FC2ブログ

tetsugaku poet

qinggengcai

整備手帳 ―― 形而上の、メタフィジカルな 11/11


コンパウンドで磨いても、
色も艶も揃わないから、
        左フェンダーの塗料は、
        すべて溶剤で拭き取った。

クリアも、塗料も、サフも、
パテも溶け落ちて、つまりは、
        すべて元通りに戻った。
        やってみなきゃ分からないけれど、

振り出しに戻って、
何もなかったことにして終わる、
        僕なら、そんな選択肢を捨てて、
        クルマに塗料を吹きつけたりはしない。

        やってみなきゃ分からないのなら。



    200111.jpg
    @水木しげるロード/境港市大正町



歴史は、主観的なもので、
そこに客観性を求めるのは誤謬だ。
        過去の歴史を評価するときに、
        それ以後の価値観を括弧に入れても、

現在の価値観を捨て去っても、
そこに客観性を見出すのは傲慢だ。
        過去は、過去ゆえに不確かで、
        これから起こる未来の出来事や、

今、起こっている現在の出来事のほうが、
まだ、僕には確かめようがある。
        記録が残されていても、
        証言があっても同じこと。

        おおよそ、過去は記憶にしか残らない。



    

    かわるがわるのぞいた穴から
    何を見てたかなぁ?

    ―― 楓/Yo1ko2、Uru
    ―― 草野正宗 作詞作曲、1998、Polydor



客観性、つまり、他人にも、
欺瞞だらけの僕にでも、
        共に理解が可能になるような、
        平板な物語に書き換えられて、

僕は、過去を過去にするのなら、
僕の過去が過去になるのなら、
        おおよそ、客観性の実質は、
        すなわち、思い上がった僕による、

        僕の過去の創造である。



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2020年01月14日 00:08 |
  2. ラパン/ミニ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

青梗菜さん、こんばんはまたはおはやうございます!!^^

>振り出しに戻って、
>何もなかったことにして終わる、
>        僕なら、そんな選択肢を捨てて、
>        クルマに塗料を吹きつけたりはしない。

>        やってみなきゃ分からないのなら。
つまり、、捨てないといふことですね。やってみなきやわからないこととさうでないことがあるといふことでせうか、それともすべてはやってみなきやわからなひといふことでせうか、それとも、これら以外でせうか?

>        おおよそ、過去は記憶にしか残らない。
なぜか(?)御意でございますっ(電ボ三十郎風に)!!震災の歴史ですか?(何が?)m(__;m
  1. 2020/01/14(火) 03:13:02 |
  2. URL |
  3. くわがたお #-
  4. [ 編集 ]

がたおさん、こんにちは。

>つまり、、捨てないといふことですね。やってみなきやわからないこととさうでないことがあるといふことでせうか、それともすべてはやってみなきやわからなひといふことでせうか、それとも、これら以外でせうか?
何もなかったことにして終われるか、
それさえも、やってみなきゃ分からないこと。
井上陽水の「結詞」なんかが頭の中で再生されますわ♪
今日をかけめぐるも 立ち止まるも
青き 青き空の下の出来事

>なぜか(?)御意でございますっ(電ボ三十郎風に)!!震災の歴史ですか?(何が?)
自分の過去のあり方と、歴史なんてのを、
別のものごとのように扱わないとしたなら、
歴史ってのは、こんな気分です。

哲学ってのも、こんな気分です。
  1. 2020/01/14(火) 11:07:01 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/2053-df975023
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)