FC2ブログ

tetsugaku poet

qinggengcai

エイリアンズ 1/3


恋愛を介在させることで、
身の周りの世界が見せる美しさ。
それを揶揄して、お花畑、とも言う。

恋愛も、美しさも、ふわふわで、
定義が揺れる印象論だから、
批判は、いたって簡単で、

そんなものは、美しいとは言えない、
本当の恋愛は、そんなものではない、
なんて反論が、容易に成立する。



    200327.jpg

それにしたって、印象だから、
何を思っても、何も思わなくてもいいような、
反論っぽい感想みたいな、気分のようなもの。

議論の余地はあったとしても、
決着しないし、しなくてもいいし、
させる気にもなれないような、

そんな議論の余地だけがある。



    

    そうさ 僕らはエイリアンズ
    街灯に沿って歩けば ごらん 新世界のようさ

    ―― エイリアンズ/キリンジ
    ―― 堀込泰行 作詞作曲、2000、Warner Music Japan



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2020年03月29日 00:00 |
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/2112-b569b37d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)