FC2ブログ

tetsugaku poet

qinggengcai

物語論 ―― ノヴァーリスに添って 27/28


>意味は、読み手や、聞き手の創作であり、
>作者が意味まで述べてはならない。
書き手が、意味までくどくど書かなきゃならないのは、
だめなプロットで、失敗した物語である。



さて、今頃になって、今更ではあるが、紹介が遅くなった。
あまり聞き馴染みのない名前だと思われるが、ノヴァーリスは、
ドイツ、ロマン主義の詩人、小説家、思想家、鉱山技師。
1772年5月に生まれて、1801年3月に28歳で死んだ。



    210119f.jpg

本名は、Georg Philipp Friedrich von Hardenberg、
ゲオルク・フィリップ・フリードリヒ・フォン・ハルデンベルク。
1798年4月の断片集「花粉」は、
ノヴァーリスのペンネームでのデビュー作。



    Wir suchen überall das Unbedingte,
    und finden immer nur Dinge.

    われわれはいたるところに絶対的なもの
    〔無制約なもの das Unbedingte〕を探し求めるが、
    見出すのはいつも事物〔Dinge 〕だけである。[1]

    ―― Blüthenstaub/Novalis
    ―― 花粉/ノヴァーリス作品集 第1巻 サイスの弟子たち・断章
    ―― /今泉文子 訳、2006、ちくま文庫



ノヴァーリスとは、ラテン語で「新しく開墾された土地」のこと。
彼には時間的な制約があり、その期間は3年足らずである。



―― 以下、余談。
    Freunde, der Boden ist arm, wir müßen reichlichen Samen
    Ausstreun, daß uns doch nur mäßige Erndten gedeihn.

    友よ、大地は貧しい。
    ささやかな収穫を得るためにも
    ぼくらはたっぷりと種を播かなければならない。[扉書]

    ―― Blüthenstaub/Novalis
    ―― 花粉/ノヴァーリス作品集 第1巻 サイスの弟子たち・断章
    ―― /今泉文子 訳、2006、ちくま文庫



    201226g.jpg



201203.gif

テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2021年01月30日 00:00 |
  2. 物語論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

コメント

享年28歳、お若いくして亡くなられた方だったんですねぇ。
三年足らずの制約っていうのはなぜに?
  1. 2021/01/30(土) 16:15:47 |
  2. URL |
  3. ランタナ #bAcQnUEc
  4. [ 編集 ]

ランタナさん、こんにちは。

>三年足らずの制約っていうのはなぜに?
結核です。
1801年3月から、1798年4月を引くと、2年11か月。

開墾地=ノヴァーリス、とすれば、
    友よ、ノヴァーリスは貧しい。
    ささやかな収穫を得るためにも
    ぼくらはたっぷりと種を播かなければならない。
なんだけど、3年足らずでは、
たっぷりと播けなかったね。
  1. 2021/01/30(土) 17:42:23 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

当然ながら3年足らずということを事前に
知ってたわけではなかったんですよね。
おいたわしい。
  1. 2021/01/30(土) 21:16:39 |
  2. URL |
  3. ランタナ #bAcQnUEc
  4. [ 編集 ]

それでも、もちろん、僕なんかよりも、
たっぷりと種を播いたよ!
僕は、1か月かけて、ささやかですが、
少しだけ穫らせてもらいました。
  1. 2021/01/30(土) 21:34:21 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/2360-69d3e002
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)