FC2ブログ

tetsugaku poet

qinggengcai

誰だって、自分が正しい 31/xx


>何かを書いてみる理由、なんてのは、
>赤ん坊の問いではない、幼児の問いでもない。
>すでに書いていて、書くことに慣れてきて、
>多少なりとも、論理的にも書けてきて、

        生きる理由や意味や価値、なんてのは、
        赤ん坊の問いではない、幼児の問いでもない。
        すでに生きていて、生きることに慣れてきて、
        多少なりとも、論理的にも生きてきて、



    200220a.jpg

>その後から生まれる問いである。
>問いは答に追いつけない、追い越せない。
>僕たちは、書く理由を感じ始めてから、
>つまり、答を得られ始めてから、

>書く理由、なんてことを問い始める。

        その後から生まれる問いである。
        問いは答に追いつけない、追い越せない。
        僕たちは、生きる意味を感じ始めてから、
        つまり、答を得られ始めてから、

        生きる意味、なんてことを問い始める。



    200220b.jpg

>答よりも、問いのほうが遅い。
>書く理由、なんて問いの前に立たされたときは、
>書くことによって、答は出される。
>僕が書くことは、すなわち、僕の書く理由、って問いに、

>僕が、正しく答えることである。

        答よりも、問いのほうが遅い。
        生きる価値、なんて問いの前に立たされたときは、
        生きることによって、答は出される。
        僕が生きることは、すなわち、僕の生きる価値、って問いに、

        僕が、正しく答えることである。



    200127d.jpg

    

    何故なら 価値は生命に
    従って付いている

    ―― ありあまる富/椎名林檎
    ―― 椎名林檎 作詞作曲、2009、EMIミュージック・ジャパン



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2020年03月01日 00:00 |
  2. 自分らしさ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

コメント

>問いは答に追いつけない、追い越せない。
これは「何のために生きる」の答えがないと
生きることはできない、ということを否定してるんだな、と
理解しています。

答がないうちは生きることができない、ということは
ない、ということなんだろうな、と。

まず生きろ、それから問え、ということかな、と。
  1. 2020/03/01(日) 23:44:40 |
  2. URL |
  3. ランタナ #bAcQnUEc
  4. [ 編集 ]

ランタナさん、こんにちは。

>これは「何のために生きる」の答えがないと
>生きることはできない、ということを否定してるんだな、と
>理解しています。
はい、その通りですっ!
中二なら微笑ましいけど、
いい年をした大人なら痛い。
他人に答を訊いてどうするの、って思う。
いつまで先生と答え合わせをするつもりだ?w

>まず生きろ、それから問え、ということかな、と。
生きなきゃ答が出せないもん。
誰の答で生きるつもりだ?w
  1. 2020/03/02(月) 00:16:25 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

> 生きなきゃ答が出せないもん。
>誰の答で生きるつもりだ?w

そうなんですよねー、ほんとにそう

間違いたくない気持ちが強かったので、
優等生であることで
色んな自分の外にある基準に囲まれて安心しておれましたが、

だんだん基準が頼りなくなってくるんですよ、
世の中が変化したと言うか、
子育てに正解はないからか

どこかに正解持ってる人がいるんじゃ、と
探し回って相談しまくって

でも答え持ってる人なんかいないんだと
思い知ってからは

相談する専門家も
情報を持ってるだけで
正解は持ってない、
選択肢を増やしてくれるようなヒントはあっても
どれを選ぶかは自分なんだから、

どうありたい、を決めて
自分の中に軸を作ることで対応していくしかない、と
腹を括ってからは試行錯誤や失敗もありましたけど、
概ね満足できるように
感謝できるようになりました

前は誰かに正解を求めてたんだね、

「先生」って職業の人の
個人的な無責任な言葉にまで傷ついてました

今は自分でこの先生の話は聞く、
この「先生」は適当に付き合うの
選別もできてるから、

自分の答えで生きてると
言う実感が育ってきてます
まず自分の仮の答えで生きてから、のちに問う感じ
  1. 2020/03/02(月) 00:38:24 |
  2. URL |
  3. ランタナ #bAcQnUEc
  4. [ 編集 ]

>間違いたくない気持ちが強かったので、
>優等生であることで
>色んな自分の外にある基準に囲まれて安心しておれましたが、
自分の外にある基準は、
役に立たない基準なんだよなぁw。
自分で自分のことを語るときに、
外にある言葉に頼ってしまう。
ってか、内側に自分の言葉を持ち合わせていないw。

>腹を括ってからは試行錯誤や失敗もありましたけど、
>概ね満足できるように
>感謝できるようになりました
失敗したときに、
誰かを悪者に仕立てたくなるときは、
自分に判断基準がなくて、
自分が空っぽだったりします。
当然、自分は悪くないよなぁw。
悪者にさえなれないんだから♪

やれやれ、今ごろ、やっと、
そんなことに気づきます。
  1. 2020/03/02(月) 01:18:09 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

>やれやれ、今ごろ、やっと、
>そんなことに気づきます。

以前、友人がコーチングのコーチになったので、
話を聞いてたら、「答えは自分が持っている」というのが
よく出てくるので、そんなはずは・・・?と
思ってましたが、だんだん納得できるようになりました。

まだ当時は正解を持っている人を探していました。
やっとこんなことが分かったところです。

人生100年♪取り返さなきゃ♪
  1. 2020/03/02(月) 12:35:48 |
  2. URL |
  3. ランタナ #bAcQnUEc
  4. [ 編集 ]

(補足)
でも、中2病の「自分が正しい」と
ぐるっと回って「自分が正しい」は
似て非なるものだと思いますw

フナ釣りに始まって、フナ釣りに戻る、みたいに
  1. 2020/03/02(月) 13:17:58 |
  2. URL |
  3. ランタナ #bAcQnUEc
  4. [ 編集 ]

自分に解答権がある問題なのに他人に答えさせる。
あるいは、自分に解答権がない問題なのに自分で答えようとする。
そんなことは多いな。

>でも、中2病の「自分が正しい」と
>ぐるっと回って「自分が正しい」は
>似て非なるものだと思いますw
否定したいものごとに関わらずに否定するのと、
関わってから否定するのは違うもんな。

何かを否定するには、まず、
否定したいものごとに関わって、
一度は、壊したいのごとを作り上げなきゃならない。
フナ釣りに戻るためには、まず、
フナ釣りを始めてなきゃならない。
中二は、まず、始めてくれ。
正しさは、後からでもいいでしょ。

正しさは、後から、先に、
そして、同時にできるんだわ。
壊れた文章ですが、そうとしか書けないw。
  1. 2020/03/02(月) 17:36:17 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/2071-907d17f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)