FC2ブログ

tetsugaku poet

qinggengcai

誰だって、自分が正しい 24/xx


書く、ってのは、何のことかと、
問いたくなるのは、あらかじめ、
答が用意されていないからである。

書く、ってのは、何のことかと、
言ってみたくなるのは、もとより、
言い得ないことだったからである。

プリセットされた答があるのなら、
自分が書く意味はなく、ほかの誰かでも、
人工知能でも、いくらでも代替が利く。

書く、ってのは、そもそも、
解決するべき問題ではない。
自分がするべき体験であり、

行動によって答が出される。
多くを語れば、嘘になるから、
余白を残して、空けておけばいい。

書くことで、余白が埋められる。



    200220h.jpg

生きる、ってのは、何のことかと、
問いたくなるのは、あらかじめ、
答が用意されていないからである。

生きる、ってのは、何のことかと、
言ってみたくなるのは、もとより、
言い得ないことだったからである。

プリセットされた答があるのなら、
自分が生きる意味はなく、ほかの誰かでも、
人工知能でも、いくらでも代替が利く。

生きる、ってのは、そもそも、
解決するべき問題ではない。
自分がするべき体験であり、

行動によって答が出される。
多くを語れば、嘘になるから、
余白を残して、空けておけばいい。

生きることで、余白が埋められる。



    200220g.jpg

    

    季節を越えて また出逢えたら 君の名前を呼んでもいいかな
    その頃にはきっと 春風が吹くだろう

    ―― 白日/Goose house
    ―― 常田大希 作詞作曲、2019、Ariola Japan



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2020年02月22日 00:01 |
  2. 自分らしさ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/2090-5d95380f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)