馬鹿の世界の点景になりたい。

qinggengcai

ブログを書く10の理由 2/2


『面倒だから』

奇をてらった理由だが、
ありがちな理由は、
意外と理由になっていないことが多い。
例えば、流行っているから。

その後に、どう結論づけるのかは予測がつかない。
流行っているから選ぶ、
流行っているから選ばない、
どちらでも成り立つ。

面倒だから、それは妙な理由なので、
それが理由になる理由を求められるだろう。
そして、おそらく、理由の多くは、
それが理由になる理由を理由としている。



誰でも面倒は避けたい、
手軽なほうがいい。
TwitterやFacebookが選ばれる理由だ。
人は易きに流される。

面倒だから、それが理由にならないとすれば、
手軽だから、簡単だから、
それも当然には理由にはならない、
そう考えたほうがいい。



文章を書くことは、
とんでもなく面倒な作業だ。
単語を選び、組み合わせを変え、
繰り返しを避け、あるいは、繰り返す。

リズムに気を配り、
倒置させて、また、戻す。
そんなのに比べれば、
ブログの投稿の手間など取るに足らない。

面倒なのは、操作ではない。
面倒なのは、書き言葉で、作文で、
つまり、面倒なのは、
書き言葉で書いてしまう僕になる。



TwitterやFacebookは、
数時間も経てば、ほとんど顧みられず、
次の日には、もう見られることはない。
文章にこだわっていても仕方がない。

TwitterやFacebookは、
投稿が簡単なのではない。
簡単なのは、話し言葉で、
簡単なのは、作文をしないからだ。

投稿は、書く側も読む側も、
すでに多くの情報を共有していて、
その範囲でやり取りされる。
考える、ということがあってはならない。

すでに共有しているインデックスを、
指示し合っているにすぎない。
もちろん、読み書きされるとしても、
その実質は、話し言葉だと思う。



僕は、面倒なことを書きたい。
考えたこと、想ったことを伝えるのは、
いつだって面倒だから。
それでも、書かないと伝わらない。

文字を介して、
考えや想いを読む側によみがえらせることは、
いつだって失敗することが運命づけられている。
そして、書き投げてしまえばその後は分からない。

駅の伝言板に落書きをしたり、
宛名のない手紙を、風船にくくりつけて空に放したり、
ビンに入れて海に流したり、
そんなのによく似ている。

それでも、
書かないと伝わらない、届かない。







にほんブログ村
  1. 2014年02月04日 12:03 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:13

コメント

>駅の伝言板に落書きをしたり、
と来たところで、以前の繰り返しが綺麗でジーンと来ました。

私は30歳ですが、同年代、それ以下の年代は、
書き言葉を書く人の率が少ないでしょうね。

ネット上で喋りあって育ってきた世代です、
仕事場以外での、話し言葉と書き言葉の違いをまず知らず、
話し言葉に近い方が「読みやすい」と感じて使う世代と思います。

自分でも青梗菜さんのブログを見て、
ブログに書き言葉と話し言葉がある事に気付きましたが、
ここから下の世代のめちゃくちゃ加減は尋常じゃないと解ります。

ブログは、面倒で楽しい。
  1. 2014/02/04(火) 18:24:38 |
  2. URL |
  3. 今野あん(旧:anfell) #ldSHJ4vM
  4. [ 編集 ]

あはは、ブログを書く理由なんて散文で、
感動していただけるなんて、
ちゃんと読んでもらえて、うれしいです、
あんさん、ありがとうございます。

僕がサイトとメルマガなんてややこしいことをしていた頃は、
ブログは薄くて軽いチャンネルだと思ってましたが、
そんな向きはSNSに移ったり、続かなかったりして、
やっとちょうどよくなってきました。
完結に向けて書き進める途中で、コメントをもらえるライブ感、
練られていないまま駆け抜ける、疾走感が楽しいです。
  1. 2014/02/04(火) 21:42:24 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

青梗菜さん、こんばんは!!^^

まず私は今、ぐでんぐでんであるとゆー事を断っておきたいのです。そうしておいてから、御記事の最後の文がいわゆるひとつの結論なのだと、感じました。

目の前にいる人に言われて届くことが僕にはあります、あるでしょう??声には好き嫌いがあるのだという気がします。文字に好き嫌いは無いのだと思います。

以上でsた。m(__);m
  1. 2014/02/04(火) 22:21:53 |
  2. URL |
  3. くわがたお #-
  4. [ 編集 ]

青梗菜さんは、メルマガ猫、の時から、猫と会話する、話し言葉で書いておられたな。ソクラテスに近いな。
文章を書く、それは、構成を考えて、まあ大変作業だけど、なんとなく書き始めると、スラスラ行くと思いませんか?
Ich denke,ではなく、Es denkt,で、まさに書き言葉が勝手に書く。
僕のブログはそんな調子、青梗菜さんもそうだろうなと。
  1. 2014/02/05(水) 00:10:45 |
  2. URL |
  3. oki #-
  4. [ 編集 ]

がたおさん、こんにちは。

ぐでんぐでん、だったら書き込みに来なくても…。
はい、あります、声には好き嫌いがあります、文字には好き嫌いはありません、
はい、お客さん、ラストオーダーです。
  1. 2014/02/05(水) 01:02:06 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

okiさん、こんにちは。

書いている以上は、
どうしたって書き言葉なのですけどね。
話し言葉は、対面のコミュニケーションで、
双方向性がなければ、書き言葉です。

きっと、書き言葉と話し言葉は、辞書が違います。
試しに、拾ってみました。
書き言葉っぽいのは、歪曲、論旨、懸隔、
あまり話し言葉で使わないのは、対偶、陥穽、仮託、自嘲、指示、
あ~、いいですね~、かっこいい。
文章フェチなので、散りばめた単語の組み合わせとか、
そんなのが気になります、上等です。

数式のように答えに向かい、
楽譜のように4行ずつ束にします。
結びを、書き始めに戻して、
いやいや、かなり苦労してますよ~w、
勝手には行きません。
  1. 2014/02/05(水) 01:03:17 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

アメリカの小説家フラナリー・オコナーは、なぜ小説を書くのか、という問いに、人より上手く書けるから、と答えました。

ブログと小説は違いますが、青梗菜さんも、上手く書けると思うからブログを書いているのではないでしょうか。
その判断はオコナーにしろ、青梗菜さんにしろ、主観的でもなく、客観的でもなく、間-主体的な判断だろうと思います。

記紀、源氏物語から現代までつづく日本語の書き言葉のテクストの層、その層を読んできた経験からの、上手く書ける、という判断でしょう。
それは母国語の宇宙が、体系がわたしたちに判断させる、という間-主体的なものであろう、と思うわけです。

TwitterでもFacebookでもなく、ブログというメディアは記紀、源氏物語から現代までつづく日本語の書き言葉のテクストの層、に繋がることができる電子媒体なのだ、と思います――縦書きではありませんが。

忘れてはいけないのは、ブログにはコメントがつけられる、ということです。ブログはコミュニケーションツールでもあるわけです。
そういう意味でも間-主体的な電子媒体ではないでしょうか。

ブログは主体をつなぎます。
そんなブログがわたしは大好きです。
  1. 2014/02/05(水) 12:51:31 |
  2. URL |
  3. 瀧野信一 #-
  4. [ 編集 ]

あぁ。まったくその通りです。
面倒くさいですよね、ブログ書くの!!
辞書引いたり、語尾変えたり、改行数考えたり。
えらい時間がかかります。
でも好きなんです。面倒な行程を踏んで、面倒なことを書くのが。
twitter や facebook は、違うんです。
違うっていうか、嫌なんです。
ブログなんですよ、やっぱり!
読むのも、書くのも。
  1. 2014/02/05(水) 22:21:38 |
  2. URL |
  3. ブラックまいまい #-
  4. [ 編集 ]

あ、それから!

>繰り返しを避け、あるいは、繰り返す。

これ、ちょークール!!!!
もう、きゃ~~~!!!!ってなります。
  1. 2014/02/05(水) 23:19:12 |
  2. URL |
  3. ブラックまいまい #-
  4. [ 編集 ]

瀧野さん、毎度。

仕事で文章を書くときは、できるだけ書き手の個性を消して、
サービスや商品をアピールします。
でも、最大公約数ではつまらない文章になって、逆に気になります。
だから、公約数を選んで、巧妙に隠れまわります。
上手く書かない、って上手さがあるわけです。

上手く書くとか、上手く書かないとか、
それは、上手い文章を知っているということで、
そう言えるなら、その人は、ある程度は上手くなくてはなりませんが、
書いてみると、なかなか上手くは書けません。
そのギャップが、上手い、ってことですが。

謙遜するとややこしくなるので、
はい、僕は上手いですw。
だから、見せびらかしても、自己満足に陥らなくてもいいし、
ある程度、間-主体的な承認が得られている実感があるし、
もう何も問わないで、好きにしていいと思ってます。

でも、僕がもっと下手っぴでも、
もちろん、ブログは書いていい。
そこを書きたいな。
そして、なんでしょう、そんな欲求は。
  1. 2014/02/06(木) 11:17:20 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

まいまいさん、毎度。

わはは、もう分かってます、
まいまいさんの、格闘の跡も、
それを見せない格闘も、
その格闘の報われなさも。
伝わってしまいます、戦士なのでw。

ファイト!
闘う君の唄を
闘わない奴等が笑うだろう
ファイト!
冷たい水の中を
ふるえながらのぼってゆけ
  1. 2014/02/06(木) 11:18:10 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

ははは!!もう、わかってますか!!
青梗菜さんには、それはもう、本当に、全部、わかってしまうんだろうと思います。
清々しい気持ちで思います。

応援歌、受け取りました。ピッタリの歌があるもんですね!!
極寒の海底ですが、青梗菜さんの出現によって水温が上がりました。
  1. 2014/02/06(木) 21:36:06 |
  2. URL |
  3. ブラックまいまい #-
  4. [ 編集 ]

ほんと、お疲れさまです。
まいまいさん、
手術を控えているのですから、
もっとかまってちゃんでもいいのに、
海底なのですから、
もっとへたれでもいいのに、
笑いに持っていく気配りに、
心が痛いときがあります。

でしょ?
中島みゆきでした。
声も、歌い方も苦手なのですけど、
アレンジも、見かけも勘弁してほしいのですけど、
すごいよな~。
  1. 2014/02/06(木) 22:47:42 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/727-2413a59a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)