馬鹿の世界の点景になりたい。

qinggengcai

ブログを書く理由 7/7


ブログは書かれる、読まれる。
話し言葉と、書き言葉、
ざっくり分けると、
ブログは、もちろん、書き言葉になる。

今日も一日、僕は話し言葉で過ごしてきた。
対面のコミュニケーションが繰り返され、
等閑に付され続けてきた書き言葉が、
独りになった僕に誘いかける。

選ばれなかった書き言葉が、
ネットで仕返しを計っている。
言いそびれた言葉の行方を追っている。
選ばれなかった未来の時空を描いている。

ブログでも書かないと、
やっていられない。



話し言葉が充満しているから、
僕は話し言葉のようにしか書けない。
文は短く、かんたんな語彙を選び、
断定を避けて、柔らかく書く。

倒置し、中断し、語順が乱れ、
文法に従えない。
形容詞も接続詞も浮かばず、
説明も描写も面倒だ。

それでも、書き言葉には変わりがない。
下手でもなんでもいい、
馬鹿にされてもどうでもいい。
書き言葉でしか得られない表現がある。

走る理由は、道があるからで、
登る理由は、山があるからだ。
ブログを書く理由は、
書き言葉に訊いてくれ。

書き言葉が、
書けと言っている。







  1. 2014年02月01日 12:52 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

コメント

ブログを書く理由、完結しましたか。

書き言葉に訊いてくれ、というのはいいですね。
言語学的にも、音声中心主義の哲学と、書き言葉を分析対象とした構造主義との分岐点ですから。

言葉があるかぎり、ブログのような自己表現はなくならないでしょう。
そして、ネットがある限り、書き言葉の自己表出もまた、なくならないでしょう。

お疲れ様でした。
これからもブログを書いてください。
  1. 2014/02/01(土) 16:07:52 |
  2. URL |
  3. 瀧野信一 #-
  4. [ 編集 ]

ブログは根底の自分をコントロールしながら自分や誰かが何かを表現して、
誰かの表現から共感を得られたテーマ、
或いは誰かに共感を与えるテーマについて自由に語り合い易いという、かなか良くできたツールであると、思います。
私はチャット付き4人打ち麻雀ゲームによって、ネット上のコミュニケーションに深入りすることになりましたが、
そこで行われるのは瞬発的に行われる会話でしかなく、
麻雀ゲーム進行中に会話の為のキーボード操作が加わるので複雑な思考方法が必要ですが、
その為に本音が現われ易く、
その場所から生まれた友達関係も、私には存在しています。
しかし、より深く対話するには、やはり直接対面で会話するしか無いと感じられます。
なので、私のブログは、
やはり深い穴に何かを放り込んでいるという感覚を拭いきれません。
でも、その深い穴に、何かがあるような気もするのですが。

  1. 2014/02/01(土) 21:14:20 |
  2. URL |
  3. 海底まきがい #-
  4. [ 編集 ]

つまりは、チンゲン菜さんは文章を書くのが好きなんですね。
メルマガの時代から、ながったらしい猫、書いてましたね。
みんな、文章書くのがめんどくさいから、Twitterなんかに走る。
チンゲン菜さんは、それが出来ない。
文章でも書かないとやっていけないと。
瀧野さんとこで、現代文話題にしましたが、チンゲン菜さんは、小論文なんて得意だったのでは。
大抵の高校生や大学生は、嫌がりますがー。
ああ、2/1、私立の中学受験もスタート。
  1. 2014/02/01(土) 22:06:19 |
  2. URL |
  3. oki #-
  4. [ 編集 ]

瀧野さん、毎度。

書き言葉に訊く、とか、
書き言葉が言う、とか、
そんな語義矛盾で遊んでいると楽しいです。

話し言葉っぽく書くのは、
頭の中が、話し言葉で充満しているからではなくて、
まじめなことも、ふざけたことも、
並べて書ける文体は、こんなものになるのでしょうね。

表現を選ぶのも楽しいです。
分節されたらされただけ、世界は細かくなります、
世界が増えます。
ポケットを叩くと、ビスケットはふたつ。
  1. 2014/02/02(日) 10:15:29 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

まきがいさん、毎度。

4人打ち麻雀は、
同じシチュエーションを共有している人たちなので、
高効率で意思を伝えることができます。
あちゃ~、なんてひと言が、
とても多くの情報を含んでいます。

対話もすでに多くの情報を共有して、双方向で、
分かり合えるし、うれしいし、
でも、共有されている情報の範囲を越えるときに、
途端に効率が悪くなります、
この話はできないな、って。

僕も、深い穴に言葉を投げ入れて、
埋めてみようと試みますが、
ついつい考えてしまう、ってのは、
きっと欠落していたり、届かなかったり、
そんなものなのでしょう。
  1. 2014/02/02(日) 10:15:57 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

okiさん、毎度。

はい、好きですよね。
書き言葉が好きなのでしょう。

僕のしょぼい文体でも、
いちおうは書き言葉なので、
それなりにロジカルな思考が求められ、
単語の綿密なつながりを追っています。
きっと思考の方法が、
書き言葉なのですね。

小論文ですか~、
面倒くさいですね~。
興味のあることなら喜んで書きますけど。
  1. 2014/02/02(日) 10:16:26 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

完結お疲れ様です。

ブログで小説を書いたりします。
カッコ付きの会話のみで話を進めた方が、
沢山読んでもらえます。

でも、自分の中で、綺麗な文章表現ができたらと言う思いも
あります。

短くて、内容が濃くて、綺麗な書き言葉を
伝わるように書けたら、きっと幸せです。

写真や絵も混じって来ます。
表現の幅がブログって広い。
奥が深いですね。
  1. 2014/02/02(日) 21:26:40 |
  2. URL |
  3. 今野あん(旧:anfell) #ldSHJ4vM
  4. [ 編集 ]

詩については、
読む側が詩人なら、
書く側は必ずしも詩人でなくてもよくて、
乱暴に言えば、書く側は詩を意図しなくてもよくて。
子どもの詩とか、絵とかって、
そんなところがありますよね~。

何を内容と思うか、
何をきれいと思うか、
そんなのも読み手に投げられています。

詩らしく書かなくても、
詩らしい言葉を並べなくても、
ある人が読めばポエジーが立ち上がる、
そんなのが僕の幸せ。
常に失敗することを運命づけられていますが。
  1. 2014/02/03(月) 10:27:58 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/721-2a64c420
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)