FC2ブログ

tetsugaku poet

qinggengcai

対蹠点の発見 ―― 「おもひでぽろぽろ」 8/14


話は変わるけれど、「おもひでぽろぽろ」は、
岡本螢原作、刀根夕子作画のコミック。
スタジオジブリ制作、1991年公開の劇場アニメ作品。
27歳になるタエ子は、山形に向かう列車の中で、
子どもの頃の出来事を回想していた。



    210201f.jpg
    210201e.jpg

    https://www.ghibli.jp/works/omoide/



山形で、又従兄弟(またいとこ)のトシオや、
農家の人たちと交流しているうちに、
次々に、埋もれていた記憶が蘇(よみがえ)ってくる。
そんな記憶の一つが、5年生のときに転校してきて、
少しの間だけクラスメートだった、あべ君だ。

あべ君は、また、すぐに転校することになり、
最後の日に、クラス全員と握手をすることになった。
あべ君は、ふてくされて、いやいやながらも、
クラスのみんなと握手を済ませるけれど、
タエ子には、「おまえとは握手してやんねえよ」って言う。

あべ君は、汚くて、下品で、粗暴で、貧しさを隠さないから、
クラス中の女子から嫌われていた。
女子たちの陰口に加わることはなかったが、
タエ子も、あべ君が汚いことを嫌っていた。
タエ子は、あべ君に本心を見透かされていたと考える。

「私、子どもの頃からそんなだったの。
ただいい子ぶってただけ。今もそう」
当人のいない所で、悪口を言うのはよくない、
クラスメートを嫌うのはよくない、それは、
優しさからではなく、本心からではなく、

道徳的な、教養に裏打ちされた心の豊かさ。



    210201d.jpg



    

    Every single one's got a story to tell, Everyone knows about it
    From the Queen of England to the Hounds of Hell

    ―― Seven Nation Army/The White Stripes
    ―― Jack White 作詞作曲、2003、V2 Records



201203.gif

テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2021年02月09日 00:00 |
  2. 自分らしさ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

コメント

青梗菜さん、こんばんは!!^^

>道徳的な、教養に裏打ちされた心の豊かさ。
宗教的な、教義に裏打ちされたバイアス?のかかった心、では無ひのか?みたいな。m(__;m
  1. 2021/02/09(火) 01:30:44 |
  2. URL |
  3. くわがたお #-
  4. [ 編集 ]

がたおさん、こんにちは。

>宗教的な、教義に裏打ちされたバイアス?のかかった心、では無ひのか?みたいな。
うん、宗教でもいいと思います。
宗教、道徳、慣習の、積集合が大きくて、
ほとんど和集合と同じ射程だと思うのよ。
  1. 2021/02/09(火) 13:53:16 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

その作品は見たことがないけど
あべ君は他の嫌だという気持ちを出した子とは
握手したのかな?と思いました~
  1. 2021/02/09(火) 18:10:44 |
  2. URL |
  3. ランタナ #bAcQnUEc
  4. [ 編集 ]

ランタナさん、こんにちは。

>その作品は見たことがないけど
僕の好きなジブリ、ベスト3を選ぶなら、
「おもひでぽろぽろ」は4位に入ってくる。
ベスト5なら6位、ベスト10なら11位、
それくらい好きw。

>あべ君は他の嫌だという気持ちを出した子とは
>握手したのかな?と思いました~
指一本で握手とか、接触しないで握手したふりとか、
そんなだったと思います。
  1. 2021/02/09(火) 20:55:02 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

毎回選外なところがツボです☆
  1. 2021/02/10(水) 00:05:10 |
  2. URL |
  3. ランタナ #bAcQnUEc
  4. [ 編集 ]

よっぽど好きに違いないw。
  1. 2021/02/10(水) 00:13:00 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/2368-6ae5a9f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)