FC2ブログ

tetsugaku poet

qinggengcai

誰だって、自分が正しい 14/xx


友達が多い人は、生きているだけで、
友達のいない私を傷つけるので、

幸せな人は、生きているだけで、
不幸な私を傷つけるので、

死んでもらえませんか?


        例えば、そう思ったとしても、
        思っただけでは、愚考ではない。

        自分の内側に留めているのなら、
        まだ愚考にはならない。

        愚考とは、愚考の表現の許容である。


愚考は、心の内を言葉に置き換えて、
外側に表すことを許して愚考になる。

そのフレーズにみんなが同意できるような、
小さくて、閉じた仲間内での話なら、

あるいは、愚考にならないのかもしれない。



    200208c.jpg

しかし、ブログで公開したのなら、
愚考になるのは免れない。

その表現が、仮に、良いとしても、または、好いとしても、
善いと判断されることはない。

公開のブログには、公的な準位が求められる。


        広くて、開かれた共同体に宛てて、
        書き手は、ブログを書き投げる。

        そのメンバーとして、読み手は、ブログを読んでいる。
        LINEやグループLINEを読んでいるのではない。

        読み手は、ブログを読んでいる。



    

    悪いのは全部 君だと思ってた くるっているのは あんたなんだって
    つぶやかれても ぼんやりと空を 眺めまわしては 聞こえてないふり

    ―― 世界の終わり/thee michelle gun elephant
    ―― チバユウスケ 作詞、thee michelle gun elephant 作曲、1996、TRIAD



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2020年02月12日 00:00 |
  2. 自分らしさ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

コメント

頭の中で考える分には何考えてもいい。
あの人を犯したい。大麻をやりたい。これを盗みたい。
実行に移さない限り、思考は自由だ。
実際にやれば犯罪になるし、普通の人の思考では、理解出来ないから公的なブログに書けば愚考も甚だしい。
しかしながら、そういう犯罪行為も依存症と見做す風潮がある訳で、それには閉ざされた空間での分かり合える人達との会話が一番有効だと。

開かれた共同体の中では排除される行為も、閉ざされた「仲間」のいる空間では分かり合えて、傷も癒える。
しかし、いつまでも閉ざされた空間にはいられないから、また、開かれた共同体の中に出て行く。すると、8〜9割が再発するという。
難しいんですよね、依存症って。

さて、ある依存症専門の病院、5時から夜診が始まるのに、6時半になっても院長室は空きません。院長は一人の職員とずっと話しているのです。
その職員も一人の人間としていろいろ悩みがあるのでしょう。親身に診察時間を割いて一人の人間と向き合ってくれる院長は名医でしょうか?それとも、患者が数多く待ってるのだから、診察を優先して、職員との話はまたの機会にすべきだったでしょうか?公的な時間と私的な時間が交差するとき。
本当にあった話。ちょっと青梗菜さんの意見を。
  1. 2020/02/12(水) 20:09:21 |
  2. URL |
  3. oki #ibS8y52A
  4. [ 編集 ]

青梗菜さん、こんばんは!!^^

>その表現が、仮に、良いとしても、または、好いとしても、
>善いと判断されることはない。
良いと善いは違うものだとは思つたことがないかも。

>公開のブログには、公的な準位が求められる。
準位つて水準に近いですか?m(__;m
  1. 2020/02/13(木) 02:34:49 |
  2. URL |
  3. くわがたお #-
  4. [ 編集 ]

okiさん、こんにちは。

>頭の中で考える分には何考えてもいい。
>あの人を犯したい。大麻をやりたい。これを盗みたい。
>実行に移さない限り、思考は自由だ。
そう思ってるだけだもんね。
思考を処罰したら、睡眠中に迂闊な夢が見れなくなる♪
予備、未遂、既遂に分けたとき、
刑法では、予備についての規定は、殺人、強盗、放火くらい。

>それには閉ざされた空間での分かり合える人達との会話が一番有効だと。
>しかし、いつまでも閉ざされた空間にはいられないから、また、開かれた共同体の中に出て行く。すると、8〜9割が再発するという。
それって、同質な者たちだけでコミュニケーションを成立させようとする指向で、
閉鎖的な共同体への分断化だもん。
自分のような考え方で考えない人を排除して考える、ってのは、
自分が疎外されているのではなく、自分が疎外してるんだよなぁ。
異質な者たちが暮らしている開かれた共同体で、
コミュニケーションが成り立つわけがないよ。

>親身に診察時間を割いて一人の人間と向き合ってくれる院長は名医でしょうか?それとも、患者が数多く待ってるのだから、診察を優先して、職員との話はまたの機会にすべきだったでしょうか?
僕たちは、自分が共感できないときの、他人間の共感を同調と呼び、
自分が共感できるときは、他人間で同調していることも共感と呼ぶよ。
名医に共感する人には名医ぢゃね?
答が先で、問いが後のことは多いから。
  1. 2020/02/13(木) 12:03:17 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

がたおさん、こんにちは。

>良いと善いは違うものだとは思つたことがないかも。
字が違うもん。
字を使い分けている人には違うのかも。

>準位つて水準に近いですか?
はい、いっしょかも。
水準は高い低いだけど、準位は広い狭いがある気がします。
外側の軌道に移って、より広い空間を扱えるような感じ。
  1. 2020/02/13(木) 12:05:59 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/2080-805da76a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)