FC2ブログ

tetsugaku poet

qinggengcai

対蹠点の発見 ―― 100分de名著、ブルデュー「ディスタンクシオン」 13/14


>科学的に割り切れないから否定しているだけで、
>僕なら、経験を否定してまで、科学で割らなくてもいい。
数字やファクトがあり、その上にロジックを積むことを、
知性、知的な作法、知的な行動様式とするのなら、
「稲妻の一撃」は反知性的で、切り捨てられるものだろう。



    200208c.jpg



でも、割り切れない余りが人を作っていると思うんだ。
趣味でも、恋愛でも、学問でも、宗教でも、何でもいい、
誰かにとっては見過ごされる出会いが、
自分を捉えて離さない出会いになる。
それを幻想で片づけて、否定するのは簡単だ。

もとより、僕だって、幻想だと思っているもの。
だから、割り切れない余りの、片づけかたの問題だ。



    

    She's in love with the world, But sometimes these feelings
    Can be so misleading, She turn and says "are you alright?"

    ―― Fell in Love with a Girl/The White Stripes
    ―― Jack White 作詞作曲、2002、XL Recordings



201203.gif

テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2021年02月15日 00:00 |
  2. 自分らしさ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

割り切れない部分にどんな意味付けをするのかが
大事なきがしてきました(^-^
十人十色でしょうね
  1. 2021/02/15(月) 01:02:23 |
  2. URL |
  3. ランタナ #bAcQnUEc
  4. [ 編集 ]

ランタナさん、こんにちは。

この世界を説明するための、
唯一の思考の枠組などあり得ない。
きれいに割り切れる枠組もない。
なくて結構w、
割り切れない余りに充填されているのは、
一群の誤謬や空想の集積。
  1. 2021/02/15(月) 12:59:46 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/2373-b50564aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)