FC2ブログ

tetsugaku poet

qinggengcai

恋愛論的クルマ考 12/15


>こんなクルマに乗っている人たち、
>つまり、ヤンキー的価値観の人たち、
>つまり、下品な美意識の人たち、

>それらを等号で結ぶことで、
>僕が嫌っている人たちを同じ枠にはめ込んで、
>まとめて否定できるのは好都合だけれど、

>その判断基準の不合理性とともに、
>その当否を確かめられないことにさえ無自覚で、
>そんなのは、差別を支える意識と等質である。

でも、こんなのは、嫌っているものごとに限らない。
僕たちは、同じ枠にはめ込んで、まとめて肯定もしてしまう。
例えば、枕草子、151段、うつくしきもの。

以下22行は、読み飛ばせ。

    瓜(うり)にかきたるちごの顏。
    雀の子の、ねず鳴きするにをどり來る。
    二つ三つばかりなるちごの、
    いそぎてはひ來る道に、
    いとちひさき塵のありけるを目ざとに見つけて、
    いとをかしげなるおよびにとらへて、
    大人などに見せたる、いとうつくし。
    頭(かしら)はあまそぎなるちごの、
    目に髪のおほへるをかきはやらで、
    うちかたぶきて物など見たるも、うつくし。
    おほきにはあらぬ殿上童(てんじやうわらは)の、
    さうぞきたてられてありくもうつくし。
    をかしげなるちごの、
    あからさまにいだきて遊ばしうつくしむほどに、
    かいつきて寢たる、いとらうたし。
    雛(ひひな)の調度。
    蓮(はちす)の浮葉のいとちひさきを、
    池より取りあげたる。
    葵(あふひ)のいとちひさき。
    なにもなにも、ちひさきものはみなうつくし。

    ―― 枕草子/清少納言 著
    ―― 池田亀鑑 校訂、1962、岩波文庫



清少納言が、うつくしきもの、として挙げたのは、
瓜に描かれた幼い子どもの顔。
雀の仔に、ちゅうちゅうって呼べば跳ねてくる。

2、3歳の子どもが、急いで這ってくる途中で、
見つけたゴミを、指でつまんで見せにくる。
前髪が目に入るから、首を傾げている子ども。

大きくはない公卿の子が、美しく着飾らせられて歩く。
子どもが、ほんの少し抱いている間に、
しがみついたまま寝てしまう。

人形遊びの道具。
蓮の浮き葉で、とても小さいのを池から取り上げる。
葵のとても小さいもの。

うつくしきもの、にしては偏っているが、
平安時代の初めは、小さいものや幼いものに対する、
かわいい、って感情が、うつくし、だった。

だから、なにもなにも、ちひさきものはみなうつくし、
ってのは、ほとんど同語反復である。
小さいものは美しく、美しいものは小さい。



    

    「綺麗になりたいと思うこと これからも忘れずにいるから
    格好いいおじさんになるよう頑張ってよ」 鼻先に指が触れる

    ―― うん/槇原敬之
    ―― 槇原敬之 作詞作曲、1996、Warner Music Japan



平安の前では、うつくし、の意味は、
親子や夫婦が、互いを愛おしく思う気持ちだった。
仲よき事は美しき哉、ってやつだ。

平安の終わりになって、うつくし、ってのは、
きれい、を意味するようになってきた。
それは、まだ僕たちが言う、美しい、とは違うけれど、

人生を共にする者が、互いに向ける気持ちも、
小さいものや、幼いものに対する感情も、
僕たちは、確かに、美しい、で括ることができる。

有史以来、折り重なった日本語のテクストの層が、
美しい、で括ってくれている。
美しい、ってのは、言葉のぶ厚い層の中にある。

僕は、美しい人たちと、美しく生きたいと願うけれど、
美しい、を無理に解ろうとすれば間違える。
美しいとか、醜いとかは、人の気持ちに比べたら、

まったく意味が足りていないもの。



    

    パプリカ 花が咲いたら 晴れた空に種を蒔こう
    ハレルヤ 夢を描いたなら 心遊ばせ あなたにとどけ

    ―― パプリカ/米津玄師
    ―― 米津玄師 作詞作曲、2019、SME Records



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2019年09月25日 00:02 |
  2. ラパン/ミニ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

コメント

好き・嫌い
善・悪
益・無益
正義・不正
美・醜
対立する2つのことを

あたかも同じ線上に並行して存在しているような、
二次元でしかもの考えられない人いますよね。
二次元どころか、白か黒、の二極でしか考えない人も多いかも。

そしたら好きの反対が不正、というように
違う者同士が混ざっちゃう気がするんですよね。違うのに。

それぞれ原点を交点にして全方位に
球のような形をしているものじゃないかと思うし、
なんとなく、若いうちは未分化でだんだん別れて
広がって展開してその人の中で球になるようなものじゃないのかなぁ・・・、と思うんです。

同時に、ベスト1とオンリー1が混ざっちゃう人も面倒くさい。
(これは反意語じゃないけど)

全体の中でメジャーになりたい、って言うのと、
ある人にとって特別になりたい、っていうのは違う。

たくさんの中からこれが一番好き、って言うのと、
他と比べられないかけがえのないもの、って言うのはまた違う。

恋愛では混同しやすいような気はします。

と考えてたら、また頭から煙がでてきました

m(_ _)m
  1. 2019/09/26(木) 18:53:14 |
  2. URL |
  3. ランタナ #bAcQnUEc
  4. [ 編集 ]

ランタナさん、こんにちは。

>そしたら好きの反対が不正、というように
>違う者同士が混ざっちゃう気がするんですよね。違うのに。
坊主憎けりゃ袈裟まで憎いよなw。

例えば、ある家族が、僕が嫌いなアルファードに乗り込んで、
奈良の山奥で川遊びとかバーベキューとかしても、
それは悪でも無益でも不正でも醜くもないw。
仲よき事は美しき哉、うらやましい♪

>全体の中でメジャーになりたい、って言うのと、
モテる男/女になりたい、
ってのはメジャー志向だと思う。
恋人はの代わりはいる。
つき合っている彼/彼女と別れて、
別の彼/彼女とつき合うことはよくある。
そもそも、恋人、って概念は、
もとより、交換可能性を含んでいる。

>ある人にとって特別になりたい、っていうのは違う。
恋人の代わりはいるけれど、
その人の代わりはいない。
もとより、交換不可能性を含んでいる。

>恋愛では混同しやすいような気はします。
御意っ。
  1. 2019/09/26(木) 20:59:21 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

>瓜(うり)にかきたるちごの顏。

イラつくわ〜
  1. 2019/09/26(木) 22:39:58 |
  2. URL |
  3. プラトニックまいまい #-
  4. [ 編集 ]

まいまいさん、こんにちは。

上の子が帰ってきたよ。
アメリカを横断して、ニューヨークでふらふらして、
イタリアに飛んで、バイクを借りて、
スイスまで走って、アルプスをぐるぐるしてたらしいw。

>瓜(うり)にかきたるちごの顏。
なんてちっぽけな話だ♪w
  1. 2019/09/26(木) 23:27:47 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

よいこは真似しちゃダメだよ、と前に書いておられてたのはこういう意味だったんですね^_^
すごい行動力
お嬢さん、お帰りなさい
  1. 2019/09/27(金) 08:18:11 |
  2. URL |
  3. ランタナ #bAcQnUEc
  4. [ 編集 ]

>すごい行動力
18歳女子は、平気な顔をして、破壊力抜群w。
偉そうな理屈をこねている大人を黙らせるには十分だわ♪
  1. 2019/09/27(金) 13:48:44 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/1985-c26ac33d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)