FC2ブログ

tetsugaku poet

qinggengcai

整備手帳 ―― 手紙は必ず届く


「手紙は必ず届く」って、
ラカンのテーゼがある。
        どんな意味なのかは知らないけれど、
        こんな意味なら、僕にでも分かる。

差出人は、メッセージを発信したことに、
気づいていないままに差し出していて、
        受取人の側から、差出人が、
        メッセージを出していたことを教えてもらうとき。

つまり、受取人が、受け取ることによって、
差出人のメッセージが成立するとき。
        それとは知らずに発信していたメッセージを、
        受取人から、思いがけず聞かされるとき。

ひいては、今まで自分がしてきたことを、
認めてくれる誰かと出会ったとき。
        自分がずっとしてきた行為を、
        メッセージに変換してくれる人が現れたとき。

受取人は、特別の人になり、同時に、
手紙は、特別な人に宛てられる。
        一度でも経験したことがある人なら、
        こんなのは、少しも、きれいごとではなくて、

        届いた先を宛先として、手紙は必ず届くんだ。



    

    眩しい笑顔の奥に 悲しい音がする
    寄りそって 今があって こんなにも愛おしい

    ―― にじいろ/Goose house
    ―― 絢香 作詞作曲、2014、A stAtion



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2019年10月17日 00:01 |
  2. ラパン/ミニ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

コメント

青梗菜さん、こんばんは!!^^

>    ―― にじいろ/Goose house
>    ―― 絢香 作詞作曲、2014、A stAtion
さういふことぢやない(?)と思うのですがだうしてもおつぱいに目が行つてしまう今なのでございます、別にいいけど。

>差出人は、メッセージを発信したことに、
>気づいていないままに差し出していて、
>        受取人の側から、差出人が、
>        メッセージを出していたことを教えてもらうとき。
文なり箇条書きなりを読める字で書けばさういうこともありさうと思いました。パソコンやなんかで書けば間違いなく読みやすいことは分かるのですが私は時間がかかります。(ちがうか)m(__;m
  1. 2019/10/17(木) 00:23:14 |
  2. URL |
  3. くわがたお #-
  4. [ 編集 ]

深いですね

私も送ったつもりのなかった善意を時間かけて
ちゃんと受け取ってましたよ、と返信が来て、
そんなことを自分が送ってたんだと言うことがあります

あと、今朝見つけた記事のおすそ分け
「不幸な人」の声を30年聞き続けた精神科医が学んだ「人を幸福から遠ざけること」 - GIGAZINE
https://gigazine.net/news/20191013-lessons-from-psychiatrist

刑務所、って言うことばの使い方がなるほどと思いました
その檻の鍵は開いてるのにわざわざでない人もいるのは
そういうことなのかも
  1. 2019/10/17(木) 07:40:58 |
  2. URL |
  3. ランタナ #bAcQnUEc
  4. [ 編集 ]

がたおさん、こんにちは。

>さういふことぢやない(?)と思うのですがだうしてもおつぱいに目が行つてしまう今なのでございます、別にいいけど。
はい、秋が深まるごとに、空は高く、
お.っぱいへの関心も高まって行きますね。

>文なり箇条書きなりを読める字で書けばさういうこともありさうと思いました。
はい、箇条書きにすれば、①アンジェラ・アキ、②ほしのあき、③和田アキ子のみなさんは、
どんな秋をお過ごしでしょうか。

>パソコンやなんかで書けば間違いなく読みやすいことは分かるのですが私は時間がかかります。(ちがうか)
はい、④マライア・キャリーなどは、秋が隠されておりますゆえ、
パソコンやなんかで書けば、秋を読み取ることができましょう。
  1. 2019/10/17(木) 12:52:37 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

ランタナさん、こんにちは。

>深いですね
はい、日増しに秋も深まるようでございます。
⑤アキラ100%には、寒ささえ感じる候となりましょう。

>私も送ったつもりのなかった善意を時間かけて
>ちゃんと受け取ってましたよ、と返信が来て、
>そんなことを自分が送ってたんだと言うことがあります
はい、逆に、自分から善意をアピって押しつけるのは、
往々にして、おためごかしになるようでございます。

>その檻の鍵は開いてるのにわざわざでない人もいるのは
>そういうことなのかも
はい、誰かに閉じ込められたことにしないと、
被害者になれないからでございます。
  1. 2019/10/17(木) 12:53:04 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

その、ラカンの手紙モデルを使ったのが、石原千秋「なぜ「三四郎」は悲恋に終わるのか〜誤配で読み解く近代文学」
手紙は配達されるけど、配達先を間違える事があると。
手紙の配達先を間違えることで結果として生まれた数々の近代文学!
読みましたけど、面白い分析でしたねー。
ところで、なぜ中期ラカンは手紙モデルを使った?
  1. 2019/10/17(木) 21:44:55 |
  2. URL |
  3. oki #ibS8y52A
  4. [ 編集 ]

okiさん、こんにちは。

>その、ラカンの手紙モデルを使ったのが、石原千秋「なぜ「三四郎」は悲恋に終わるのか〜誤配で読み解く近代文学」
お〜、それ、知ってるかも!

>読みましたけど、面白い分析でしたねー。
あ、そう〜。
読んでみたい! ありがとっ!

>ところで、なぜ中期ラカンは手紙モデルを使った?
理由は、かっこいいからw。
流行りでしたよね、郵便。
デリダとかも、郵便は大好きw。

お礼に、
https://takeo-bizarre.blogspot.com/
人は必ず変われる。
しかし、人は少しも変われない。
  1. 2019/10/17(木) 22:56:06 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

青梗菜さん、良く調べるなあ。
こっちは調べないで書くから間違えた。
ラカンとデリダの手紙についての論争があって、石原さんはデリダに依拠して論じていたのでした。
  1. 2019/10/19(土) 00:11:24 |
  2. URL |
  3. oki #-
  4. [ 編集 ]

okiさん、こんにちは。

ラカンの手紙は、必ず届く、
デリダの手紙は、必ず届くとは限らない、だったっけ。
ラカンのいう、必ず、は、
ボトルに入れて海に流しても届く、ってくらいの必ずだったかな。
もう憶えてないなw。

okiさんが、書き込んでくれるコメントは、
僕や、いつもコメントをつけてくれる人たちに宛てられているけれど、
例えば、嫌いなのに、わざわざ見に行っては文句を並べる人たちや、
ラカンとかデリダとか、かっこつけてんぢゃねえぞ、って思っている人たちにも届く。
いつも誤配されていて、
むしろ、届いてほしくない人たちに確実に届けられる!w
  1. 2019/10/19(土) 10:16:15 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/1997-1d2e9536
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)