FC2ブログ

tetsugaku poet

qinggengcai

誰だって、自分が正しい 22/xx


>自分が書いたことの意味が、
>自分は、本当に分かっているのか?
>書くという表現で示した自分の思考を、
>自分は、本当に書くという行動で示せるのか?
>書く、ってことは、そんなふうに、
>僕が出した問いに、僕が問われながら、
>僕が、正しく答えることである。

って、自分が書いたことの意味が、
自分は、本当に分かっているのか?
って、僕が問われながら、
僕が、僕に、正しく答えてみる。
書くという表現で示した自分の思考を、
書くという行動で示してみる。
自分で自分が面倒くさいけれど、

誰も代りにはやってくれない。



    200127d.jpg

>知ること、考えること、感じること、
>知識と思考と感情を、自分に都合よく混ぜ合わせれば、
>誰だって、自分が正しい。
例えば、そんな想いは、検索窓に打ち込んで、
答を確かめられるようなものではない。
不確かな想いは、宙吊りで、結論に至らないままに、
関心を寄せ続ける者とともにある。

検索して答が見つかるようなものごとは、
乱暴に言えば、考えるには及ばない。
どこかに正解があるなら、それを憶えればいい。
答を知っているなのら、考える必要はない。
では、考えない人、というのは、
どこかに正解があって、それを憶えればいい、
そう思っている人である。

考えて答を出しても、それが正しいかどうかさえ、
確かめようがないようなことを考える。
そんなのって、なんて無駄な時間だろう。
なんて役に立たない思考だろう。
機会費用を考慮するなら、
僕は、利益を取り損ねている。
損得を価値判断の基準に置く人なら、

僕の無益な思考を蔑視するだろう。



    200208e.jpg

正解は教えてくれないけれど、例えば、
西田幾多郎や、V.E.フランクルや、F.W.ニーチェは、
考え方を教えてくれる。
しかし、僕には、そして、今を生きる僕たちには、
もちろん、そのままでは使えない。
西田幾多郎が考えたことは、
西田幾多郎について、である。

西田幾多郎と、その時代の世の中について、である。
西田幾多郎は、僕のことや、僕と世の中のことを、
考えてくれたわけではない。
西田幾多郎が考えたことは、
僕にしてみれば、他人が考えたことを憶える知識であり、
僕にとっては、まだ哲学には至らない。
哲学なら、僕が考えなきゃならないから。

表示された、検索候補に抗って。



    200208f.jpg

    

    ちっぽけなことで悩んでる 周りの人は笑うけど
    笑いもせず ただ 見せてくれる 走り方 ヒーローが教えてくれる

    ―― 明日も/SHISHAMO
    ―― 宮崎朝子 作詞作曲、2017、Good Creators Record



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2020年02月20日 00:00 |
  2. 自分らしさ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

コメント

生きることに正解なんてないから、 人は自分が正しいと思うように生きるしかないですよね。
正しい生き方を検索するというのは笑止千万だ。というか、人はどうあれ、生きてしまっている。
逆に問いたいのは、死にたい死にたいと思う人は正しいのか?ということ。
病気が辛くて仕方ない、愛する人をなくした、いろんな理由があるでしょう。
死を巡る思索、これまた哲学の大問題ですが〜。正しい死に方?
  1. 2020/02/20(木) 02:31:04 |
  2. URL |
  3. oki #ibS8y52A
  4. [ 編集 ]

okiさん、こんにちは。

>生きることに正解なんてないから、 人は自分が正しいと思うように生きるしかないですよね。
そうとしか言いようがないですね♪w

>正しい生き方を検索するというのは笑止千万だ。
でも、断定的な思想がいくらでも出てくるぞ。

そんなふうに生きたいね、ってのは、検索できる。
それは、そんなふうに生きる理由にはなっても、
そんなふうに生きなきゃならない理由にはならない。

宗教のような、規範的な命令にしちゃいけない。
できなきゃ不幸、従わなきゃ異端、
そんなふうには生きたくないね。

>というか、人はどうあれ、生きてしまっている。
答が先ですね。
問いはどうしようもなく遅れている。

>逆に問いたいのは、死にたい死にたいと思う人は正しいのか?ということ。
>病気が辛くて仕方ない、愛する人をなくした、いろんな理由があるでしょう。
>死を巡る思索、これまた哲学の大問題ですが〜。正しい死に方?
生と死は、位相が違う。
正対しないと思うのです。

    生も一時のくらいなり、死も一時のくらいなり。
    ―― 正法眼蔵 1~現成公案/道元 著、水野弥穂子 校注、1992、岩波文庫

でも、生と並べて語らないと語れないから、
死について語れば、生について語ってしまう。

知らんけどw。
  1. 2020/02/20(木) 10:37:43 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

西田幾太郎、鈴木大拙、梅原猛など夢中で読みましたが難しすぎてよくわかりませんでした。20年前に西嶋和夫先生の「正法眼蔵提唱録」に出会い「安心立命」に至り、坐禅を頼りに毎日を暮らしています。私のブログを読んで坐禅を始める人がいたらいいな、と思いながら書いています。
  1. 2020/02/20(木) 22:36:12 |
  2. URL |
  3. 幽村芳春 #-
  4. [ 編集 ]

芳春さん、こんにちは。

>西田幾太郎、鈴木大拙、梅原猛など夢中で読みましたが難しすぎてよくわかりませんでした。
はい、難しすぎて、なにがなんだか。
僕には、読む気にもさせてくれないくらいに、なにがなんだかw。

>20年前に西嶋和夫先生の「正法眼蔵提唱録」に出会い「安心立命」に至り、坐禅を頼りに毎日を暮らしています。
いい出会いだったのでしょうね~、うらやましい!

>私のブログを読んで坐禅を始める人がいたらいいな、と思いながら書いています。
坐る、ってのは、僕には怖いことですw。
僕が価値を与えるのは、何かをした時間で、
世の中的にも、価値が与えられるのは、何かをした時間で、
わざわざ何もしない時間を取りに行くときの罪悪感、焦燥感が耐えられない。
加えて、僕が何もしないときは、
エッチなことばっかり考えてしまう♪w
  1. 2020/02/21(金) 09:54:24 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

青梗菜さん、こんにちは!!^^

>世の中的にも、価値が与えられるのは、何かをした時間で、
>わざわざ何もしない時間を取りに行くときの罪悪感、焦燥感が耐えられない。
{横恋慕(?)で、ごめんなさい。m(__)m}何(?)もしない時間にも価値があると考える者です。それとも、のんびりしようと思つてのんびりするのは何かをしているとでも云ふのでせうか?(このコメントは攻撃的だと感じられますか,もしかして。by にゃんこ先生)

あと、だうでも良いことですが私は立つてるときや歩いてる時でもエツチなことを考えることができます。(自慢)m(__;m
  1. 2020/02/21(金) 15:47:12 |
  2. URL |
  3. くわがたお #-
  4. [ 編集 ]

あと、

>答を知っているなのら、考える必要はない。
が気になつてしかたがありません。僕なら楳図かずおを連想します。

>>自分が書いたことの意味が、
>>自分は、本当に分かっているのか?
そんなこと俺は考えないなあ & わかつてなきや書けねえだろ が私の中で混じつてます。

>答を知っているなのら、考える必要はない。
>では、考えない人、というのは、
>どこかに正解があって、それを憶えればいい、
>そう思っている人である。
この論理展開(?)はこれでいいのか気になる。やつてみよう。
①答えを知つている(と多くの場合に思う)人→考える必要が無ひ(と多くの場合に思う)人
②考える必要が無ひ(と多くの場合に思う)人→答えを知つている(と多くの場合に思う)人 なら逆は必ずしも真ならずならば、成り立たない。
③でも、どこかに正解があると思つて、その、あるということを憶えればいいと思つてる人だとすると、もう③を書いた時点で意味わかんない。m(__;m
  1. 2020/02/21(金) 16:32:13 |
  2. URL |
  3. くわがたお #-
  4. [ 編集 ]

がたおさん、こんにちは。

>{横恋慕(?)で、ごめんなさい。m(__)m}
そもそも、恋慕、ではない気がするw。

>何(?)もしない時間にも価値があると考える者です。
はい、改めまして、
何(?)もしない時間にも価値があると考える者さん、こんにちは。

>それとも、のんびりしようと思つてのんびりするのは何かをしているとでも云ふのでせうか?
のんびりしようと思ってのんびりするのは、
のんびりしているのではないのか?
知らんけどw。

>(このコメントは攻撃的だと感じられますか,もしかして。by にゃんこ先生)
どぼじで、どぼじで。

>あと、だうでも良いことですが私は立つてるときや歩いてる時でもエツチなことを考えることができます。(自慢)m(__;m
そのくせ、エッチをしているときには、
どうでもいいことを考えるんだわ。
どぼじで、どぼじで。
  1. 2020/02/21(金) 18:22:43 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

>>答を知っているなのら、考える必要はない。
>が気になつてしかたがありません。僕なら楳図かずおを連想します。
楳図かずお、ってなんで?w
でも気にしないで先を急ぐ。

>>>自分が書いたことの意味が、
>>>自分は、本当に分かっているのか?
>そんなこと俺は考えないなあ & わかつてなきや書けねえだろ が私の中で混じつてます。
僕は、分かってなくても書けてしまう、が混じります。
分かったふり、分かったつもり、ってやつ。

>この論理展開(?)はこれでいいのか気になる。やつてみよう。
はい、やってみよう!(面倒くさい)
前提:答を知っているのなら、考える必要はない。

逆:考える必要がないのなら、答を知っている。
これは正しいとは限らない。
人間であるなら、女子大生である、みたいなもの。

裏:答を知らないのなら、考える必要がある。
これも正しいとは限らない。
女子大生でないのなら、人間ではない、みたいなもの。

対偶:考える必要があるなら、答を知らない。
前提が正しい人には、対偶も正しいんだよな。

続いて、
前提:考えない人は、憶えればいいと思っている。

逆:憶えればいいと思っているなら、考えない人である。

裏:考える人は、憶えればいいと思っていない。

対偶:憶えればいいと思っていないなら、考える人である。
前提が正しい人には、対偶も正しいんだよな。
  1. 2020/02/21(金) 18:23:23 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/2086-19c0cd0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)