馬鹿の世界の点景になりたい。

qinggengcai

ヘルメット


ロードバイクに乗る人の、
例のジャージ、噂のレーパン、
お決まりのアイウェア、お定まりのヘルメット、
それらは、野球のユニフォームや乗馬服のようなもので、
おしゃれさは求めてはいけない。

騎手は乗馬服を着て出かけないし、
野球選手はユニフォームを着たまま帰宅することはないが、
ローディはそれをしてしまうから行く先々で場違いになる。

僕には無理、
色も形も、服飾センスとしてはあり得ないものばかり。

ヘルメットをかぶりたくないわけではなくて、
なぜあのお定まりのデザインが定着してるのかが分からない。
そして、あの競技っぽい価値観を、
抵抗なく受け容れてしまうのが不思議でならない。



ヘルメットはこんなのにしよう。

    130706.jpg

僕は、誰かと何かを競っているわけではない。







  1. 2013年07月07日 10:54 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

その気持ちは、僕も全く同じでした。
妻は未だに、そう言っています。
その領域に入らないと分からなことがあるんです。
軽くてバタつかないジャージ。
軽くて通気性の抜群なヘルメット。
ヘルメットのお陰で2度も命拾いしました。
知ってしまえば戻れません。、
問題はデザインですね。
青梗菜さんの進みたい方向で正解だと思います。
頑張ってください。
  1. 2013/07/08(月) 07:45:28 |
  2. URL |
  3. ビーカブ #-
  4. [ 編集 ]

自分で逃げ道をふさいでる格好ですよね~。

まず、今日は遊んでます、って言ってます。
仕事で、急用で、これから通夜で、
そんな予定はまったくありません、って宣言しています。
それなのにえらいスピードで走ってます。
皆さん目的を持って移動しているのに、
移動手段で遊んでるなんて、車道でも歩道でも肩身が狭くて当然です。

立派な自転車に乗っているくせに、
立ちゴケに意識が行ってるなんて、
前と後ろに子どもを乗せたお母さんには想像もできません。

入れる店も限られるし、汗くさいし、
僕はレーシーな向きは無理かもしれない、
気が弱いもので。

おっしゃるとおり、
ヘルメットは、デザインのバリエーションがなさすぎます。
ユニクロが3千円で作ったら、1万個くらい売れるかもしれません。
  1. 2013/07/08(月) 11:04:06 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/604-0c4fa0d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)