FC2ブログ

tetsugaku poet

qinggengcai

百のプロポ ―― 或いは、苦し紛れの言い訳 12/20


056、
>自分が正しいのか、世の中が正しいのか?

問い方が馬鹿っぽい。
異なるものなら、比較にはならない。
自分と世の中は対立しない。
何でも比べていいものではない。


057、
>心は、正しさを知っている?

心の中には、正しさはない。
どんなに歪んだ感情を持っても、
どんなにいかがわしい夢を見ても、
正しいも、正しくないもない。


058、
>正しさは、どこにある?

人と人との間にある。
正しい心は、人と人との間に生まれる。
正しさは、互いに、間主観的に、
正しさが認められて、正しさになる。


059、
>独りでいるときの正しさは?

部屋から出ないで、誰とも関わらずに、
引きこもっているのなら、主観だけでいい。
正しいも、正しくないもない。
他人に理解される正しさはいらない。


060、
>正しさ、って何?

人と人が関わるときの約束ごとだ。
絶対的な根拠には乏しい。
他人と関わらないのなら、
邪魔になるくらいのものである。



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2020年08月05日 00:00 |
  2. 自分らしさ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

コメント

絶対的な正しさも存在するだろうけど
相対的な正しさで溢れてるから
プロトコルの交わせる人との正しさと
相手がどんな人かまだよくわからない時の正しさは
違うかもですね
それは正しくないと言われるかもだけど

多様性に寛容になろうとすると、
その正しさを共有するのはどういう相手なのですか?
ということが事前に確認しておかないと
足元救われることもありますね
  1. 2020/08/05(水) 00:08:32 |
  2. URL |
  3. ランタナ #bAcQnUEc
  4. [ 編集 ]

カントなら、道徳法則っていう神によって与えられた普遍的な正しさを想定するから、それにあわせりゃいいって楽なんですよね。マニュアル通り。
価値が相対化して、正義も星の数ほどあるとなると、めんどくさいし軋轢もうむ。
しかしより普遍的な正義を志向することはできるし、何より他者の正義に耳を傾ける寛容さが必要になりますよね。
貴方の言い分も分かる。けど、こうじゃないか。弁証法的により普遍的な正義を目指すことは、他者と関わる大きな意味ですよね。
  1. 2020/08/05(水) 09:46:32 |
  2. URL |
  3. oki #ibS8y52A
  4. [ 編集 ]

ランタナさん、こんにちは。

>プロトコルの交わせる人との正しさと
>相手がどんな人かまだよくわからない時の正しさは
>違うかもですね
>それは正しくないと言われるかもだけど
相手がどんな人かまだよくわからないときは、
世の中の正しさに沿える人が、
正しい人として受け容れられますね。

当たりまえの服を着て、当たりまえな行動をして、
当たりまえのことを言う。
まずは、そこから。
  1. 2020/08/06(木) 07:38:37 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

okiさん、こんにちは。

>しかしより普遍的な正義を志向することはできるし、何より他者の正義に耳を傾ける寛容さが必要になりますよね。
>貴方の言い分も分かる。けど、こうじゃないか。弁証法的により普遍的な正義を目指すことは、他者と関わる大きな意味ですよね。
僕たちは、それぞれの主観を生きていて、
他人の主観を体験することができません。
では、なぜ、他人と分かり合うことができるのか。
主観はどうやって、客観的世界に一致する知を獲得することができるのか。
そのあたりに答えたのが、純粋理性批判でした。
カント、お見事です。

>カントなら、道徳法則っていう神によって与えられた普遍的な正しさを想定するから、それにあわせりゃいいって楽なんですよね。マニュアル通り。
結局、キリスト教の道徳を至上のものとしてますね。

僕たちも、キリスト教にしても、
仏教にしても、自分ではもう気づけないくらいに、
受け容れています。
それを間違っているからといって、
嫌いだからといって否定しても、
否定し切れるものではありません。
なかったことにできませんわ。
  1. 2020/08/06(木) 08:14:55 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/2207-34a215a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)