馬鹿の世界の点景になりたい。

qinggengcai


空間が生まれ、
時間が流れ出す。

10^-44秒後 ――、
1秒の1兆分の1を1兆分の1にして、
さらに10億分の1にした時の間に、
宇宙は、10^-33cmから直径1cmにまで膨れた。

極めて極めて小さい宇宙が極めて小さい宇宙になった訳だが、
この膨張率は凄まじい。
1mmから始まったとしたなら、
1000億光年の大きさになっている。

その時の温度は1兆×1兆×1万度。
こんな数字は、僕が、ひと桁、ふた桁間違えていたとしても、
1兆割るのを、掛けるのを忘れていたとしても文脈が変わらない。
きっと、誰もが考えることを止めている。



刹那の後、握りこぶしに収まっていた宇宙は、
さらに僕たちが直観できないふるまいをする。

10^-35秒後 ――、
1cmで隣り合っていた空間は、
現在観測できる宇宙全体よりも遠く離れた。



端緒の後の3分間、
巨大な核融合炉の中で ――。

素粒子と光子と電子が飛び交い、
素粒子が結びついて陽子と中性子が生まれ、
陽子と中性子が結びついて小さい複合核、
重水素やヘリウムやチタンが生まれた。

30万年後 ――、
温度が3000度(K)ほどに下がった頃、
電子と原子核が結合して通常の原子を形づくる。
そのほとんどは水素だ。

10億年後 ――、
重力の歪みに水素が落ちて星が生まれ、
星が集まって銀河が生まれた。
重力で収縮するにつれて温度が上昇し、
中心部が1500万度、水の160倍の高温高圧になったときに核融合が始まる。
星たちが光り始める。

星は核融合により、
炭素(C)、窒素(N)、酸素(O)など、
次第に重い元素を生み出し、
巨大な星は、7億度でナトリウム(Na)、マグネシウム(Mg)、
30億度でリン(P)、硫黄(S)、塩素(Cl)、カリウム(K)、カルシウム(Ca)、
50億度で鉄(Fe)を生成する。

やがて、星は核の燃焼による寿命を終える。
自らの重みに耐えられなくなった星の核が潰れはじめ、
跳ね返って爆発を起こす。
高速で元素がぶつかり合い、圧力も温度も上昇する中、
核融合が進み鉄よりも重い元素を作り、撒き散らす。

そんな星たちの欠片を集めて、
太陽系が生まれた。
100億年後、宇宙の片隅で。



今から46億年前、
輝き始めた太陽の周りで ――。

円盤状に太陽をとり巻いていたガスや塵から、
10兆個の微惑星が生まれた。
地球の軌道になる辺りでは、
直径10km、重さ1兆tほどの微惑星が100億個あり、
それらは、引き合い、衝突と集積を繰り返し、
やがて原始の地球を形づくった。

微惑星は秒速数kmから10数kmの速さで地表に落ちて、
互いを砕いた。
衝突の地点は1万数千度の高温になり、
互いを溶かし蒸発させた。
密度の高い金属は地球の核へ沈み込み、
蒸発した気体は舞い上がり大気をつくった。

水蒸気を主成分とする大気は、熱を包み込む。
地球は溶岩の海が広がる火の玉になって、
微惑星を捉えながら転がった。

原始の地球が成長するにつれて、
他方、衝突してくる微惑星も集積が進んでいる。
月の成因に関して、
地球に火星ほどの大きさの微惑星が衝突し、
砕けた破片が結集して月になったとする説が有力だ。

微惑星を喰い尽し、
衝突の回数が減少すると、
地表と大気が冷え始めた。
溶岩の表層が薄く固まった。
同時に、大気が水蒸気を手放して雨が降った。



雨は1000年降り続く。
空の水がすべて落ちて、
地表を覆い尽くした。
海が生まれた。



雨上がり ――。
透きとおる星空に、
惑星になり損ねた月が落ちかかる。
やがて、白い太陽が昇ったとき、
光と水は空に魔法をかけた。
青ざめた虚空に、虹が架かった。

そのとき地球は、
生命の誕生を約束した、
―― そうは思わないか?



虹が架かる。
荒れ狂っていた地球が微かに笑う。
やがて僕たちが見る、
地球の色をすべて示して。

地球は微笑む。
どうやら100億年は茶番だったらしい。







  1. 2013年03月31日 09:02 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

コメント

科学対価値観、周りの風景対自分。
このあたりの、ものさしの匙加減に、根本的な面白さを見出す。
表面に見えるものと内実の乖離。
その部分を見つめ続ける困難、苦闘。

以上のことを私が実感しつつあるのは、
ギターのチューニングの難しさを実感しつつあることです。
完全に音階の響きを合わせると、オクターブが狂ってくる。
オクターブを完全にしようとすれば、
音階は、やや微妙。

しかし、このあたりに、真実の存在を微かに感じます。

私は、オクターブ主義。
振る舞いは微妙に存在しているが、オクターブは完全だと。

オクターブを信じるならば、
音階はあきらめろと。

こういった考えを、
周りの出来事に結びつけようとする態度は、
傲慢なのか、謙虚なのか、
その判断にさえ価値観が関与していて、
結局自分中心にするしか無いのかなぁと。

とすると、自分を常に磨かなければ、申し訳ありませんよね。

その姿勢だけは、失ってはいけない部分でしょうか。






  1. 2013/03/31(日) 12:03:14 |
  2. URL |
  3. 海底まきがい #-
  4. [ 編集 ]

僕はとてもいい加減なので、
開放弦の音だけ聴いて、いきなり弾いてしまいます。
いつも床に転がっているナイロン弦の、
ギターというよりウクレレですね、アリアの7千円くらいの。

きっと僕は、何かにつけてそうなのです。
基本が少々狂っていても、
いいフレーズを弾く、書く、
大切なのはそっちでしょ、って気持ちがはやります。

哲学が、誰かが言ってた難しい理屈を所与として、
難しい話をひけらかすことの役にしか立たないのなら、
そんなくだらないものに関わらないほうがよくて、
それより、手早くおいしいところだけ摂取して、
僕の身の回り5メートルで練っていけばいいかな、
なんて思います。

僕は、たいして賢くないので、
だから、僕が練った文章は、誰にでも読めるかんたんなものです。
それでいいし、それ以外は書いても意味がありません。
難しい理屈を憶えて、その難解さゆえに日常と乖離しているよりも、
平易な言葉に置き換えて、日常に溶け込むほうが、
僕にとっては役に立ちます。
僕の日常からかけ離れた理屈も、言葉も、
僕には何の役にも立ちませんから。

> こういった考えを、
> 周りの出来事に結びつけようとする態度は、
つまり、それが哲学だと思います。
  1. 2013/04/01(月) 10:11:12 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

海底まきがいさんと青梗菜さんの遣り取り、おもしろいですね。
ギターを女性に置き換えて読むと一興です。

――海底まきがいさん
〉以上のことを私が実感しつつあるのは、
〉ギターのチューニングの難しさを実感しつつあることです。

――青梗菜さん
〉僕はとてもいい加減なので、
〉開放弦の音だけ聴いて、いきなり弾いてしまいます。
〉いつも床に転がっているナイロン弦の、
  1. 2013/04/01(月) 10:32:10 |
  2. URL |
  3. 瀧野信一 #-
  4. [ 編集 ]

ちょっと待った~、
どうしてそこを切り取るかな~。
女性に限らず、何に置き換えても形勢が悪いです。
海底まきがいさんが繊細で思慮深くて、
僕が出たとこ勝負になってしまいます。
いえいえ、別にいいのですけど。

海底まきがいさんのギターは、上手すぎ。
僕は、バレー(セーハ)で挫折しなかった程度の下手っぴです。
ギターにからめて比較するには、もはやコードが異なります。
  1. 2013/04/01(月) 20:03:51 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

おおおおい、皆さん、大きく勘違いなさっているとしか、
私には思えませんよ~。
私は青梗菜さんの文章を読んでから初めて反応として書き込みをしているのであって、
元に何か考えがあるわけではありません。
元を創っているのは、青梗菜さんですがな。
しかし、カイヨワ先生の本を読み始めてから、
自分の思っていた事がいちいち腑に落ちてきており、
本に出合えるのは、人と出会えるのと全く一緒なんだなぁと、実感しています。
中村雄二郎先生の本は、まちがえてⅡから読んでしまい、
これからⅠにとりかかります。
ホイジンガ先生の文章がパチンコ屋の宣伝に使われているのを見て、
驚愕しました。
人類に対する挑戦なのかな、この会社。
横道に逸れましたが、
私は自分のギターが上手いと思ったことは、
弾き始めた頃は、俺って天才とか思いましたが、
今は全くありません。
まして、女性の扱いなど、論外ですよ。
但し、
ギターの形は人間に似ているし、
抱きしめていると振動が自分の心と共鳴しはじめて、
それが私がギターを愛する原点であることは事実です。
弾かなくても周りの音がサウンド・ホールから入って、
振動として私に何かを与えてくれています。
かみさんにばれると怖いのですが、
私が無人島に連れて行くのは、ギターです、たぶん。




  1. 2013/04/01(月) 21:52:38 |
  2. URL |
  3. 海底まきがい #-
  4. [ 編集 ]

いえいえ、元を創っているのは僕ひとりではなくて、
次のフレーズを誘うベース、煽ってくるシンバル、
即興性、ライブ感、緊張感を楽しみながら、
時間とか宇宙とか、好き勝手なことを書けるのは皆さんのおかげです。

ホイジンガ、カイヨワ、中村雄二郎、
諸先生方の本を読んでるって、
海底まきがいさん、そりゃもう事件です、うらやましいです。
僕は、知的なものごとへの憧れは、学校に通ってた頃から抜けません。
勉強は苦手でしたけど。

僕が学生だった頃と違うのは、
検索すれば何でも出てくること。

本をたくさん読んで知識をため込んでいることが、
知的であることを保証しなくなったこと。
元来そうなのですけど。

答はいくらでも落ちいて、いつでもすぐに拾えるなら、
問いのほうが優位になります。
どんな疑問を投げるかによって、
行き着く答が変わるわけですから。
もちろん問うためには知識が要るのですけど、
重心は問いに移ります。
もともと問いにも答にも、
たいした重力はかかっていないにしても。


僕もギターがいいな~。
弦と、フレットも忘れずに。
語義矛盾になるから人は連れて行きません。
無人島ではなくなってしまいますから。
  1. 2013/04/02(火) 10:48:04 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/549-0f2d9f8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)