馬鹿の世界の点景になりたい。

qinggengcai

仕方がない


原因と結果、
同一の事象にある、2つの対照的な局面。

結果は、原因との二項関係で語られるが、
何を原因とするかは、
論理的な必然性を欠く。



    ……
    地の基いをわたしがすえたとき君は何処にいたか。
    語れ、もし君がそんなに利巧なら。
    ……
    ――“ヨブ記”38章

因果説は、法則ではない。
世の中はとてもややこしくできている。
同時に働く原因を特定することは不可能だ。

そして、前提として、
僕たちがなにげに暮らしている、
この宇宙が必要だ。

時間は、恣意的に措定された原因から進行を始める訳ではない。
原因には、その原因があり、
連鎖は際限なく時系列を遡行する。
ごく控えめに言っても、
宇宙の始まりまで行き着くはずだ。

原因、結果関係は、思考の方法に過ぎない。
人が理解できる範囲で原因に区切りをつけるのは、
人の都合にほかならない。



    ……
    やさしい心の持主は
    いつでもどこでも
    われにもあらず受難者となる。
    ……
    ――“夕焼け”

善因が善果を生むとは限らない。
良心を叱責するのは良心だ。

    ……
    不法を耕す者、
    邪悪を蒔く者は、その実を刈りとる。
    ……
    ――“ヨブ記”4章

とは限らない。
僕たちの経験則に照らせば、
その原則は往々にして例外になる。

    ……
    何故悪人が生きながらえ
    年とってその富も増し加わるのか。
    その子孫はともにいて安穏であり、
    その裔もその眼前に安らかである。
    彼らの家は栄えて恐れはなく
    神の笞(しもと)は彼らの上には臨まない。
    彼らはその生涯を幸福に送り
    安らかに陰府に降る。
    ……
    ――“ヨブ記”21章

ヨブの言うとおり。
僕たちの世界は、邪悪で、不合理だ。



仕方がないことは多いから、
悔むことも多い。
悔やんでも仕方がないことも多い。

許される、その確信があるから、
心から悔やむことができるのだろうか。
行為が許されないと思うときは、
むしろ自己の行為を正当化するのかもしれない。

もっとも、正当化した結果、
許されるという確信を得たのかも知れないが。



とにかく、
仕方がないことは多い。

もちろん、ほかにも方法はあった。
僕たちは、過去にあったはずの、
様々な可能性に想いを巡らすことができるが、
しかし、実際にはたったひとつの生き方しかできない。



    ……
    私はかつて正しかったし、今もなお正しい。
    いつも、私は正しいのだ。
    私はこのように生きたが、また別の風にも生きられるだろう。
    私はこれをして、あれをしなかった。
    こんなことはしなかったが、別なことはした。
    そして、その後は?
    私はまるで、あの瞬間、
    自分の正当さを証明されるあの夜明けを、
    ずうっと待ち続けていたようだった。
    ……
    ――“異邦人”

他者からどんな意味を与えられても、
どう評価されても、どう裁かれても、
そのようにしか生きられなかった自己がいる。

自己の実存を、
他者に譲り渡すことができない自己が言う。

―― 仕方がない。



  “旧約聖書 ヨブ記”
   /関根正雄 訳、1971、岩波文庫
  “吉野弘詩集”
   /1968、思潮社
  “異邦人”
   /アルベール・カミュ著、窪田啓作訳、1954、新潮文庫







  1. 2013年04月23日 22:52 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

コメント

関根正雄さんは、旧約聖書の大家で、その息子さんが、僕の指導教官だった関根清三さん。
それはともかく、ヨブ記は良くわからない書物で、最後に神がヨブの前に現れますが、一体何を言いたいのかわからない。
宗教は応報思想では語れないと言うことか?
しかし、それならカントは、最高善の思想はキリスト教の思想と一致すると語るけど、最高善の思想とは、良いことやった人が来世神によって幸福になるという典型的な応報思想だ。
では、へブライズムの思想では世の中語れないと、梅原猛さんが、人類哲学序説、岩波新書出して、へブライズムとヘレニズムの呪縛を越えて、なる章を設けているけど、東洋思想に回帰すれば、上手く行くとは簡単な話にすぎる。
つまり良くわからないのですよ、笑
  1. 2013/04/25(木) 02:27:12 |
  2. URL |
  3. oki #-
  4. [ 編集 ]

コアなことやってますね。
硬軟とり混ぜて、ですね。
okiさんもコア。
ご苦労様でした。
  1. 2013/04/25(木) 09:19:22 |
  2. URL |
  3. 瀧野信一 #-
  4. [ 編集 ]

okiさん、こんにちは。

よく分からない、う~ん、
分からないものは、仕方がない。
僕たちにしてみれば、話が出来損ないなのですよね。

ついでに言えば、夕焼けも、異邦人も、後味が悪いです。
苦しいな~。
  1. 2013/04/25(木) 10:59:22 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

瀧野さん、こんにちは。

コアですか~、
ハードですよね、ハード・コアですな~。
マゾヒスティックな性向があれば、
快感に変わるのかな~。
苦しいな~。
  1. 2013/04/25(木) 11:00:01 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/564-d81c8e5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)