馬鹿の世界の点景になりたい。

qinggengcai

廃工場


自然を美しいというのなら、
廃工場は美しい。

この工場は、
自然に抗うことを一切やめてしまったから。

    130523a.jpg

美しいと思う自然だけを美しいというのなら、
言葉の無意味な繰り返しに過ぎず、
自然は、美しいとは無関係になる。

それにしても、人くらいなものではないか?
自己の努力と所産を、自然だと思っていないのは。

自然の対義語は人工らしいが、
自然科学の成立する場所は、自然だろう?



絵に描いたような、という比喩がある。
絵は美しいという含意があるが、
そんな喩えではなく、
ほんとうに絵の具で描いたような光景があった。

    130523b.jpg

廃工場は、絵に描いたように美しい。
美しくないのなら、
写真に切り取りたいと思わせるくらいに惹かれてしまう、
この感覚を何と呼ぶ?







  1. 2013年05月24日 03:03 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

コメント

おお、廃墟の写真ばかり撮っている写真家いますよ、宮本隆司さん、検索してください。
チンゲン菜さんと近い感覚にいるな。
  1. 2013/05/25(土) 01:21:12 |
  2. URL |
  3. oki #-
  4. [ 編集 ]

宮本隆司、画像、検索、
あぁ、なるほど、かっこいい。
僕は、瓦礫には惹かれないのですが、そこが分からないところ。

自然の側にしてみれば、廃墟は、安定に向かっているわけです。
僕たちにしてみれば、死のイメージをまとった感じの悪い場所。
生と死が拮抗して僕たちが生きているとすれば、死に傾いた場所です。
でも、瓦礫はもはや跡かたもなく死んでいて、
場所が失われて、記憶も失くして、僕にはゴミにしか見えません。
ゴミは、僕にはなんの感慨もなく安定しています。
たぶん僕のほうが、ふつうの感覚ですよね。

僕が廃墟の写真を撮りためるとしたなら、
個人的なテーマを少しでも普遍化させること、
他者への通路をこじあけること、
それを忘れずに撮りたいと思います。
美の基準なんて、もう分からなくていいのですけど、
廃墟に美があるとしたなら、きっとそのあたりですから。
  1. 2013/05/25(土) 10:12:03 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

人間の自然な部分を評価し、美しいとしたのがルソーでした。
彼は当然環境としての自然も美しいと賛美しました。
人為の塊みたいな廃墟に自然を見いだす、というのは私にはルソー的な事象のような気がします。
それはルソーも私も性善説に立つからのように思われます。
廃墟が美しいのは人の自然な部分がでるからでしょう。
  1. 2013/05/25(土) 11:06:37 |
  2. URL |
  3. 瀧野信一 #-
  4. [ 編集 ]

ルソー、知らない~。
なるほど、ひとつの見方ですが、
廃墟は、人為を離れ、自然が引き継いだ共作、
と観ることができます。
そこに美を観る人なら、
この工場で茶をたてるでしょう。
パフォーマンスとしては過剰ですが。

僕が経験する現象まるごとを自然とすれば、
人為も同じ地平で自然です。
自然を美しいというときには、
僕たちにも同じ美しさを重ねていいですね。

僕の感覚は、やはり生死が意識に上ってきます。
建物とか道具とかって、見た目には生きているのか死んでいるのか分からなくて、
生死の間がぼんやりしています。
写真なら、道具とゴミの間、
そんな時間を切り取りたくなります。
  1. 2013/05/25(土) 13:13:03 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

チンゲン菜は、軍艦島とかには惹かれませんか?
人為が自然に還って行く場所ー。
  1. 2013/05/25(土) 23:11:56 |
  2. URL |
  3. oki #-
  4. [ 編集 ]

軍艦島、行ってみたいです。
あそこはもう観光地ですから、
立入禁止、大阪府警、みたいな、
ささくれだった感じはないかもしれませんが。
  1. 2013/05/27(月) 10:09:37 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/579-9f9c3113
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)