馬鹿の世界の点景になりたい。

qinggengcai

エロの力 13/xx


    恋とエロは双子の姉妹だが、
    それぞれにアプローチが異なる。
    僕は恋を捕まえたいが、
    エロは僕を捕らえて離さない。



恋愛至上主義、
というわけではない。
そんな思考になる必要がない。
そんなに大上段に構える理由が分からない。

恋愛と、至上とか主義とかの組み合わせが、
僕には小恥ずかしい。
大仰なくせに、どこか幼稚な文字の並びは、
間にあるいくつもの可能性を忘れて、
両極端な二分法に振り分けてしまうことを予想させる。
恋には上下も至上もなにもない。
主義などなくても恋はできる。

仕事や、受験や、クルマや、バイクや、
音楽や、映画や、小説や、なんでもいい、
その他いろいろといっしょに並べて、
恋愛は、ときどき意識に上がれば上等だ。
もちろん、ときにはすべてが霞んでしまうくらいの、
最優先の課題になってもいい。



しかし、彼女がいないときには、
そんなに鷹揚に構えてはいられない。
ついつい思考がいじけてしまう。
恋愛は欠落感として意識に上がって、
なにを投げ入れても埋まらない。

恋愛至上主義は、
彼氏彼女がいない人のものだと思う。



そして、僕は彼女と別れても、
エロは僕とは別れてはくれない。
恋愛対象がいないことに対する劣等感、
これは相当に手強くて、
エロには、気遅れや、虚しさや、
後ろめたさがつきまとう。

彼女がいないときのエロ、
その切実さ、そのかっこ悪さは救い難い。
それでも、この世の終わりではない。
明日も明後日も、きっと悪夜は繰り返される。



    恋とエロは双子の姉妹で、
    どちらも人の気をふれさせる。
    とりわけ、少しも満たされない恋と、
    抱えきれないほどのエロが揃えば。



エロはかっこ悪い。
どうしようもなくかっこ悪い。

音楽や、映画や、小説や、なんでもいい、
そんな会話は続かないくせに、
エロい話にだけ乗ってくる人はかっこ悪い。
なにかにつけて不器用なくせに、
性技にだけ長けている人は、
間違いなくかっこ悪い。

人はエロだけで生きるものではない。



僕は、かっこつけだから、
かっこ悪いのは耐えられない。

僕は、旧ミニに乗り、ダホンを漕いで、
哲学をかじって、仏教にふれて、
ジャズを聴き、勉強は欠かさず、
こんなに気取った文章を書いている。
それが傍目にかっこいいかどうかは別として。

かっこいい、とは、
ほかの誰かにどう映るのかではなく、
僕が、ほかの誰かにどう映ると思うかということだ。
誰かが僕を笑っていても構わない。
僕が僕をかっこ悪いと思うことに比べれば。

エロもまた、
世の中への問いかけの方法だろう。
だったら、かっこ悪いエロを、
なんとか、かっこよく表現しよう。

かっこよさの基準がない者は、
不用意にエロを表現してはいけない。



県警生活安全総務課と青葉署などは9日、
県迷惑防止条例違反(卑わい行為の禁止)の疑いで、
相模原市南区上鶴間本町4丁目、会社員の容疑者(36)を逮捕した。
逮捕容疑は、3月28日午後10時10分ごろ、
横浜市青葉区の路上で、
いずれも同区在住で16歳の私立高校1年の女子生徒3人に
「僕は変態。変態を見てくれませんか。1人30分2千円です」と書かれたメモを渡し、
約20分後にも再びメモを渡した、としている。
同署によると、同容疑者が車で立ち去った後、
通りかかった同署員に女子生徒がメモを見せた。
メモには同容疑者の携帯電話番号が書かれており、犯行が発覚。
同容疑者は「卑わいな内容のメモを渡したことは間違いない」と容疑を認めているという。
2011/06/09、カナロコ







  1. 2013年12月08日 12:34 |
  2. エロ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

コメント

反論の余地がないほど、同意見です。
特に
>恋愛至上主義は、
>彼氏彼女がいない人のものだと思う。
は得心しました。もしかした僕はエロより恋に興味があるのかもしれません。
ラブストーリーのように、エロストーリーもかっこよく表現できないか考える必要がありそうです。
  1. 2013/12/08(日) 19:24:43 |
  2. URL |
  3. 哲心 #-
  4. [ 編集 ]

今回、まじめに書きすぎたかも。
中学のとき、高校のとき、その時々に恋をして、
いっぱい恥をかいて、みじめなオナにーをして、
卑怯なつき合いかたをして、ずるいエッチをして、みっともなく別れて、
そうやって自分の気持ちが分かって、他人の気持ちも分かって、
やっと自分の価値判断の基準が育ってきます。
きれいなままではいられませんが、
でも、きっと、そこからなんだな~、きれいでありたいと思うのは。
かっこよくありたいと思うのは。
って、かっこいいな、今日の僕は。
  1. 2013/12/08(日) 21:44:32 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

恋をすると人は美しくなる。
大袈裟に言えば、相手は人でなくてもよい?
書物に恋をしても、哲学に恋をしても、何でもいいと思う。
恋をして、その世界に没頭している人は美しい。
かつてキルケゴールは、若く美しくなったソクラテスといったけれど、恋をすると、人は若く美しくなる。
そういう意味では人生なげてはいけない。自殺等最悪で、自暴自棄になるのもいけない。
エロにしても、たまたま相手がいないからといって変態行為に走るのは、いけないね。
世の中広い、そのうち自分と合う人が出てくる。
死刑囚と結婚する奇特な女性だっているわけでー。
まあ、真面目に書いてみました。
  1. 2013/12/08(日) 22:23:18 |
  2. URL |
  3. oki #-
  4. [ 編集 ]

では、もうひとつまじめに。
プラトン、ニーチェ、ウィトゲンシュタイン、 フーコー、
ほかにもたくさん、共通点は、みんなゲイです。
つまり、哲学は、ホモな思考で、
恋やエロについてヘテロな僕も、
ホモが混ざりながら恋やエロを考えているのかもしれません。
カントは同性愛は嫌いでしょう。
そのあたりは、ぶっちゃけ、好き嫌いではないでしょうか。
理性の枠には収まりません。
もちろん僕は、ゲイも含めて、
いろんな美しさがあっていいと思います。
淀川長治みたく、映画と結婚したような人もいるわけで。
っていうか、彼もゲイだけど、
というオチで、さよなら×3。
  1. 2013/12/08(日) 23:31:17 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

度々失礼します。

>僕は、かっこつけだから、
かっこ悪いのは耐えられない。

本当に青梗菜さんの文章、読めば読むほど、わたしと正反対なのでそこが非常に興味深いです。

わたしはカッコよくなろうなんて考えたことありません。
金髪碧眼に憧れたことがないのと同じように。
自分でない者になれるはずがありません。

映画でも「ラブストーリ」「ラブコメ」というジャンルだけは「アクション」「アニメ」同様に苦手です。

青梗菜さんはブログの写真を見るとわたしより一回りは若そうですね。わたしは1960年代前半生れですから。

いろんな意味で劣等生であり落伍者であるわたしからすると、青梗菜さんは存在自体が完璧で非の打ち所がないという印象です。
もっともこれはあくまでこのブログを通じての印象ですが、
おそらく実際にもそれほど差はないのでしょう。

前にも書きましたが、わたしはokiさんのフェイスブックーgooブログ経由でここを知りました。
okiさんはわたしのフェイスブックの友達ではありません。わたしが勝手にフォローしています。
理由はこれまたかれがわたしと正反対の考え方の持ち主だからです。
わたしと青梗菜さんとの違いと
わたしとokiさんの違いは「違い方」が異なりますが、
お二人の考えを聴いていると、本当に「ここまで違うのか!」ということばかりで、そういう意味で興味があります。

青梗菜さんの文章を読んでいると、自分がひどくみすぼらしい存在に感じられます。

たしかにカッコいいですよね。あまりにも・・・



  1. 2017/11/21(火) 01:38:51 |
  2. URL |
  3. poboh #KrjhbhPI
  4. [ 編集 ]

pobohさん、こんにちは。

>わたしはカッコよくなろうなんて考えたことありません。
僕には、かっこよさ、としか言いようのない判断基準があって、
でも、自分で自分をかっこいいなんて思っているのは、
かっこ悪さの筆頭でw、
その判断基準の不合理性が、
言葉も、行為も、不一致ばかりを感じる理由なのかも。

優しくなろう、でもいいかな。
自分で自分を優しいなんて思っているのは、
優しくなさの筆頭で、
自分で自分を寛容なんて思っているのは、
狭量さの筆頭でw。

>青梗菜さんの文章を読んでいると、自分がひどくみすぼらしい存在に感じられます。
自分自身を軽蔑する者も、やはり常にその際なお、
ってのがありました。
ニーチェの「善悪の彼岸」ですが、
ここで、ニーチェを引いてこなければ返信ができない僕は、
どこか正直さに欠けると思われますw。
  1. 2017/11/21(火) 13:10:14 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/689-fd334ad7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)