FC2ブログ

tetsugaku poet

qinggengcai

freedom と liberty と 不合理な信仰 3/x


>不自由から逃れるための最も簡単な解法は、
>僕もよくやってしまうけれど、嫌う、ということ。
        そして、自由から逃れるための最も簡単な解法も、
        よくやってしまう、嫌う、ということ。

昔から、口だけの人が嫌いだった。
自分を棚に上げて、偉そうなことを言う人とか。
        教育論を唱えながら、自分の子どもには見向きもせずに、
        次々に養育院に放り込む思想家とか。

老齢になって、失明しても、性欲を抑えられなくて、
自分の女性関係のくだらなさを、歎異抄で正当化する宗教家とか。
        しかし、それも、彼らの自由なのだろう。
        正直な甘えん坊のような自由だったとしても。

嫌い、というよりも、うっかり、自由になって、
彼らのような自分になってしまう怖さ。
        ついつい、彼らのように自由になってしまう弱さ。
        改めて、自由は、責任、responsibility を伴う、と思う。

        善悪は、自由の閾値である、と思う。



    

    あまりにくだらない 願いが消えない
    誰にも奪えない魂

    ―― 馬と鹿/米津玄師
    ―― 米津玄師 作詞作曲、2019、SME Records



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2020年06月15日 00:00 |
  2. 自分らしさ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

コメント

自分のことを棚に上げないと、
何も発言できなくなっちゃって、
というか、そもそも、発言することが嫌いだった、
ということにしていたりします。
  1. 2020/06/15(月) 00:36:59 |
  2. URL |
  3. プラトニックまいまい #-
  4. [ 編集 ]

まいまいさん、こんにちは。

>自分のことを棚に上げないと、
>何も発言できなくなっちゃって、
いちいち、他人のことは言えませんが、って前置きも、
だったら言うなよ、を誘うもんなぁ。

>というか、そもそも、発言することが嫌いだった、
>ということにしていたりします。
文末がもたつく感じが、がたお師匠的。
m(__;m をつけたくなるw。
  1. 2020/06/15(月) 00:56:01 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

青梗菜さん、こんばんは!!^^

>昔から、口だけの人が嫌いだった。
理論上は嫌い、私も。だが(ry 私はと云へば口から生まれてきた・・・とか云はれた始末だし。

>        しかし、それも、彼らの自由なのだろう。
いいぢやないの、自由なんだから。

>彼らのような自分になってしまう怖さ。
怖いよね。あたしやすでに過去形(ry

>        改めて、自由は、責任、responsibility を伴う、と思う
ビッケか!

>        善悪は、自由の閾値である、と思う。
「誰にでもわかるやうに書いて欲しい。」なんて云ふ人はお客様ですか?みたいな。この文は何回か見た気がするけど、意味わかんない。閾値の捉え方?の違いですか?

>    ―― 馬と鹿/米津玄師
>    ―― 米津玄師 作詞作曲、2019、SME Records
「噛み終えたガムの味」と云ふ詩句が詩人としては気になります。少なくても一カ所の滑舌の悪さよ。m(__;m
  1. 2020/06/15(月) 01:03:52 |
  2. URL |
  3. くわがたお #-
  4. [ 編集 ]

がたおさん、こんにちは。

>理論上は嫌い、私も。だが(ry
だが、おまえがゆうな、って声が聞こえる。

>いいぢやないの、自由なんだから。
人間だもの的な肯定感。

>怖いよね。あたしやすでに過去形(ry
人間だもの的なお茶を濁す感。

>ビッケか!
ビッケて、ごめん、分からんっw。

>「誰にでもわかるやうに書いて欲しい。」なんて云ふ人はお客様ですか?みたいな。
「閾値、qinggengcai」で検索したら、
「もろもろ」というブログに、「その点おっぱ.い」というタイトルで、
「手のサイズS、M、Lが閾値なの」という投稿が見つかりました。
稠密ですなぁ。

>「噛み終えたガムの味」と云ふ詩句が詩人としては気になります。
自分で詩人て言っちゃう。

>少なくても一カ所の滑舌の悪さよ。
ご愛嬌、ということで。
  1. 2020/06/15(月) 10:30:03 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/2167-11112311
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)