馬鹿の世界の点景になりたい。

qinggengcai

Yamaha CA-X11


Yamaha CA-X11

左下から、
インジケーター、電源、
ヘッドフォンジャック、
スピーカー切替え、
ハイカット、
メインダイレクト、
録音出力切替え、
入力切替え、
モード、
ラウドネス、
ミュート。


    110414c.jpg

インジケーターはLED。


POWER、
ポジションはONとOFF。
操作感が懐かしい。
軽い力で押し上げると、すこんっ、と入る。
スピーカーの保護回路はリレー、
動作まで約4秒。


PHONES、
ヘッドフォンジャック、6.3mm(1/4インチ)径。
プラグを差し込んでもスピーカーの音は切れない。


SPEAKERS、
スピーカー切替え、ポジションは、OFF、A、B、A+B。
インピーダンスはA、Bが4~16Ω、
A+Bが各々8~16Ω。


HIGH FILER、
ポジションは、OFFと10kHz。
ONにすると、アナログディスクのスクラッチノイズなど、高域雑音をカットする。
カットする周波数は10kHz以上、-6dB/オクターブ。


MAIN DIRECT、
ポジションは、OFFとON/-6dB。
ONにすると、トーンコントロールアンプを経由せず、
直接メインアンプに繋ぐ。
メインダイレクトがONのときは、
音量が6dB小さくなる。

    110414d.jpg

REC OUT SELECTOR、
ポジションは、TAPE COPY 2>1、TAPE COPY 1>2、
PHONO、REC OUT OFF、TUNER、AUX。

TAPE COPY 2>1は、TAPE 2端子に接続のデッキから、
TAPE 1端子に接続のデッキへコピーする。
TAPE 2が再生、TAPE 1が録音。

TAPE COPY 1>2は、
TAPE 1が再生、TAPE 2が録音。


INPUT SELECTOR、
ポジションは、TAPE 2、TAPE 1、
PHONO、TUNER、AUX。


MODE、
ポジションは、STEREO、MONO。


LOUDNESS、
ポジションは、OFF、ON。


AUDIO MUTING、
ポジションは、OFF、-20dB。







  1. 2011年04月14日 22:44 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/209-4b6b5ece
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)