馬鹿の世界の点景になりたい。

qinggengcai

popular


プリウスだらけ。
日増しに、プリウスだらけ。
大衆車、と呼んでいいくらい。

しかし、初代プリウスはめっきり見かけなくなった。
先代も減ってきた気がする。


気がかりだったことは解消された。
劣化した動力電池の交換費用、
そんなものは考えなくてもよかった。

そこまでして乗り続ける人はいない。
廃車にして、また、地球に優しいクルマを買えばいい。


ビートルも、キャトルも、チンクも、ミニも、
大衆車は、計画的なモデルチェンジはしなかったし、
簡単にゴミにならなかったけれど、
そんなのは、この国では環境保全につなげない。


初めから環境保全なんて考えていない。
環境保全の手段と目的と、節約までがごっちゃになっているから、
わけの分からないまま、エコが定着して、
エコバッグ、エコポイント、エコカーになって、
エコカー減税、エコカー補助金なんてことになる。

この国の人たちは、
生態系(ecology)の最適化と、
節約(economy)の区別もつかない。


大衆車の代名詞、カローラにHVが搭載されたが、
HVは大衆車になれるのだろうか。

大衆に愛されるクルマになるのだろうか。

    131006c.jpg







  1. 2013年10月06日 21:53 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

コメント

プリウスというと思い出す。
テレビ朝日系列で、素敵な宇宙船地球号という番組やって、トヨタグループが提供していたんだけど、トヨタが引いて番組終了。
コマーシャルはプリウスがどうというものばかり。
排気ガスを垂れ流す自動車メーカーが、環境問題の番組を支援する矛盾。
けどトヨタって愛知では、やはりすごいんでしょ。
新宿はもうすぐスバルビルが取り壊し。
自動車業界もいろいろあるようでー。
  1. 2013/10/08(火) 00:18:37 |
  2. URL |
  3. oki #-
  4. [ 編集 ]

まだ乗れる車を廃車にさせて、
プリウスだらけになったわけですけど、
そんなのをエコと呼ぶわけです、この国では。
エアコンや冷蔵庫みたいに10年でゴミになるクルマがエコで、
長く大切に乗ることはエコとは関係がない別のことがらだとしたら、
僕はエコの意味を捉え損ねているのでしょう。

この国でだけ通じるような意味を持ってしまったエコは、
きっと、とんでもない化けものです。
環境問題を考える前に、まずエコを退治しないと。
  1. 2013/10/08(火) 10:44:06 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

この度、社用車が買い替えになりました。
買い替えられて思ったのは・・・

「なんで買い替える必要があったのだろう?」

車体も大きくなって何でも載せられるようになったけど、一度もその実力は発揮していません。むしろいつまで経っても実力を発揮しないままかと。
トラックみたいで乗り心地も悪いです。
大きく重い車になったので燃費も極端に悪くなりました。
大きくなったので運転手君が納車3日目ぐらいでブツけて凹みました。

修理に最安値で3万。
ぃぁ、それよりも車両本体費用に300万も。
無駄な部分にそれだけ使って燃費も悪くして支出を増やして・・・
それなら従業員に還元すべきじゃないの?
そうまでして知り合いの販売店を使いたかったの?

エコはエゴに勝てませんでした・・・ ネゴはしてたみたいだけど

  1. 2013/10/09(水) 00:43:51 |
  2. URL |
  3. naru #-
  4. [ 編集 ]

全自動運転のクルマなんてつくってますね。
それが大衆車になる時代は来るのでしょうか。
MTからATへの変化が定着したように。

ぶっちゃけた話、クルマに乗らない方がエコですよ。
  1. 2013/10/10(木) 11:13:42 |
  2. URL |
  3. 瀧野信一 #-
  4. [ 編集 ]

naruさん、こんにちは。

買い替える必要は、クルマじたいにはなくて、
税金を払うくらいなら、って思惑がありますね。

ミニに乗っているくらいですから、
プリウスに乗りたいなんて思いませんけど、
だからといって嫌うこともないのが大人ってものですが、
自社の利益のために公費を引き出してくるような、
プリウスは政治的すぎて許せないところがあるのです。

それで、何年連続売上1位とか、
やってることは、審判を買収している韓国チームと変わりません。
エコを装ってますけど、薄汚れているのが透けて見えます。
  1. 2013/10/10(木) 14:31:11 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

瀧野さん、こんにちは。

それを言っちゃあおしまいよ的には、そうなります。
クルマの生産をやめたら、いろんな夢がかなうかもしれませんよ~、
考えたこともないけれど。

僕たちは、まだクルマから愉しみを引き出せますが、
全自動運転があたりまえなるとどうなるのでしょうね。
便利ではあるけれど、趣味と呼ぶには上出来すぎて、
よほど風変わりなアンテナを尖らせないと趣味にならない、
それは、僕には夢がないのです。
  1. 2013/10/10(木) 14:34:58 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/649-81abd621
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)