馬鹿の世界の点景になりたい。

qinggengcai

コレクションとは何か 1/x


コレクション、
その言い換えを探そう。

まだ、どう結んでいいのか分からない。
落ちは決まっていないが、
踏み出してから、途方に暮れよう。



自己満足、
なんて落ちをつけてはいけない。
そんなのは、何も言っていないのと同じだ。

自己満足とは、
自己満足という安直な答で、満足できる自己をいう。



意図は必要だろうか。

最初から、何かを集めようと企図している場合は分かりやすい。
意図しないうちに、
その人の周りに集まってきたもの、
それがその人にとってコレクションになるためには、
その人の意図が必要だろう。



ペットボトルのふたが3個ある。
相似形は小さな差異を際立たせる。
3個のふたがコレクションになるためには、
3個のふたに意味を与えるような、
誰かの意図があればいい。



3個の植物の鉢がある。
3個とも、すべてアイビーが植えられている。
そこが花屋なら、
3個の鉢はコレクションではない。

3個のアイビーの鉢を持つその人が、
アイビーを集めようと意図していないとき、
それは、植物の ―― 緩やかな括りでの、コレクションであっても、
その人にとっては、アイビーのコレクションではない。

しかし、その偶然は、
コレクションと呼ばざるを得ない、
少なくとも、僕にとっては。







  1. 2013年04月15日 10:15 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

コメント

なるほど。
コレクションは偶然の集積を、コレクションにしようと意図することによって成立する、と。
それで、その偶然をコレクションと呼ばざるを得ない、と。

その偶然は必然なのでしょうか、運命なのでしょうか。
人は現象の原因を旨く説明できないときに偶発的な現象だ、と説明するのではないか。
ならば、その偶然は必然である可能性があります。
その人ならでは好みや生活のパターン等の変数が重なり、影響しあって生まれる集積がコレクションのはじまりなのでしょう。
だから、コレクションには人柄が出るのでしょうね。
  1. 2013/04/16(火) 09:31:40 |
  2. URL |
  3. 瀧野信一 #-
  4. [ 編集 ]

先読みされてますな~、
ありがとうございます、なにかと助かります。


そこに山があっても登らない人と、
登る人がいるように。

ずっと前から出会っていた植物と、
出会いをやり直す日が来るのですね。
毎日出会っている人と、
恋に落ちる日があるように。

偶然のイベントを、
必然は待ち焦がれていたのでしょうか。
  1. 2013/04/16(火) 13:49:45 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

蒐集って、
どうやって世界を色分けするのかということになるのでしょうか。
自分の基準で塗りわけられるのか。
他人の基準で塗り分けられた地図を受け入れて、
そのまま塗り分けるのか、それとも自分の関与を加えるのか。
自分が関与する喜びを認めるのか。
そもそも、自分は世界を塗り分けたいのか。
私はネット上でのみ、
蒐集癖を発揮させています。明らかに。
たとえば、志ん生と検索窓に入れることで、
その後の結果をほぼ全て受け入れています。
音楽でも、同じです。
到底知りえなかった世界がネット上に広がってしまっているので、
もう、引き返せない。
時間も足らないし、
このあたりが、非常に怖いですね。










  1. 2013/04/16(火) 21:37:17 |
  2. URL |
  3. 海底まきがい #-
  4. [ 編集 ]

あるものに価値を与え、
与えられなかったものの価値を減じて、
並び変える関数でしょうか。
ふつうには花が主役で、アイビーは脇役ですが、
僕はアイビーが主役で、
花は秩序を乱す者なので脇役にもなれません。

知れば知るほど、知らないことが気にかかり、
集めれば集めるほど、
まだ集まっていないものへの認識が強くなります。
世界のほんの一部だとしても、
僕たちにとっては際限がありませんよね。
時間が足りません。
どれだけあっても、足りないと言うのでしょうけど、
それにしても。

もうすぐ枝雀の命日です。
もう30年も前のこと、
枝雀寄席をビデオに録って繰り返し観ていました。
あの頃の泥臭さがちょうどよかったかな。
なんだか情報が多すぎて、過呼吸になりそうです。
  1. 2013/04/16(火) 22:39:23 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/556-f810731a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)