FC2ブログ

tetsugaku poet

qinggengcai

流れ星 ―― 詩的に、哲学的に、コロナウイルス 2/3


アースロプレウラ(Arthropleura)は、
石炭紀の森林に生息した史上最大の節足動物。
その長さは2~3m にも達する。

多足類がここまで大きくなれた理由は、
当時、酸素濃度が高かったことや、
それを捕食する脊椎動物がほとんどいなかったため。

いたとしても、こんな化けものを食うやつはいない。



    200409b.jpg

ペルム紀の前期までに、巨大な節足動物の大半が絶滅し、
その理由は、気候の変化によって森林環境が変わり、
食料となる植物がなくなったこと、とされる。

やがて、ペルム紀の終わりには、
地球史上最大の大量絶滅が起こった。
このとき絶滅した種の割合は、

全ての生物種の90%から95%に至ったと考えられている。



    僕にしか見えない地図を 拡げて独りで見てた
    目を上げた時にはもう 太陽は沈んでいた



    200409c.jpg

    造りかけの大きな街は 七色のケムリの中
    解らない君の言葉 包み紙から取り出している

    君の心の中に棲む ムカデにかみつかれた日
    ひからびかけていた僕の 明日が見えた気がした

    誰かを憎んでたことも 何かに怯えたことも
    全部かすんじゃうくらいの 静かな夜に浮かんでいたい



人類絶滅の原因として考えられていることは、
人口過多、地球温暖化、核戦争や生物兵器戦争など、
人類自らの活動の結果によるものと、

ウイルス感染症のパンデミックや、
小惑星の衝突、気候変動、火山活動など、
自然現象によるものに分けられるが、

いずれにしても、早いか、遅いかの違いだろう。



    

    造りかけの大きな街は 七色のケムリの中
    解らない君の言葉 包み紙から取り出している

    ―― 流れ星/スピッツ
    ―― 作詞、作曲、草野正宗、1999、ポリドール



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2020年04月11日 00:00 |
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

青梗菜さん、こんばんは!!^^

>ペルム紀の前期までに、巨大な節足動物の大半が絶滅し
気になつてネツトで調べたらペルム紀つて『理科年表昭和62年定価980円』で云ふところの二畳紀みたい。だからなんだと云ふのだ!!(逆ギレです。)

>その長さは2~3m にも達する。
あと27~40倍だつたら王蟲(オーム)になれますか?私はなれないと思ふ。理由は王蟲より平べつたい形だつたかもだから(また逆ギレしたいかも。)

>    君の心の中に棲む ムカデにかみつかれた日
素早い動きをしていないゲジなら何回か足で踏み殺したことがあるし逃げられたこともります。この引用した部分は恋を云つているのでせうか?さうは思へないなあ。

>全ての生物種の90%から95%に至ったと考えられている。
新型コロナウイルスによって人類は絶滅するのでせうか?ホモサピエンス?90%以上で大量絶滅と云ふならば現在約100,000/7,600,000,000≑0.0013%です。m(__;m
  1. 2020/04/12(日) 00:19:23 |
  2. URL |
  3. くわがたお #-
  4. [ 編集 ]

がたおさん、こんにちは。

>ペルム紀つて『理科年表昭和62年定価980円』で云ふところの二畳紀みたい。
うん、そうみたい。
石炭期、二畳紀、三畳紀って習ったよね。

>あと27~40倍だつたら王蟲(オーム)になれますか?
僕も王蟲にはなれないと思う。
超巨大なムカデかヤスデになると思う。

>この引用した部分は恋を云つているのでせうか?さうは思へないなあ。
ですよね。
古生代、 シルル紀の生きものですから、
ゲジゲジもムカデも、恋をしない気がする。

>90%以上で大量絶滅と云ふならば
まだ0.0013%ですか〜。
76億で10%残っても、7億6千万。
種としては、ぜんぜんだいじょうぶですよね。
  1. 2020/04/12(日) 00:57:32 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/2121-bf898ee7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)