えも減りもしませんから。
  1. 2014/02/12(水) 14:35:48 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

青梗菜さん、こんばんは!!^^

はじめに、、リンクさせていただきました!!ダメでしたら、お手数おかけいたしますが、ご連絡ください。m(__;m

また、他の方のブログの同一記事に、私と青梗菜さんがコメントを残したことについての感想なのですが、、青梗菜さんに限らず他の方とも、よくあることなのだと感じます。(不思議なような、理由があるような?^^;)

さて、本題ですが^^;、(時事問題?、苦手です。――;)私はクラッシックを、まずほとんど聴きませんが、これをJ-POP(?)に置き換えて考えてみると、、

例えば、中島みゆきさんの「時代」の作曲が中島みゆきさんでなく、新垣さんだったとしたら、どーだべなー。(例え、変かな?)「新垣さん、スゲーなあー!!」と最初思うと想像しました。

ただ、とてもとても気になる事があります。それは私が、佐村河内事件のことを触りしか知らないことです。以上です。m(__;m
  1. 2014/02/12(水) 17:47:33 |
  2. URL |
  3. くわがたお #-
  4. [ 編集 ]

例えば、中島みゆき「時代」、
僕も自分に引き寄せて考えるので、
その、例えば、がよく分かります。
僕はいつもそんなふうですし、
そんなふうでいいと思います、
知ったかぶりをするよりは。

リンク、お手数をおかけしました、
今後ともよろしくお願いします。

さり気なくて、でも、ていねいに書かれた、
いい詩のブログですよね~。
コメントを残したがたおさんに、
僕と近いなにごとかを感じて、
うれしくなった次第です。
  1. 2014/02/13(木) 13:23:18 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/734-8c9a9b9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)