FC2ブログ

tetsugaku poet

qinggengcai

誰だって、自分が正しい 27/xx


>書く、ってのは、何のことかと、
>問いたくなるのは、あらかじめ、
>答が用意されていないからである。

>書く、ってのは、何のことかと、
>言ってみたくなるのは、もとより、
>言い得ないことだったからである。



    200127c.jpg

加えて、働く、ってのは、何のことかと、
考える、ってのは、何のことかと、
学ぶ、ってのは、何のことかと。

ひいては、風が吹く、ってのは、何のことかと、
花が咲く、ってのは、何のことかと、
まるで、子どもみたいな問いが隣り合う。

問い方によっては、いずれも、
どこにも答が用意されていないし、
どれもこれも、言い得ないものごとになる。



    200208c.jpg

なぜ風が吹くのか。
僕たちは、気圧差による空気の移動を風と呼び、
風が吹くのは、気圧差により空気が移動するから。

なぜ花が咲くのか。
僕たちは、種子植物の生殖器官を花と呼び、
花が咲くのは、種子植物が生殖を行うから。

欲しかった答は、そんなふうに、どこかに正解があって、
それを憶えればいいような知識ではない。
僕たちが問いたかったのは、たぶん、

風や花の存在論であり、目的論である。



    200220a.jpg

なぜ風が生まれて、何のために吹くのか、
なぜ花が生まれて、何のために咲くのか。
風や花に寄り添って、隣り合う問いは、

なぜ僕が生まれて、何のために生きるのか。



    

    なんのために生まれて なにをして生きるのか
    こたえられないなんて そんなのはいやだ!

    ―― アンパンマンのマーチ/黒木佑樹
    ―― やなせたかし 作詞、三木たかし 作曲、1988



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2020年02月25日 00:01 |
  2. 自分らしさ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

生きることの目的論.何のために〜。
キリがないね。
働くとは何か?は、働いてみなきゃ分からない。クリニックの就労支援にも、ああだこうだ理屈を付けて、働くのを嫌がる人がいますが、やってみないと〜。因みに僕は今、保健科学センターという一般企業で訓練中。
加えて、愛するとは何か?とか、いろんな問いが出てくる。
つまりは、他者が加わる。他者とは何か?これも他者と関わってみないと分からない。
で、考えるに、誰だって自分が正しい。
けど他者にも正しいところはあるだろう。特に愛した人ならアバタもエクボ。
誰だって自分も正しい。となるか。
自分が100%正しいのではなく、30%とか、50%とか正しくて、他者の言い分も受け入れていく。
「人が一人でいるのは良くない」
神は、アダム一人じゃさびしいだろうからとエバも作った。
神自身はアダムの話し相手にはなれなかった。
他者との共存、それが最終的にな答えになるような。
  1. 2020/02/25(火) 22:44:02 |
  2. URL |
  3. oki #ibS8y52A
  4. [ 編集 ]

okiさん、こんにちは。

>働くとは何か?は、働いてみなきゃ分からない。クリニックの就労支援にも、ああだこうだ理屈を付けて、働くのを嫌がる人がいますが、やってみないと〜。
やってみないと、理屈もつけられないよ。

>因みに僕は今、保健科学センターという一般企業で訓練中。
を~っ!
すばらしいっ♪

>加えて、愛するとは何か?とか、いろんな問いが出てくる。
>つまりは、他者が加わる。他者とは何か?これも他者と関わってみないと分からない。
他者がいなけりゃ、正しさも間違いもないよ。
ぜんぶ、無条件に自分が正しくなれば、正しさなんていらないもん。
逆に言えば、つまり、自分の正しさを譲らない人は、
必然的に、独りになる、ってことだわ。

>自分が100%正しいのではなく、30%とか、50%とか正しくて、他者の言い分も受け入れていく。
愛は、自らに対する不正、でもあるよね。
自分の正しさを曲げるんだから。
逆に言えば、つまり、自分の正しさを譲らない人は、
必然的に、愛さないし、そして、愛されない、ってことだわ。

誰だって、自分が正しいんだけどね。
自分が正しくなくなることで、
正しくなるような正しさもあるよ。
なにがなんだかw。

>他者との共存、それが最終的にな答えになるような。
うん、そこを目指して、もうちょいぐだぐだ書き進めますw。
  1. 2020/02/25(火) 23:25:49 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/2093-e3ab7f34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)