FC2ブログ

tetsugaku poet

qinggengcai

恋愛論的クルマ考 8/x


デザインが、時代的な美意識を、
可視化するものだとすれば、
今は、上辺を取り繕う時代なのか。

ゴテゴテと複雑に盛りつけられた、
上辺の加飾を取り去ったときに、
デザインは耐えられるのか。

耐えられるのなら飾ってもいいけれど。



    190907e.jpg

優れたデザインなら空白を恐れない。
黙ったままでも語りかける。
だめなデザインほど沈黙を嫌う。

多くの装飾を加えて余白を埋めないと、
だめなデザインがばれてしまう。
あるいは、わざと小さく破綻させないと、

大きな綻びから目を逸らせない。



    

    I don't want clever conversation, I never want to work that hard
    I just want someone that I can talk to, I want you Just the way you are

    ―― Just the Way You Are/Billy Joel
    ―― Billy Joel 作詞作曲、1977、Columbia Records



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2019年09月21日 00:04 |
  2. ラパン/ミニ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

うなづいたりニヤニヤしたり
たとえば車じゃなくて、ケーキとかもそうかも
◯◯スタ映えのために飾って美味しくなくなってるのとか

置き換え可能かも
  1. 2019/09/21(土) 10:26:43 |
  2. URL |
  3. ランタナ #bAcQnUEc
  4. [ 編集 ]

ランタナさん、こんにちは。

デザインは、デザインを通した、デザイナーの意図だと考えれば、
デザイナーは言葉にならない感情をデザインという形に封じ込める。
使う者が展開させて、デザイナーの感情に気づけば、
デザインは、分かり合えたことになる。
その意図に同意できれば、それはいいデザインだ。

でも、その意図がばればれだと、乗っかりたくないよ♪
消費者を馬鹿にするな、って思う。
インスタ映え、ってのは意図が、ばればれ、の被写体ってことかな。
そんな分かりやすいことを分かり合えたとしても、
それは分かり合えたとは言わないだろう、ってくらいの。

僕は、インスタ映えは、嫌いではなくて、
すっかり評価が定まっている古くさいものを扱うよりは好き。
現実は、傷と痛みを伴うんだわ。

    名前にもたれ
    完結した 人の威をもって
    自分を誇り 固めることの習性は
    日本各地で
    傷と痛みのない美学をうんでいる
    詩人とは
    現実であり美学ではない
    ―― 荒川洋治
  1. 2019/09/21(土) 11:43:15 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/1979-624d807c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)