FC2ブログ

tetsugaku poet

qinggengcai

百のプロポ ―― 或いは、苦し紛れの言い訳 5/20


021、
>生きるべきか、死ぬべきか、それが問題だ。

生きるか、死ぬかの、極端な二項対立だ。
どちらかが正しいかのように選択を迫るけれど、
そんな問いに深刻ぶっていても、答は出ない。


022、
>このままでいいのか、いけないのか、それが問題だ。

To be or not to be, that is the question.
つまり、Let it be なのか、Don't let it be なのか、
それなら、考えることができる問いになる。


023、
>人生は、生きるに値するか。

人生は、経験でしか語れないから、
値しないと思えるのなら、生きるに値しないのだろう。
ただし、一般化はできず、自分の、という目的格がつく。


024、
>自分の人生は、生きるに値するか。

自分の人生は、自分の経験でしか語れないから、
値しないと思えるのなら、生きるに値しないのだろう。
ただし、一般化はできず、自分は、という主格がつく。


025、
>自分は、自分の人生を、生きるに値すると思えるか。

自分の人生を、自分で生きるに値しないと思うときに、
否定するべきは、自分の生命ではない。
Don't let it be、このままの生き方を変えることだ。



    200628q.png



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2020年07月29日 00:00 |
  2. 自分らしさ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

コメント

私の人生は、生きるに値します、って宣言するとしたら、
なぜなら、って続けなきゃで、
なんて言えばみっともなくないのかな。
みっともなくていいのか。そう思ったんだから。
あまり発表する機会もなさそうだけど。

私の人生は、生きるに値しません!なぜなら、
っていう発表も同じか。
私はどっちのテイでいこうかなぁ、って考え始めようとしたけど、
すぐさま思考停止しました。
  1. 2020/07/29(水) 01:31:33 |
  2. URL |
  3. プラトニックまいまい #-
  4. [ 編集 ]

まいまいさん、こんにちは。

>私の人生は、生きるに値します、って宣言するとしたら、
>なぜなら、って続けなきゃで、
理由を述べて説明しなきゃ、
って思わないみたいよ、多くの人はw。

そこを説明したい人は、その単語を選択して、
その表現に絡ませて、って果敢に言葉に挑んでいるから、
おもしろくて、笑けてくるw。
がんばれ、って思う♪

>あまり発表する機会もなさそうだけど。
ないよ、そんな発表会。

>私の人生は、生きるに値しません!なぜなら、
>っていう発表も同じか。
それも、一生に一度もないよw。

>私はどっちのテイでいこうかなぁ、って考え始めようとしたけど、
>すぐさま思考停止しました。
まだぜんぜん途中だから。
どちらかに確定させなくていいもの。
  1. 2020/07/29(水) 03:27:19 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

okiさんは変わった。と自分を知っている人から良く言われます。
青梗菜さんから見てどうかな?
それはやはり、ぶっちゃけ、K務所で底辺にいる人を沢山見てきたからかな。
金もない、情報もない、身寄りもない、出ても住むところもない老人ばっかり。
それに比べて自分は恵まれているに何やってんだということ。
それに、そういう人達もかつては輝いていた時もあったろうなと考えると、切なくなってね。人を尊ばなくてはいけない。
今もクリニックに通っている人達みると、甘すぎると思うことしばしばだけど、精神科のクリニックだらだら通っても、内的に変わらなければ意味ないですよね。
それが、依存症は脳の病気だから治らないとか言い出して開き直られるとね〜。
ダメな自分を肯定しても意味ない。
生き方を変えるとは、もう、自己中から他者中心に180度転換するような大変なこと。要は、体ごとぐるっと反対側を向くようなこと。
体も変わる。身体と心は一体ですから。
大変なことだと思うね。僕もまだまだ途中。自己との闘いは永遠なんだよなあ。
  1. 2020/07/29(水) 09:02:05 |
  2. URL |
  3. oki #ibS8y52A
  4. [ 編集 ]

>To be or not to be, that is the question.
あります、ありません、それは質問ですか?と
昔の人は訳したそうなw

シェイクスピアはまぁ、イギリス出身なので
古い英語というのは別にすれば
原文が英語なので問題ないとして、

古代ギリシャの哲学者とか
フランスの思想家とかの
言葉を英訳したものって
訳者によって「表記の揺れ」があるんでしょうね。

和訳したらさらに解釈も分かれる。
痛々しい和訳は目も当てられない...。

>023>人生は、生きるに値するか。
白い画用紙を与えられて、
その紙は何かを書く(描く)に値するか、
で考えたらイメージしやすいかも。

私のは大概広告チラシの裏だけど、
もしかしたら一枚1,000円くらいする
上質の紙を使ってる人もいるかもね。

紙自体の価値は別にして、
コピー用紙か画用紙みたいなんが
一枚与えられたら、何も書かずにいるよりは
何か書く(描く)かなぁ。
試験みたいに「この時計で○時になるまで」という
制限もなく、でも紙がいつか回収されちゃうんだったら
何も書かずにじーっと紙を見てないで
何か書(描)いたほうがいいように思います。

それに、他の人はどんなの書(描)いてる、
書(描)いたを見ていいのだし。

もしかしたら折ったり切ったり、
継ぎ足してもいいのかもしれない
考えただけでワクワクしますわ。

回収された紙が作品として他人の目に
触れるかどうか、後世に残るかなんか
どうでもよくて、
今紙と向き合ってるこの時間が貴重。
楽しかったり、思ったように書(描)けなくて
悔しい、それだけかな。

中には美術館みたいなところで
展示されたりするのかもしれないけど、
そんなことにこだわってたら何も書(描)けないもの
  1. 2020/07/29(水) 09:11:07 |
  2. URL |
  3. ランタナ #bAcQnUEc
  4. [ 編集 ]

青梗菜さん、こんばんは!!^^

>つまり、Let it be なのか、Don't let it be なのか、
「Let it be 和訳」で僕は検索したけど、なんでさ?m(__;m
  1. 2020/07/30(木) 00:35:07 |
  2. URL |
  3. くわがたお #-
  4. [ 編集 ]

okiさん、こんにちは。

>okiさんは変わった。と自分を知っている人から良く言われます。
変わった、と言われるなら、いい男になったんぢゃないかな。
よくなった、なんて言い方は、
どうしても上からになりますから、
そうは言わないけれど。

>青梗菜さんから見てどうかな?
楽しそうになりましたよw。
僕も変わったはずだから、
定点観測はできないにしても。

自分ではなんとでも言えるのでw、
他人から言われるのならほんまもんですよ。
変化がすでに、行動に現れています。
>自分のことなら、決意で判断できる。
>他人のことは、行動で判断するのに。

>ダメな自分を肯定しても意味ない。
>生き方を変えるとは、もう、自己中から他者中心に180度転換するような大変なこと。要は、体ごとぐるっと反対側を向くようなこと。
>体も変わる。身体と心は一体ですから。
>大変なことだと思うね。
過去の意味まで変えるような、
射程が長いことだから、小手先ではないですね。
過去の自分はさておいて、身体ごと現在に預けるような。

>僕もまだまだ途中。自己との闘いは永遠なんだよなあ。
留まってはいられないね。
>To be or not to be, that is the question.
  1. 2020/07/30(木) 12:14:14 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

ランタナさん、こんにちは。

>>To be or not to be, that is the question.
>あります、ありません、それは質問ですか?と
>昔の人は訳したそうなw
あるとか、ないとかを、問題にするのか?
って、問い返してるw。​
それはそれで、究極の問いですわ。
Why is there something rather than nothing?
なぜなにもないのではなく、なにかがあるのか?

>訳者によって「表記の揺れ」があるんでしょうね。
そりゃそうだ。

>和訳したらさらに解釈も分かれる。
対応する日本語があるとは限らない。

>>023>人生は、生きるに値するか。
>白い画用紙を与えられて、
>その紙は何かを書く(描く)に値するか、
>で考えたらイメージしやすいかも。
白紙に、自由に絵を描くよりも、
塗り絵みたいに何を描くのかが決められていて、
できれば、色まで指定されているほうを望む人はいると思う。

>人生は、生きるに値するか。
白紙なら、当然、その答えは、
あらかじめ用意されていないことになる。
人生は、このように生きなければならない、ってものではなくなる。
だから、生きるに値するかどうかは、自分次第で、
自分にしか決められない。
でも、前もって決められた設定値を欲しがる人はいると思うよ。
自分で何も選べない人なら。
  1. 2020/07/30(木) 14:38:09 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

がたおさん、こんにちは。

>>つまり、Let it be なのか、Don't let it be なのか、
>「Let it be 和訳」で僕は検索したけど、なんでさ?
be なのか、not be なのか、ってときに、
live or die なんてことにしないで、
Let it be みたいな be でいいんぢゃないかと思うわけです。
  1. 2020/07/30(木) 14:57:45 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/2200-230a5519
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)